羽毛ふとん、破れチェック、絹側。

側生地が破れていないかについては先日書きましたが、側生地破れに関して気を付けていただきたい羽毛ふとんがあります。絹を使った羽毛ふとんです。絹を使うことによって、光沢が出て高級感があり、肌触りも良いのですが、実際に使うときにはカバーをつけるので、あまり意味がないとも言えます・・・。実際綿カバーとの相性もいまいち・・・。

この絹を使った羽毛ふとん最大の欠点と言えるのが、側生地の強度です。綿100%のものに比べて、耐久性が劣ります。そのため、擦れることによって生じる破れが非常に多く見られます。

また、上記の絹側の生地の弱さを考えて、絹の側地(下の写真で言えば、青い絹地)の下にポリエステルなどで二重になっているものも見られます。羽毛の吹き出しは防げますが、通気性や重さなど、絹のメリットを活かしきれていないものもみられます。

一般的に絹生地の羽毛ふとんは中身の羽毛は良質なものも多く、仕立て直すことで、ふんわり長く、気持ちよくお使いいただけることでしょう。

末次ふとん店では、羽毛ふとんも自店で作っています。他の多くの店のように、羽毛ふとんのすべての作業を丸投げしているわけではなく、1枚1枚手作業でお作りいたしますので、安心しておまかせください。

羽毛ふとん、破れチェック

お使いだった羽毛ふとんの側生地が破れていませんか?そんな羽毛ふとんもリフォームすることによって、側生地も新しく復活させることができます。

カバーをかけて使っていて、カバーを交換、洗濯しようとファスナーを開けると・・・羽毛が噴き出していた、ということも。少しでも破れていると、そこから羽毛がどんどん出てきてしまいます。

カバー内にあふれ出てきた羽毛

また、羽毛は目に見えないような小さな穴からも噴き出してきます。破れているからと、針を使って縫う対処策は避けてください。アイロンで貼る補修布が良いでしょう。

粘着テープでとりあえずふさいで、当店にご相談いただければ、側生地も新しくお仕立て直しすることもできますよ。テープの中では、テーピングが少し伸び縮みもするので適していると思われます。が、応急処置とお考えください。

テープで応急処置

破れていても、カバー内にあふれていても、手が付けられない状態でも、末次ふとん店で側生地も新しく復活できます。羽毛を取り出して洗浄するプレミアムダウンウォッシュなら、側生地の破れなど関係なく直接洗うので、羽毛もきれいになります。丸洗いですと、側生地越し、カバー越しに羽毛を洗うことになるので、洗浄力が劣ります。

末次ふとん店では、羽毛ふとんも自店で作っています。他の多くの店のように、羽毛ふとんのすべての作業を丸投げしているわけではなく、1枚1枚手作業でお作りいたしますので、安心しておまかせください。

羽毛ふとん、片寄りチェック、ステルス版

プロ野球開幕に向け、練習試合が始まりましたね。無観客とは言え、日常に戻る元気がもらえそうです。が、第2波の恐れも感じる日々です。睡眠をしっかりとって、体を強く、免疫力を高めておきましょう。

先日は羽毛の片寄りについて書きました。これに関して、気を付けていただきたい羽毛ふとんがあります。数年前?10年以上前?に出回ったステルス縫製と呼ばれる羽毛ふとんです。一般的に羽毛ふとんはマス目ごとに縫製の縫い目が見られます。その縫い目が全く見えないのがステルス縫製の羽毛ふとん。マス目はありますが、接着しているため縫い目が見えないんです、テープのような線が見えます。

縫い目の見えないテープのような線で分けられている羽毛ふとん

上記のような、縫い目(キルティング)が見えないもので、下の写真のようなタグがつけられていることが多いです。メリットとして、縫い目がないため、羽毛の吹き出しの心配がないことが挙げられます。

接着が外れた羽毛ふとん

ただ、長年使われていると、その接着が外れてしまう羽毛ふとんが多く見られます。丸洗い(クリーニング)をしたら、接着が外れてしまった方もいらっしゃいました。そうなると、一つの袋状態になってしまうため、片寄りというレベルではありません。ふとんとしても気持ちよく使えるものではなくなってしまっているので、早急にお仕立て直しされることをおススメします。

