季節変わりに悩む寝具選び

朝晩、かなり冷え込む日もあり
日中の最高気温は、汗をかくほどまだまだ高く
寒暖差が激しくなってきました。
体調管理には気をつけましょう。

季節変わりには、寝具選びに悩んでしまいます。
まだひんやり敷パッドを使っている方もいらっしゃるかもしれません。
(私としては真夏であっても、ひんやり敷パッドはあまりおすすめはしませんが・・・。)
ひんやり敷パッドから、いきなりあったか敷パッドに替える?
ということもあるかもしれませんね。

特に気をつけたいのが、冷え込むことを予想して厚いふとんに替えた場合。
寝る時には、厚いふとんをしっかりかけて寝ても
寝ている無意識の間に暑く感じてしまい
ふとんを蹴って、体の上からふとんがなくなってしまっているかもしれません。

そうすると、寒さを感じてしまい夜中に起きる。
そしてふとんをかけて寝る。
朝起きて、昨夜は寒かったから、もう少しあったかくしないと・・・。
こうなってくると悪循環です。
本当はまだそんなに厚いふとんでなくても大丈夫なのに
暑さを感じてしまって、ふとんをかけず、逆に寒さを感じることになってしまうんです。

夏ふとんと冬ふとんを用意している方は多いでしょう。
しかし今の季節は春秋用のふとんがあると非常に便利です。
合掛ふとんと呼ばれるようなふとんです。
羽毛ふとんで言えば、中身が0.7kg~0.8kg程度入ったものです。

またオールシーズン使えるようなものも便利です。
パシーマはオールシーズン使える万能寝具です。
ただ全国的に品薄傾向にあり、当店も在庫が潤沢ではありません。
お買い求めの際にはご注意ください。

最近は、おかげさまでカーテンのご注文を多くいただいていますが
当店はふとん店です。
寝具のことでお悩みのことがありましたら
下関市彦島の末次ふとん店にお気軽にご相談ください。

羽毛ふとんには手間隙かけて、きれいにお手入れしましょう。

今日は中秋の名月。
8年ぶりに満月と同日になるようです。
下関ではお天気下り坂で、はっきり見えるか心配です。

名月を観賞した後は、ぐっすり眠りましょう。
ぐっすり眠るにはふとんが重要です。

敬老の日を前にして、しばらく離れていましたが
再度、羽毛ふとんのリフォームについてお知らせしたいと思います。

羽毛ふとんリフォーム

前回、洗い方についてお知らせしました。
断然おすすめのプレミアムダウンウォッシュ。

中身の羽毛を取り出して、羽毛だけで洗浄するため
他とは洗浄力がまるで違い、新品同様に生まれ変わります。

が、手間隙をかけるためどうしてもお時間(日数)がかかってしまいます。
現在3週間を目安にしていますが、繁忙期に入っているためもう少しかかるかもしれません。
あくまでも現在3週間前にお預かりしたものが出来上がっているわけで
今お預かりしたものは3週間~4週間かかるかもしれません。

今日から4週間後となると、10月19日頃になります。
その頃には今よりも涼しくなり、羽毛ふとんが恋しくなる頃かもしれません。
羽毛ふとんのリフォーム、プレミアムダウンウォッシュをお考えの方は
なるべくお早めにお出しいただくことをおすすめします。


側生地がどんなに汚れていても
破れてカバー内に羽毛があふれていても
洗濯に失敗して湿った羽毛ふとんでも
プレミアムダウンウォッシュなら、羽毛を取り出して洗浄するため
なんら問題ありません。

お使いの羽毛ふとんのお悩みはリフォームで解決しましょう。

下関市近郊で羽毛ふとんのことなら
末次ふとん店・末次羽毛工房に安心しておまかせください。

いろんな座布団も当店手作りです。

台風14号が考えられない急カーブを描いて
九州から本州方面にやってきます。
下関直撃も考えられるコース・・・。
十分に警戒しましょう。


さて敬老の日を前に、座布団のご紹介。

お盆の時にも紹介しています御前座布団の紫座布団。
長寿のお祝いの品としても喜ばれています。

紫座布団

還暦のお祝いや定年退職の際のプレゼントとして
購入される方もいらっしゃいます。

当店では座布団も1枚1枚、職人の手作りです。
機械で作られている座布団とは、まったく違う座り心地です。

ごろ寝敷ふとん
ごろ寝敷ふとん

ごろ寝敷ふとんとして販売していますが
長座布団としても使うことができるものもあります。
サイズはオーダー対応いたします。
ソファの上に置く、車のシートに合わせるなど自由自在です。
ただ、厚みがあるため若干の誤差が生じることがあります。

