羽毛ふとんの購入をお考えの方へ

衣替え、そして朝晩急に涼しくなり、羽毛ふとんのシーズンがやってきます。

ご自分が毎日使うための羽毛ふとん、側生地は羽毛ふとんの良さを発揮させる「綿100%」のものをお選びください。

最近はポリエステル混生地がほとんどです。寝心地より価格を抑えるためにポリエステル混生地を使っています。チラシには側生地の表示すらされていません。書いてあるのは主にダウン率の%とダウンパワー。例えば、ダウン85%、ダウンパワー350cm3/gなど。

そして、中身の量が書いてあるのはまだ良心的です。が、その中身の量も注意が必要です。また後日お知らせしますが、1.1kgでは少なすぎます!当店の羽毛ふとんは、基本的に1.3~1.4kg入りの非常に暖かい羽毛ふとんです。

良いものが安くなっているのであればうれしい限りですが、側生地の品質を落とし、中身を減らし、あの手この手で安く見せかけている羽毛ふとん。値段だけで判断することなく、お気軽にご相談ください。

そして、羽毛ふとんは自店で責任をもって作っている羽毛工房などと呼ばれる地元のお店での購入をおすすめします。下関市近郊の方は、地域密着の末次ふとん店に安心しておまかせください。

専門店ならではの情報は多々あります

昨夜、大人気ドラマ「半沢直樹」が最終回でしたね。今回は特にいろいろな名言も生まれました。早くも「半沢ロス」なる言葉が出ているようですね。
そして「やべっちFC」も最終回を迎えました。18年半にもわたる長期間、サッカー専門番組。これからはスポーツコーナーの中のサッカーコーナーでしか情報を得ることができなくなりました(テレビでは)。深い情報や、選手個人に密着などサッカー専門番組ならではの内容が日曜日の夜の楽しみでした。非常に残念です。個人的には半沢直樹が終わるよりも。

専門番組でしか触れられないような内容。
寝具専門店でしか触れられないような内容。ちょっと言いにくいですね。
ショッピングモールや量販店の中にある寝具コーナーでは、まったく触れられないことは多々あります。専門店では常識的なことも、売れれば良いという観点なのか、まったく触れられません。実際に使うあなたにとっては、買う一瞬よりも買ってから使う期間の方が圧倒的に長いんです。お値段も確かに重要ですが、その商品がどんなものなのか理解してから購入してください。

羽毛ふとんのこと。これからの季節、何度も何度も、しつこいと言われるくらいお知らせします。
羽毛ふとんの側生地を確認してください。最近の羽毛ふとんはポリエステル混のものがほとんどです。ポリエステル混の羽毛ふとんは、暖かいというよりも蒸れてしまうふとんです。かつての羽毛ふとんは、ほぼ綿100%のものでした。綿のものは羽毛の良さを活かす、寝心地の良い羽毛ふとんです。新しくお買い求めになる方は、綿100%の側生地の羽毛ふとんを買うようにしてください。暖かく、気持ちの良い羽毛ふとん間違いなしです!

末次ふとん店では、羽毛ふとんも1枚1枚手作りしています。中の羽毛をはっきりと自らの手で確認しながら、1マスずつ羽毛を充填させて、暖かくなるように作っています。
今年の冬、末次ふとん店の羽毛ふとんで暖かくお休みになりませんか。

羽毛ふとんの選び方は非常に重要です!

朝晩、確実に涼しくなってきましたね。体の冷えなど、体調には気をつけましょう。

羽毛ふとんの選び方については、このブログでも当店のホームページでもFacebookでもお知らせしています。そして、大事なことなので今後何度もお知らせしていきます。

なお、結論を最初にお知らせします。
暖かく快適な羽毛ふとんを選ぶなら・・・

内容量は、シングルサイズで1.3~1.4g
側生地は、綿100%(超長綿)のもの


です。

これからの季節、確実に目にする羽毛ふとんのチラシの見極めをご紹介いたします。パッと見、価格に目が行くようになっています。が、説明文のところを見てみると・・・ここ、非常に重要です!

まず重さを見てください。重さは中身の羽毛が1.0~1.1kgと少ないのに、悟られないように?全体の重さを記載しています。例えば約1.7kgや1.8kgなど、ふとんの側生地の重さと中身を足して記載しています。暖かさに大事なのは中身の重さ(内容量)です。

なお、冬用の暖かい羽毛ふとんの中身は1.3~1.4kgがおすすめです。上記1.1kg入りのものは少なすぎます。暖かさが足りません。

そして、注目するのは内容量だけではありません。材質(側生地)についても注意することがあります。

側生地の材質を見てください。最近の羽毛ふとんで最も多いのがポリエステル85%、綿15%のものです。ポリエステルが入ることにより、サラサラな触りになり発色も良く見えるため、多く使われています。また軽量を売り文句にしているものもあります。実際ポリエステル混の生地は綿のものに比べて軽いことは軽いです。その軽さを利用して、中身の羽毛の量を減らすことができるというメリットもあります。売る方のメリットではありますが、使う方のメリットかどうかは疑問ですが・・・。