末次ふとん店では、羽毛ふとんも自店で作っています。他の多くの店のように、羽毛ふとんのすべての作業を丸投げしているわけではなく、1枚1枚手作業でお作りいたしますので、安心しておまかせください。

羽毛ふとん、片寄りチェック

39県で緊急事態宣言が解除されてから2週間が経ちました。お隣、北九州市に第2波の恐れがありますね。関門海峡、海の向こうですが対岸の火事とせず、下関でも各自が気をつけなければいけません。これから暑くなる季節ですが、まだマスクが手放せない日々が続きそうですね。

羽毛ふとんを片付ける前にいろいろとチェックしてみませんか。状態によっては、お手入れ(側交換やリフォーム)してあげましょう。来シーズン、より良い状態でお使いいただけます。

羽毛ふとんの中身が片寄っていませんか?
羽毛ふとんの中のマチ部分が破れたりしていると、マス目を無視して羽毛が移動してしまいます。マス目ごとに手で優しく押さえて、どのマス目にもしっかり羽毛が入っていることを確認してください。

また、マチ部分が破れていなくても、羽毛ふとんを踏んだり無理に押さえたりすると、中身の羽毛は移動してしまいますのでご注意ください。

当店では、羽毛を取り出して新しい側生地に仕立て直しますので、片寄っているものでもお仕立て直しできます。

片寄りレベルを超えるような羽毛ふとんも紹介する予定です。

末次ふとん店では、羽毛ふとんも自店で作っています。他の多くの店のように、羽毛ふとんのすべての作業を丸投げしているわけではなく、1枚1枚手作業でお作りいたしますので、安心しておまかせください。

春・秋用のふとん、扱いやすくておすすめです。

ついに緊急事態宣言が全面解除になる見込みですね。一日も早く日常を取り戻したいですが、コロナが終息したと勘違いしてしまい、第二波が来ないことを願うばかり。まだ自粛が必要かもしれませんが、緊急事態宣言が解除されると聞くと、気分が明るくなれるだけでも大違いですね。

自粛をしている間に季節が移り変わり、ここ数日、日中は特に暑さを感じるようになりました。もうすぐ衣替え。夏ふとんの準備はいかがですか?

冬用の羽毛ふとんから一気に夏仕様、タオルケットなどに変えるという方が多いのでしょうか。そんな季節変わりの時季には、肌ふとんがおすすめです。通常、冬用の羽毛ふとんの中身の量は1.3~1.4kgです(最近は1.0kg入りなど少なくなっていますが・・・これについては今までもお知らせしてきましたし、これからもお知らせします)。今の時季に適した羽毛ふとんは0.6~0.8kg入りのものです。秋から冬にかけても使え、使う人によっては夏場も使える、非常に扱いやすい羽毛ふとんでおすすめです。

羽毛ふとんだけなく、薄めのわた肌ふとんもおすすめです。

羽毛ふとん、側生地をチェック

新型コロナウイルスにより例年とは違う毎日ですが、それでも日々過ぎていき季節は変わり、だんだん暖かくなってきます。しかし暖かい日が続いたと思えば、涼しくなったり、日中は暖かくても朝晩は涼しかったり・・・冬ふとん(羽毛ふとん)をしまうタイミングは難しいかもしれませんね。しまう時季は人それぞれです。羽毛ふとんを片付ける前にいろいろとチェックしてみませんか。状態によっては、お手入れ(側交換やリフォーム)してあげましょう。来シーズン、より良い状態でお使いいただけます。

えり元が汚れた羽毛ふとん

側生地は汚れていませんか?
羽毛ふとんはカバーをかけて使っていると思います(かけて使ってください)。それでも、羽毛ふとんの側生地は汚れてしまいます。特にえり元部分。黄色く汗ジミがつくこともあります。クリーニングでは落ちない汚れもありますが、当店では側を完全に新しくお仕立て直しすることができるため、きれいに仕上がります。

末次ふとん店では、羽毛ふとんも自店で作っています。他の多くの店のように、羽毛ふとんのすべての作業を丸投げしているわけではなく、1枚1枚手作業でお作りいたしますので、安心しておまかせください。

羽毛ふとんの側生地は綿100%です!