しあわせ座布団
しあわせ座布団

他にも、しあわせ座布団というお手玉型の座布団。

座卓脚用座布団
座卓脚用座布団

座卓の脚の下などに敷いて使う座卓脚用座布団。
1枚であれば、小物の下に置いて使うこともできます。


ふとんだけではなく、座布団も当店手作りで仕立てています。
大きなサイズから座卓脚用の小さな小座布団まで全て当店手作りです。

ふとんも座布団も下関市彦島の末次ふとん店に安心しておまかせください。

特殊サイズもおまかせ!

前回、敬老の日のプレゼントとして
綿わたの掛ふとんについてお伝えしました。

ある程度の重さがあった方が良い方におすすめとしました。
そして、今なお綿わた掛ふとんの人気があることを。

しかし、最近の冬の掛ふとんの定番は羽毛ふとん。
羽毛ふとんは軽くて暖かく、非常に人気があります。

柵付のベッド

敬老の日が近いということで、今回は特殊サイズの羽毛ふとんのご紹介。

お年を召してくると、ベッドをお使いの方が増えてきます。
毎日の上げ下ろしをせずに済みますし
起き上がる時にも高さがあるので非常に楽になります。
しかし、高さがあるために落下の心配もあり
落下防止の柵をつけている方もいらっしゃることでしょう。

そんな時に普通サイズのふとんを使うと
柵によって両端がごわついてしまって
掛ふとんを快適に使うことができなくなってしまうことも考えられます。

夏の間はふとんも薄く、ごわつきは気にならないかもしれません。
また夏ふとんは少しサイズが小さいものもあり、気にならないことも。

しかし冬ふとんは、特に羽毛ふとんに関しては
シングルサイズは、幅150cmで長さが210cmになります。
このサイズだと幅も長さも柵にごわついてしまいます。

そこで当店では少し小さめサイズの羽毛ふとんをご用意しています。
ごわつきも最小限に抑えることができ、小さいことから扱いやすくもなります。


また綿わたふとんに関しても
当店は側生地から当店で縫製しますので、オーダーサイズ対応しています。


あなたの寝環境に合わせたふとんをご提案いたします。
下関市彦島の末次ふとん店に安心しておまかせください。

敬老の日に、綿わたふとんはいかが?

羽毛ふとんの仕立て直し(リフォーム)には、少し日数がかかります。
だんだん肌寒くなる季節がやってきます。
なるべく早く準備するようにしましょう。

羽毛ふとんのリフォームについてお知らせしてきました。
もう少し続ける予定でしたが、ちょっと別の話を。
リフォームについてはまた後日。


来週の月曜日は9月の第三月曜日。
そう「敬老の日」です。

プレゼントに手作りの綿わたふとんはいかがですか?

凱風快晴(赤富士)掛ふとん

当店手作りの綿わたふとん、若い方よりもお年を召した方が身近に感じることでしょう。
天然繊維の綿わたを使ったふとんは、体をやさしく支えてくれて
吸湿性などにも優れ、寝環境を整えてくれます。
が、天日干しをしなければいけないなどの取扱いの不便さばかりが注目され
だんだん綿わたふとん離れが起こっています。

最近では掛ふとんには重みが必要だという説?が見られます。
7kg程度のものが良い、などといろいろと言われているようです。
ただあまりにも重いものは体への負荷や寝返りのしにくさから避けるべきです。

「羽毛ふとんは軽すぎて、重みを感じないと寝られない」
という方もいらっしゃいます。
当店の手作りの綿わた掛ふとんであればある程度の重みも感じることができます。

そして使っていくうちにへたってしまった綿わたふとんは
打ち直すことで、ふっくら新品同様に仕立て直すことができます。
新しく買うよりもお得に復活させることができます。
綿の暖かさ、快適さをご存知の方は綿わたふとんを打ち直して長く大事に使われています。
今でも多くの方が綿の打ち直しをご利用になられていますよ。

綿わたふとんは今でも当店で1枚1枚職人が手作りで仕立てています。
手作りのぬくもり、天然繊維のやさしい暖かさを感じてみませんか?

下関市彦島の末次ふとん店にお気軽にご相談ください。