レンタルふとんについて

末次ふとん店では、2022年4月現在のところ
ふとんのレンタルは行っておりません。

年末年始や連休、休日前になると
「ふとんのレンタルをしていますか?」
という問い合わせをいただきます。

テレビなどで、ふとん屋さんがレンタルを
行っているところがよく紹介されたりします。
そのため当店に問い合わせをされるのでしょう。

当店では、ふとんのレンタルは行っておりません。


クリーニング店などでレンタルをされているお店もあります。
また、クリーニング店ではありませんが
下関のレンタル会社「レンタル山崎」さんが
ふとんのレンタルを行っております。
もし、レンタルをお考えでしたら
「レンタル山崎」さん等にお問い合わせされてみてはいかがでしょうか。

「レンタル山崎」ホームページはこちらからどうぞ。

なお、連休などは利用される方が多いと予想されます。
レンタルしているところでも、予約でいっぱいになることも多いため
ご利用になる際には、なるべく早く予約されると安心ですよ。

圧縮袋にはデメリットもあります

前回の続きとも言える内容になりますが
ふとんの収納についてのお知らせ。

そろそろ、夏物を収納する時季です。
冬物はカサが出るため収納場所に困ることがあります。
そこで多くの方が利用すると思われる圧縮袋。

圧縮袋に入れて、空気を抜くとぺちゃんこになるため
収納スペースの確保につながり、非常に便利。
ですが、使い方を間違えるとふとんを傷めることにつながります。

まず圧縮袋に入れるものとして
綿のふとんや羽毛ふとんは適していません。
綿わたのふとんは圧縮した場合、再度使う場合に
元通りのふっくら感がなくなっていることが多く見られます。
羽毛ふとんの場合は、中身の羽毛のフェザー部分の芯が
ぺちゃんこになった際に側生地を突き破るおそれがあります。
という点から、綿ふとんと羽毛ふとんについてはおすすめしません。

そんなことを言われても、圧縮袋を使わないとどうしようもない。
という方もいらっしゃることでしょう。
どうしても圧縮袋を使わざるを得ない場合には
まずふとんをしっかりと乾燥させておくこと。
そして圧縮の度合いを緩くしておくことです。

カッチカチまで空気を抜きたくなる気持ちは分かりますが
そこまで圧縮せずに、少し空気を残した状態でやめておきましょう。
その方が、再度使う際のふっくら感が良くなります。

そして圧縮袋の中に、専用の防虫剤や防ダニ剤、脱酸素剤のようなものを
入れておくと良いでしょう。

春に圧縮して冬までそのまま・・・ではなく
途中に袋から出して乾燥させるなどのお手入れをする方が良いですよ。

圧縮袋から出してみたら、汚れが大きくなっていた
なんてこともあるようです。
清潔な状態で袋に入れましょう。

といろいろと書きましたが、
圧縮袋を使わずにすむ場合には使わないで収納しましょう。

3月18日は「春の睡眠の日」

3月18日は「春の睡眠の日」です。
前後1週間、11~25日は「春の睡眠健康週間」です。

睡眠についての正しい知識の普及と国民の健康増進への寄与を目的に
睡眠健康推進機構が日本睡眠学会との協力によって制定したものです。

なお、3月18日は、世界睡眠医療学会が
「世界睡眠の日(ワールド・スリープ・デイ)」と定めている日。
欧米でも知られている睡眠の日のようです。

この機会に日頃の睡眠について考えてみませんか。
朝起きた時に、気持ち良く起きられていますか。

一般的に、寝る時に気持ちの良い寝具がもてはやされがちですが
起きる時の気持ち良さを重視した方が良いでしょう。

例えば敷布団によって生じやすい、朝起きる時に
「あいたたた・・・」となるようでは
快適な睡眠とは言えません。
寝返りが十分にうてていないのかもしれません。

CMや広告でよく目にする「低反発素材」は
体が沈み込みすぎて、寝返りしにくい素材です。
また夏は体に密着しすぎて、暑く寝苦しくなることもあります。

というようなことは、CMや広告には書いておらず
体圧が分散される、など良いと思われるところを
ピックアップして紹介しています。

当店では、手作りの綿わた敷布団を基本としつつ
あなたに適した素材のものがおすすめできるように
素材もいろいろ品揃えしています。
あ、低反発素材の敷布団は店頭で品揃えしていません。