羽毛ふとん、もうそろそろお役御免の頃でしょうか。

しばらく後に羽毛ふとんの仕立て直しについても紹介する予定ですが、季節の終わりのセールに新しい羽毛ふとんを手にとられる方もいらっしゃるかもしれません。

改めて注意点を。

羽毛ふとんの側生地は、綿100%のものをお選びください。

そして

羽毛ふとんの中身の量は、1.3kg以上入っているものをお選びください。

お仕立て直しされる際も、綿100%の側生地をお選びください。

羽毛ふとんも、下関市彦島の末次ふとん店におまかせください。

圧縮袋と羽毛ふとん

新型コロナウイルスの猛威が続いています。おそらく緊急事態宣言が出されることでしょう。少しでも多くの人に危機感が伝わることを願います。今日6日に発表されるようですが、下関市でもおそらく小学校の休校期間が延びるはずです。

本ブログでも、新型コロナウイルスについて毎回触れることが良いのか、お店は平常通り営業していますので、平常通り振る舞うのが良いのか悩ましくもあります。

前回、圧縮袋の使い方についてお知らせしましたが、今回は羽毛ふとんと圧縮袋について。

結論から言えば、羽毛ふとんは圧縮袋に入れてはいけません。

ダウンボールがふわふわでなくなったり、フェザーの羽軸が折れてしまったり。特にフェザーの割合が高い場合は、圧縮したら羽軸が折れるだけではなく、羽軸によって生地に穴が開くことも考えられます。羽毛ふとんに穴が開いてしまうと、テープで補修(応急処置)するしかありません。

羽毛ふとんは基本的に購入した際に入っているケースよりも小さくして保管されないことです。また、そのケースも運搬用・体裁用のもので通気性が悪く長期保存には適していないものもあります。その場合は、通気性が良い綿100%の布で包むのが良いでしょう。通気性がなく湿気が多い状態・場所で保管すると、蒸れて臭いを発生したり、羽毛の品質を損なうことがありますのでご注意ください。

破れてしまった羽毛ふとんも、末次ふとん店におまかせください。側生地も新しく仕立て直して、羽毛ふとんがよみがえります。

暖かく眠れていますか?

かなり冷え込みますが、暖かく眠れましたか?

先日もお知らせしたばかりですが、最近買ったばかりの羽毛ふとん、暖かさに不安がある場合もあります。羽毛の価格上昇のため、見た目の価格を抑えようと、中身の羽毛の量が減っています(1.0~1.1kg)。使い続けるあなたの暖かさのことは考えられていません。当店では、中身を1.4kgとしっかり充填して、当店工房で暖かい羽毛ふとんを作っています。だから暖かさが違います。

さらに言えば、綿100%の側生地を使用しているため、快適にお休みいただけます。最近のものは、ポリエステル混の生地のものばかり。それでは体への馴染み具合や蒸れを感じてしまったりして、快眠をもたらす環境から離れてしまうことも。ポリエステル混の生地を使うのも、綿価格の上昇などから、見た目の価格を抑えようとした、売り手目線のみの結果です。使い続けるあなたの快適さのことは考えられていません。

下関市近郊では、綿100%側生地使用の羽毛ふとんをしっかりと品揃えし、中身の羽毛も1.3kg以上充填している羽毛ふとんをしっかり品揃えしている、末次ふとん店におまかせください。

ダブルサイズが最適か・・・。

部屋のスペースの問題もあって、ダブルサイズのベッドなどでお二人でお休みになっている方もいらっしゃることでしょう。

ダブルサイズの敷ふとん、ベッドにはダブルサイズの掛ふとんを使わないといけない、という固定観念をお持ちではありませんか?掛ふとんがダブルサイズ1枚だと、どうしても体感温度の違いなどからおふとんの取り合いになることはありませんか?素材的な問題もあるかもしれません。私は羽毛、私はわたが良い、など。また重い方が良い、などなど。

それを解消するにはダブルサイズでお休みの方も、掛ふとんはシングルサイズで2枚、2人が1枚づつお使いになるのはいかがでしょうか。一人あたりのふとんの大きさも広くなって、快適にお休みいただけると思いますよ。

ダブルサイズよりも大きなキングサイズやクイーンサイズなど、当店でお作りすることもできます。下関市彦島の末次ふとん店まで、お気軽にご相談ください。