ふとん屋の奮闘~下関市彦島から寝顔を笑顔に

購入前にはしっかり確認!シングルサイズの羽毛ふとん、側生地は綿100%。羽毛の量は1.3kg以上のものを!

下関でも優勝セールが始まります。ファンの方も、そうでない方も、優勝セールを楽しみにされていることでしょう。毛布、敷布団、掛布団など寝具も対象になるでしょう。そしてセールだからと、羽毛ふとんを購入するきっかけになるかもしれませんね。

ただし、セールだからとお値段だけで選んでしまうと、あたたかさや快適さが物足りないことがあります。ここ最近は羽毛ふとんを購入するにあたって、気をつけなければいけないことがいくつかありますが、お値段の前にそこに目をつむってしまうんです・・・。羽毛ふとんは良いものを選べば、長く快適に使うことができます。あ、良いものというのは必ずしもお値段が高いものということには当てはまりません。もちろんよいお値段のものは良いものが多いです。

ポイントは側生地と充填量(羽毛の量)です。特に側生地は記載がない場合がほとんどです。側生地は綿100%のものを選ぶようにしましょう。最近は、ポリエステル混のものが多く見られます。多くというより、ほぼ全てと言っても過言ではありません。みなさんがご存知の超有名寝具メーカーの商品であってもポリエステルなどを使い、綿100%のものではなくなっています。残念です・・・。

そして充填量(内容量・中身の羽毛の量)は1.3kg~1.4kg入りのものを選ばないと、暖かくない可能性が高いです。最近は1.1kg程度のものが多く見られます。

当店で購入される場合はしっかり説明いたしますが、商品を自分で選んでそのままレジに行く量販店などではご注意ください。

さて、上記のようなセールに気をつけましょう。という内容を今年またあと2回?紹介できることになるでしょうか。
セールではなくても、羽毛ふとんの選び方などの注意点は何度もお知らせします。

ごろ寝敷布団で寒さ対策

寒いなぁと感じることもある季節の変わり目の時季、ちょっとうたた寝しようかなと思うならまだ良いのですが、寝るつもりがなかったのに寝てしまった時は要注意です。

この時季は意外に寒くて、うたた寝していたら寒さを感じて起きた。また、うたた寝によって体調を崩してしまった。なんてことも起こりえます。夏の暑い時季だったら、どこでもゴロンと転がっても大丈夫だったのに・・・逆に暑くて起きることもあったかもしれませんね。

ごろ寝敷布団

そこで、当店手作りの「ごろ寝敷布団」があれば、冷えなんて心配ないどころか、気持ちよくお休みいただけます。フローリング床でも心配ありません。通常サイズの敷布団よりも一回り小さく、扱いやすいサイズです。なお当店手作りですので、両面で色や柄を変えるなどオーダーサイズ対応も可能です。
ごろ寝敷布団が気持ち良かったからと、普段の敷布団をわたふとんにされた方もいらっしゃいます。わたふとんの入門的な役割という意外な一面も見せてくれました。

名前は「ごろ寝敷布団」ですが、長座布団としても使えますよ。そして、こたつふとんのお供にもおすすめです。

雨の日はふとんの配達が要注意です。

昨日の下関は久しぶりに雨の一日。パラパラっと降る日はありましたが、一日中目立ったのはいつ以来なんでしょう。9月24日が雨だったようですが、それでも1ヶ月近くなかったとは・・・。昨今は降る時には豪雨になったりと、加減知らずなことが多いような気もしますが、適度な雨は必要ですね。

適度な雨は必要と言いながら、雨はふとんの配達の天敵なんです。ふとんを濡らすことは避けなければいけません。だいたい世の中の商品は傘など雨具以外は雨に濡らしたくないものばかりですが・・・。

雨が上がっても、雨上がりすぐは要注意です。配達先で車から玄関までの間には植木などがある家も多く、雨は降っていないのに、葉っぱには雨の時のしずくが残っていて一層の注意が必要なんです。予想外の所で濡れてしまう恐れがあります。

