暖かく眠れていますか?

かなり冷え込みますが、暖かく眠れましたか?

先日もお知らせしたばかりですが、最近買ったばかりの羽毛ふとん、暖かさに不安がある場合もあります。羽毛の価格上昇のため、見た目の価格を抑えようと、中身の羽毛の量が減っています(1.0~1.1kg)。使い続けるあなたの暖かさのことは考えられていません。当店では、中身を1.4kgとしっかり充填して、当店工房で暖かい羽毛ふとんを作っています。だから暖かさが違います。

さらに言えば、綿100%の側生地を使用しているため、快適にお休みいただけます。最近のものは、ポリエステル混の生地のものばかり。それでは体への馴染み具合や蒸れを感じてしまったりして、快眠をもたらす環境から離れてしまうことも。ポリエステル混の生地を使うのも、綿価格の上昇などから、見た目の価格を抑えようとした、売り手目線のみの結果です。使い続けるあなたの快適さのことは考えられていません。

下関市近郊では、綿100%側生地使用の羽毛ふとんをしっかりと品揃えし、中身の羽毛も1.3kg以上充填している羽毛ふとんをしっかり品揃えしている、末次ふとん店におまかせください。

ダブルサイズが最適か・・・。

部屋のスペースの問題もあって、ダブルサイズのベッドなどでお二人でお休みになっている方もいらっしゃることでしょう。

ダブルサイズの敷ふとん、ベッドにはダブルサイズの掛ふとんを使わないといけない、という固定観念をお持ちではありませんか?掛ふとんがダブルサイズ1枚だと、どうしても体感温度の違いなどからおふとんの取り合いになることはありませんか?素材的な問題もあるかもしれません。私は羽毛、私はわたが良い、など。また重い方が良い、などなど。

それを解消するにはダブルサイズでお休みの方も、掛ふとんはシングルサイズで2枚、2人が1枚づつお使いになるのはいかがでしょうか。一人あたりのふとんの大きさも広くなって、快適にお休みいただけると思いますよ。

ダブルサイズよりも大きなキングサイズやクイーンサイズなど、当店でお作りすることもできます。下関市彦島の末次ふとん店まで、お気軽にご相談ください。

羽毛ふとん、ちょっとの違いが大違い!

暖冬と言われる今年ですが、ここ数日はかなり冷え込みましたね。そんな朝晩、お使いの羽毛ふとんは暖かいですか?

最近買ったばかりでも暖かさに不安がある場合も。それはここ数年の羽毛ふとん、中身の羽毛の量が減っています(1.0~1.1kg)。価格を抑えるため、売り手目線の都合だけの値下げ対策の結果、使い続けるあなたのことは考えられていません。

当店では、中身を1.4kgとしっかり充填して、当店工房で暖かい羽毛ふとんを作っています。

写真、お分かりでしょうか?当店基準の1.4kg入りで作っていくと、最後の縦一列(約210cm)に羽毛が入っていない状態が約1.1kgです。たった300g、実は大きな違いなんですよ。暖かさも違うと思いませんか?寒がりを忘れてしまうほどの暖かさです!

ちなみに、自店で羽毛ふとんを作ることができないと、今回のような写真は撮れません。下関市近郊では、下関市彦島の末次ふとん店におまかせください!

ロングサイズで足元の冷えを解消

お使いのふとん、寒くないですか?
足先がふとんから出ていた、なども寒い理由です。特に背が高い方は足を曲げて寝ているかもしれませんね。また寝返りを打った際に、掛ふとんから背中が出ていた。寒いにも関わらず、ふとんを蹴飛ばしていたことも・・・これは、ふとんの素材が原因かもしれません。簡単に言うと、ポリエステルなどの化学繊維を用いたふとんを使っていると、湿気がたまって不快に感じ、蹴飛ばしてしまいます。寝相の問題ではなく、ふとんを変えると蹴飛ばさなくなる可能性は高いです!

当店では手作りですので、丈(長さ)を長く、幅を広くなどオーダーサイズ対応できますよ。あなた好みのおふとん、お作りいたします。もちろん綿100%生地の羽毛ふとんや綿ふとんです。

なお、羽毛ふとんを使って、さらに毛布を使って・・・など寒い時には掛ける方に目を向けがちですが、体の下に敷くもの、敷ふとんを重要視しなければいけません。次回お知らせします。

羽毛ふとんの、こんなチラシ見たことないですか?