羽毛ふとんの快適性を活かし、羽毛の特長を発揮させるのは、綿100%(超長綿)のものです。また、長く使うものだから綿100%のものを使うとも言え、ポリエステルなどとの混紡では生地が弱くなるおそれがあります。

羽毛ふとんの選び方は注意しなければいけません。通販や量販店、スーパーなど、ご自分の判断でレジに持って行くような場合には、タグなどを見てから購入するようにしましょう。寒い冬に長く使う羽毛ふとんです。良い羽毛ふとんと出会うようにしましょう。

羽毛ふとんは羽毛工房と呼ばれる、自店で羽毛ふとんを製造しているお店での購入をおすすめします。下関市近郊では、末次ふとん店・末次羽毛工房をよろしくお願いいたします。

羽毛ふとん、破れチェック、絹側。

側生地が破れていないかについては先日書きましたが、側生地破れに関して気を付けていただきたい羽毛ふとんがあります。絹を使った羽毛ふとんです。絹を使うことによって、光沢が出て高級感があり、肌触りも良いのですが、実際に使うときにはカバーをつけるので、あまり意味がないとも言えます・・・。実際綿カバーとの相性もいまいち・・・。

この絹を使った羽毛ふとん最大の欠点と言えるのが、側生地の強度です。綿100%のものに比べて、耐久性が劣ります。そのため、擦れることによって生じる破れが非常に多く見られます。

また、上記の絹側の生地の弱さを考えて、絹の側地(下の写真で言えば、青い絹地)の下にポリエステルなどで二重になっているものも見られます。羽毛の吹き出しは防げますが、通気性や重さなど、絹のメリットを活かしきれていないものもみられます。

一般的に絹生地の羽毛ふとんは中身の羽毛は良質なものも多く、仕立て直すことで、ふんわり長く、気持ちよくお使いいただけることでしょう。

末次ふとん店では、羽毛ふとんも自店で作っています。他の多くの店のように、羽毛ふとんのすべての作業を丸投げしているわけではなく、1枚1枚手作業でお作りいたしますので、安心しておまかせください。

羽毛ふとん、破れチェック

お使いだった羽毛ふとんの側生地が破れていませんか?そんな羽毛ふとんもリフォームすることによって、側生地も新しく復活させることができます。

カバーをかけて使っていて、カバーを交換、洗濯しようとファスナーを開けると・・・羽毛が噴き出していた、ということも。少しでも破れていると、そこから羽毛がどんどん出てきてしまいます。

カバー内にあふれ出てきた羽毛

また、羽毛は目に見えないような小さな穴からも噴き出してきます。破れているからと、針を使って縫う対処策は避けてください。アイロンで貼る補修布が良いでしょう。

粘着テープでとりあえずふさいで、当店にご相談いただければ、側生地も新しくお仕立て直しすることもできますよ。テープの中では、テーピングが少し伸び縮みもするので適していると思われます。が、応急処置とお考えください。

テープで応急処置

破れていても、カバー内にあふれていても、手が付けられない状態でも、末次ふとん店で側生地も新しく復活できます。羽毛を取り出して洗浄するプレミアムダウンウォッシュなら、側生地の破れなど関係なく直接洗うので、羽毛もきれいになります。丸洗いですと、側生地越し、カバー越しに羽毛を洗うことになるので、洗浄力が劣ります。

末次ふとん店では、羽毛ふとんも自店で作っています。他の多くの店のように、羽毛ふとんのすべての作業を丸投げしているわけではなく、1枚1枚手作業でお作りいたしますので、安心しておまかせください。

羽毛ふとん、片寄りチェック、ステルス版

プロ野球開幕に向け、練習試合が始まりましたね。無観客とは言え、日常に戻る元気がもらえそうです。が、第2波の恐れも感じる日々です。睡眠をしっかりとって、体を強く、免疫力を高めておきましょう。

先日は羽毛の片寄りについて書きました。これに関して、気を付けていただきたい羽毛ふとんがあります。数年前?10年以上前?に出回ったステルス縫製と呼ばれる羽毛ふとんです。一般的に羽毛ふとんはマス目ごとに縫製の縫い目が見られます。その縫い目が全く見えないのがステルス縫製の羽毛ふとん。マス目はありますが、接着しているため縫い目が見えないんです、テープのような線が見えます。

縫い目の見えないテープのような線で分けられている羽毛ふとん

上記のような、縫い目(キルティング)が見えないもので、下の写真のようなタグがつけられていることが多いです。メリットとして、縫い目がないため、羽毛の吹き出しの心配がないことが挙げられます。

接着が外れた羽毛ふとん

ただ、長年使われていると、その接着が外れてしまう羽毛ふとんが多く見られます。丸洗い(クリーニング)をしたら、接着が外れてしまった方もいらっしゃいました。そうなると、一つの袋状態になってしまうため、片寄りというレベルではありません。ふとんとしても気持ちよく使えるものではなくなってしまっているので、早急にお仕立て直しされることをおススメします。