中には来客や仕事などスケジュールの都合で日にちを変えられず、雨でも配達してと言われる方もいらっしゃいますが、そんな時はもちろん濡れないようにビニール袋に入れて、十二分に気をつけて配達しますよ。ふとんを入れる大きなビニール袋を用意しています。レジ袋など、梱包袋が有料化していますが、雨の日のビニール袋は無料です。なお、ビニール袋が濡れてしまっている場合などは、玄関の中に入ってから袋から取り出してお渡しすることもあります。

これもすべて気持ち良くお休みいただくため、みなさんの寝顔を笑顔にするために。末次ふとん店手作りの暖かいふとんで快適にお休みください。

そして雨の日は運転にも注意しなければいけません。みなさまも雨の日は特に安全運転を心がけましょう。

羽毛ふとんをチェックしておきましょう。

日中はまだ暖かい日もありますが、朝晩は冷えを感じるようになりましたね。日中と同じ感覚で眠ってしまうと、体調を崩しかねません。暖かくして寝るようにしましょう。

本格的な寒さを迎える前に、昨シーズン使っていた羽毛ふとんを確認しておきましょう。使い続けていた昨シーズンには気づかなかった不具合、不満が出てくるかもしれません。例えば、えり元の汚れやふんわりしていないなど。首回りが当たる辺りの長年の染み込んだ汚れはクリーニング(丸洗い)では落ちないことも考えられます。そして長年使い続けた中身の羽毛の皮脂汚れなどは、ふとん丸洗いでは十分に落としきれずに、ふっくら戻らないかもしれません。

当店では、羽毛ふとんは側生地を交換することができますので、どんなにえり元が汚れていても新しい側生地に替えてしまえば問題ありません。
そして中身の羽毛に関しては、丸洗いでは落とすことができない汚れであってもプレミアムダウンウォッシュという洗浄方法により、中身の羽毛を取り出して、専用洗浄機で取り出した羽毛だけを洗うので、中身の羽毛が新品同様に生まれ変わります。

ふとん丸洗い後に羽毛を取り出す簡易洗浄による仕立て直しも承っていますが、でき上がり後、長い間使う羽毛ふとんですので、プレミアムダウンウォッシュによって今までの汚れをしっかり洗われることをおすすめします。
ただし、現在日数が20日程度かかりますのでご注意ください。

羽毛ふとんは羽毛工房などと呼ばれる、自店で羽毛ふとんを仕上げるお店での購入、リフォームをおすすめします。機械任せではなく、そのお店で1枚1枚仕上げますので、より暖かな羽毛ふとんでお休みいただけます。
下関市近郊では、末次ふとん店・末次羽毛工房におまかせください。

吸湿性を考えた寝具選び

昨日の日曜日は「孫の日(10月第3日曜日)」でした。日本百貨店協会が消費喚起を図ろうと、1999(平成11)年に制定されたようです。あまり普及していないように思いますが、いかがでしょう。

小さい子どもや赤ちゃんは代謝が良く、寝ている間には大人よりも多くの汗をかきます。眠りは成長に欠かすことのできない大切なことですので、ぐっすり眠れる環境を作ってあげることが大切です。もちろん親、大人世代も眠りを大切にしなければいけません。翌日以降の生活に影響が出ること大です。

吸湿性などに優れる綿のふとんが良いのですが、巷にあふれるのはポリエステルのふとんです。羽毛ふとんに関しても、側生地がポリエステル混のものばかり。量販店などに関しては、ポリエステル混のものだけ、と言えます。羽毛ふとんの側生地は綿100%のものを選ぶようにしましょう。

パシーマ

吸湿性が劣っていると、寝ている間にふとんを蹴ってしまってふとんをはいでしまうことも。そしてふとんを掛けていなくて、寒さを感じて寝られないなんてことにもつながります。吸湿性に劣るポリエステルのふとんの欠点を補うには、パシーマなど吸湿性に優れた副寝具で改善してあげましょう。