ちなみに「睡眠の日」は春と秋の2回定められ
秋は9月3日(「ぐっすり」の語呂合わせから)です。
そのため「秋の睡眠の日」は日本独自のものです。

寝具、睡眠のことでお悩みでしたら
下関市彦島の末次ふとん店にお気軽にご相談ください。
あなたに眠りがきっと変わります。

最高のパフォーマンスは睡眠から

公立高校の入学試験が明日に控えます。

前回お知らせしたパシーマですが
まれに「あまり気持ち良くない」「暖かくない」
などという不満を感じる方がいらっしゃるようですが
それはもしかしたら洗濯不足かもしれません。
パシーマは洗えば洗うほど良いとも言われています。
洗うと、よりしなやかに気持ち良く変化していきますので
週に1回というペースを念頭にしておくと良いですよ。


前日、緊張などからなかなか寝付けないこともあるかもしれません。
ふとんに入っても、何か寝られないなぁと
ごそごそスマホをいじる、本を読む・・・
ということはやめましょう。

ベッド、ふとんは「寝る所」という意識付けは重要です。

目をつむり、静かな気持ちで横になっているだけでも
休息につながります。
どうしても寝られない場合には思い切って起きて
別の場所で本を読むなどすると良いでしょう。
その際も電気を明々と照らさないようにして
眠たくなったら、ふとんに入るようにしましょう。

何にせよ、最高のパフォーマンスを発揮するには
睡眠不足になることは避けたいところです。
ふとんに入ると、気持ち良くてすぐ寝てしまう環境づくり。
お子さんのために、しっかりとした寝具を選びましょう。
そこは末次ふとん店におまかせください。

9月3日は「秋の睡眠の日」

元気にやまぐち券は、やはり再開後2時間程度で
募集終了となりました。
当店にもご支援(応援)していただける方がいらっしゃいました。
ありがとうございました。


今日9月3日は「秋の睡眠の日」です。
そして「睡眠の日」を中心とした前後1週間は「睡眠健康週間」です。


9月3日が睡眠に日に選ばれた理由が分かりますか?
答えは・・・引っ張るほどのことでもありませんが
今回の一番最後に書きますね。


さて睡眠の日ですが、眠りと切り離すことができない
おふとんのことも考えてみませんか?

例えば今の時季なら、これから迎える冬を前にふとんのお手入れのこと。
古いおふとんも仕立て直すと、ふっくらふんわりおふとんに生まれ変わります!
わたふとんも羽毛ふとんも当店では自店工場(工房)にて
1枚1枚手作りにて仕立てています。

多くのお店のように他の工場などに丸投げしているわけではなく
自店で仕立てているから、安心・高品質なものが
よりお求めやすいお値段にて提供することができます。
どうぞ、お気軽にご相談ください。

仕立て直しだけではなく、新しいふとんもおまかせください。
昔ながらのわたふとんだけではなく
高機能の敷ふとん(マットレス)なども扱っており
店内では実際に横になって試し寝することもできます。

羽毛ふとんも側生地が綿100%のもので
中身の羽毛がたっぷり入っている
それはそれは暖かい当店手作りの羽毛ふとんがあります。

またふとんだけではなく、ベッドも組子ベッドという
ふとんのことを考えたベッドの取扱いもしております。
店内に展示していますのでお気軽にご来店ください。


では、なぜ睡眠の日が9月3日なのか?
という答えを。

「グッ(9)スリ(3)」の語呂合わせから、この日が選ばれました。
睡眠健康推進機構が睡眠学会と協力して制定した日本独自のものです。
こういう記念日はだいたい語呂合わせのものが多いですよね。

「秋の睡眠の日」ということは「春の睡眠の日」もあります。
ちなみに「春の睡眠の日」は3月18日です。