今日は時々目にするチラシの見極めをご紹介。説明文のところを見てみると・・・

まず重さを見てください。重さは中身の羽毛が1.0~1.1kgと少ないのに、悟られないように?全体の重さを記載しています。例えば約1.8kgや1.9kgなど、ふとんの側生地の重さと中身を足して記載しています。暖かさに大事なのは中身の重さ(内容量)です。

なお、冬用の暖かい羽毛ふとんの中身は1.3~1.4kgがおすすめです。

材質についても注意することが・・・これまでもお知らせしてきましたが、やはり綿100%のものを選びましょう。チラシに記載がない、見つけられない場合は、ポリエステル混の側生地ですので注意が必要です。快適性に大きな差が出ます。

下関市近郊の羽毛ふとんは、綿100%の羽毛ふとんの品揃え豊富な末次ふとん店におまかせください!

羽毛ふとん長持ちの秘訣はカバーにあり!?

羽毛ふとんを長くお使いいただくためには、カバーは必要です。

1.ふとんを清潔に保つため。
2.破れなどの傷を防ぐため。

カバーをかけると、気持ちよさが半減する。ひんやりした感じ。蒸れる。などマイナス面を挙げる方もいらっしゃいますが、気持ち良いカバーもたくさんあります。ぜひカバーをかけて、丁寧に長くお使いください。

羽毛ふとんには空気をふくませてあげて

大活躍しているであろう羽毛ふとん。暖かくお休みになるには、空気をふくませることです。羽毛ふとんの足元にあたる部分をもって軽く、やさしくふってください。ふることによって中身の羽毛が均一に分散され、さらにダウンが空気を含むことによって、ふとんがよりふっくらします。この時、頭側を持ってふらないでください。えり元に当たる部分の羽毛が少なくなってしまいます。

特にベッドでお使いの方、たたんで上げることがないので、やってみる価値アリです。


写真は同じダウン、同じ内容量で空気をふくませたかどうかの違いです。ふんわり感が違いますよね。

なお、以前よりふくらまなくなったなぁと感じるようになりましたら、羽毛ふとんもリフォームで復活させることができますので、お気軽にご相談ください。

「名は体を表す」ならぬ「値は体を表す」

今シーズンは暖冬なのかもしれませんが、羽毛ふとんがまだまだ活躍する季節です。

羽毛ふとんは値段の影響が非常に大きいふとんです。安い羽毛ふとんは、やはりそれなりの商品になります。街中のふとん、チラシ掲載のふとん、プロから見ると「あー・・・」と思ってしまうものが多々あります。もちろん説明を受けて、分かった上で買うこともあるでしょう。

当店でも、お手頃価格の羽毛ふとんから、数多く取り揃えています。
羽毛ふとんを買うお客さまに対して、値段の差、使い心地の差などをしっかり説明して、満足していただけるように心がけています。

安いふとんを安く買う、買った時だけの満足感だけで終わってしまいます。

羽毛ふとんについて、同じようなことを何度もお知らせしていますが(今後も続けていきます)長く使えるものですから、しっかりお選びいただきたいものです。


地元で安心、下関市彦島の末次ふとん店、末次羽毛工房をよろしくお願いいたします。

初売りの羽毛ふとん

ちょっと寝具売場をのぞいてきました。
やはり今年も変わらない傾向にあります。安さばかりを追求してしまうと、暖かさを逃してしまう恐れありです。しっかり中身の入っている(1.3kg以上)側生地が綿のものがオススメです。

しかし、売り場を見ても、肝心の側生地についての記載は見られず・・・。値札には、羽毛掛布団の文字と価格がメインで、あとは西川であれば西川と記載されている程度。重要な側生地や内容量を確認したい時は、かばんから取り出してタグを見るしかありません。

購入される前には、羽毛ふとんのタグを確認してみてくださいね。
当店店頭に並ぶ羽毛ふとんは、すべて側生地と内容量を記載してありますので、安心してお選びいただけます。

チキンも良いけど、ダック・グースもね

今日は今年から祝日ではなくなりましたね。平成の30年間祝日だっただけあって、祝日だと思い込んでしまっている方も・・・。

明日はクリスマスイブ。チキンも良いけど、ダック・グース(アヒル・ガチョウの羽毛)はいかがですか。当店ではダック・グースダウンの予約、受け付けております。年内のお渡しできますよ。

チキン食べて、ケーキ食べて、ダウン(羽毛ふとん)であったか~くしてお休みくださいませ。冷え込む季節、寒い夜でも当店手作りの暖かい羽毛ふとんでお休みいただくと、サンタさんが来ても起きないほど、ぐっすり快眠間違いなしです。

年内は大みそかまで営業中!ふとんとカーテンのことなら、地元で安心!末次ふとん店まで!