末次ふとん店では、羽毛ふとんも自店で作っています。他の多くの店のように、羽毛ふとんのすべての作業を丸投げしているわけではなく、1枚1枚手作業でお作りいたしますので、安心しておまかせください。

羽毛ふとん、片寄りチェック

39県で緊急事態宣言が解除されてから2週間が経ちました。お隣、北九州市に第2波の恐れがありますね。関門海峡、海の向こうですが対岸の火事とせず、下関でも各自が気をつけなければいけません。これから暑くなる季節ですが、まだマスクが手放せない日々が続きそうですね。

羽毛ふとんを片付ける前にいろいろとチェックしてみませんか。状態によっては、お手入れ(側交換やリフォーム)してあげましょう。来シーズン、より良い状態でお使いいただけます。

羽毛ふとんの中身が片寄っていませんか?
羽毛ふとんの中のマチ部分が破れたりしていると、マス目を無視して羽毛が移動してしまいます。マス目ごとに手で優しく押さえて、どのマス目にもしっかり羽毛が入っていることを確認してください。

また、マチ部分が破れていなくても、羽毛ふとんを踏んだり無理に押さえたりすると、中身の羽毛は移動してしまいますのでご注意ください。

当店では、羽毛を取り出して新しい側生地に仕立て直しますので、片寄っているものでもお仕立て直しできます。

片寄りレベルを超えるような羽毛ふとんも紹介する予定です。

末次ふとん店では、羽毛ふとんも自店で作っています。他の多くの店のように、羽毛ふとんのすべての作業を丸投げしているわけではなく、1枚1枚手作業でお作りいたしますので、安心しておまかせください。

春・秋用のふとん、扱いやすくておすすめです。

ついに緊急事態宣言が全面解除になる見込みですね。一日も早く日常を取り戻したいですが、コロナが終息したと勘違いしてしまい、第二波が来ないことを願うばかり。まだ自粛が必要かもしれませんが、緊急事態宣言が解除されると聞くと、気分が明るくなれるだけでも大違いですね。

自粛をしている間に季節が移り変わり、ここ数日、日中は特に暑さを感じるようになりました。もうすぐ衣替え。夏ふとんの準備はいかがですか?

冬用の羽毛ふとんから一気に夏仕様、タオルケットなどに変えるという方が多いのでしょうか。そんな季節変わりの時季には、肌ふとんがおすすめです。通常、冬用の羽毛ふとんの中身の量は1.3~1.4kgです(最近は1.0kg入りなど少なくなっていますが・・・これについては今までもお知らせしてきましたし、これからもお知らせします)。今の時季に適した羽毛ふとんは0.6~0.8kg入りのものです。秋から冬にかけても使え、使う人によっては夏場も使える、非常に扱いやすい羽毛ふとんでおすすめです。

羽毛ふとんだけなく、薄めのわた肌ふとんもおすすめです。

羽毛ふとん、側生地をチェック

新型コロナウイルスにより例年とは違う毎日ですが、それでも日々過ぎていき季節は変わり、だんだん暖かくなってきます。しかし暖かい日が続いたと思えば、涼しくなったり、日中は暖かくても朝晩は涼しかったり・・・冬ふとん(羽毛ふとん)をしまうタイミングは難しいかもしれませんね。しまう時季は人それぞれです。羽毛ふとんを片付ける前にいろいろとチェックしてみませんか。状態によっては、お手入れ(側交換やリフォーム)してあげましょう。来シーズン、より良い状態でお使いいただけます。

えり元が汚れた羽毛ふとん

側生地は汚れていませんか?
羽毛ふとんはカバーをかけて使っていると思います(かけて使ってください)。それでも、羽毛ふとんの側生地は汚れてしまいます。特にえり元部分。黄色く汗ジミがつくこともあります。クリーニングでは落ちない汚れもありますが、当店では側を完全に新しくお仕立て直しすることができるため、きれいに仕上がります。

末次ふとん店では、羽毛ふとんも自店で作っています。他の多くの店のように、羽毛ふとんのすべての作業を丸投げしているわけではなく、1枚1枚手作業でお作りいたしますので、安心しておまかせください。

羽毛ふとんの側生地は綿100%です!

羽毛ふとん、もうそろそろお役御免の頃でしょうか。

しばらく後に羽毛ふとんの仕立て直しについても紹介する予定ですが、季節の終わりのセールに新しい羽毛ふとんを手にとられる方もいらっしゃるかもしれません。

改めて注意点を。

羽毛ふとんの側生地は、綿100%のものをお選びください。

そして

羽毛ふとんの中身の量は、1.3kg以上入っているものをお選びください。

お仕立て直しされる際も、綿100%の側生地をお選びください。

羽毛ふとんも、下関市彦島の末次ふとん店におまかせください。