梅雨が明けたらカーテンをお洗濯

梅雨明けしましたね。「Go To トラベルキャンペーン」などの影響が出るこの2週間、どうなるのでしょう。経済を止めるわけにはいかないにしても、何とか拡大を防ぎたいものですね。とりあえず、体調が少しでもおかしいなと思った時には外出せずに安静にしておく、というだけで拡散は違うのではないでしょうか。

さて梅雨が明けたら、何をしますか?
コロナの第2波が来ている今、以前のような外出を控えるという方もいらっしゃると思います。

とりあえず、梅雨が明けたら洗濯しませんか?暑さが厳しくなる前に、カーテンの洗濯を。特にレースカーテンをきれいにしましょう。湿気をため込んでいるとカビの原因になったり、汚れを放置していると朽ちてしまう原因にもなります。

カーテンを洗濯して乾燥させる場合は、半乾きの状態でレールに掛けて吊って乾かすようにしましょう。カーテンの自分の重みでシワが伸び、縮むリスクも減らすことができます。その際、窓を開けておくと、少し濡れたカーテンを通り抜けた涼しい風が室内に入ってきます。真夏だと窓を開けっぱなしにするには暑いため、窓を開けて過ごせる今、カーテンの洗濯をしておきましょう。

夏休み、お子さんがカーテンにくるまったりするかもしれません。その時にもきれいにしておいた方が安心です。

洗濯をしてもきれいにならなかったり、洗濯をして破れてしまったり、カーテンのことでお悩みでしたら末次ふとん店までお気軽にご相談ください。今ならまだお盆を新しいカーテンで迎えることができますよ。

ふとんの型番?

そろそろ梅雨明けが見えてきました。今年の梅雨は長く、雨がよく降った印象がありますね。

さて、先日のふとんの型番についてですが・・・
連休中に某会社のチャレンジ商品として販売されていたものを受けてのものでした。名前の知られた商品名のものでしたので、それが全く同一商品と思われている方がほとんどではないかと思った次第です。

硬さが違うなど、どうやら寝心地などが異なるようです。仕様が異なるので、今まで見てきたそのものとは価格が異なる(安くなる)のは当然でしょう。ただ、その仕様の違いも実際に触ることができないので、確認のしようがありません。もちろん、今回紹介された商品の方が身体に合って、お買い得に買えたと満足された方も多々いらっしゃるでしょう。

お安くなっているとは言え、決してお安い商品ではないものです。有名人が使っているからと言って、自分に合うとも限りません。やはり実際に触って、少しでも買う前の不安を少なくしてほしいものです。どんなものか分からないからチャレンジしてみようっていう意味かもしれません・・・。

当店では先日のチャンレンジ商品と同様な素材のものも含め、いろいろな素材の敷布団も取り扱っております。

寝具の商品名は、ただ名前だけ・・・。

家電には例えば「ABC-123Z」など、製品には型番があります。これによって同じ商品が簡単に見分けがつき、お店による価格の比較が容易にできます。最近は例えば量販店などでは、本来の機種からある機能を外したり、別の機能を付けたりと、その量販店オリジナルの仕様になり、型番も少し異なり同一商品ではなくなり、比較できないようにしています。

一方ふとんはどうなのか。
柄番や品番などの記載があるものが見られるものの、あまり重要視されていないように思います。
例えば羽毛ふとんなどでは、柄が同じであっても中身の量が違ったりします。他にも柄や色は同じでも生地の種類(綿やポリエステル)が変わっていたり。商品名が同じであっても、細かい所が異なるものがあります。そうなると、同じ商品名なのに値段が違うのも当然です。ただ名前が同じだけ。一方は日本製なのに、もう一方は中国製なんてこともあります。また寝心地が違うこともあったりします。

寝具とは一日の三分の一近くを共に過ごすものです。クリック一つで簡単に購入するのではなく、実際に触れてみて、感触を確かめ、説明を受け購入するものでありたいですね。

末次ふとん店では、品揃え豊富に、あなたにぴったりの寝具をご提案いたします。ぜひお気軽にご相談ください。

パシーマで快適睡眠を!

「Go To Travel キャンペーン」、「Go To Eat キャンペーン」、「Go To Event キャンペーン」、「Go To 商店街キャンペーン」の4つをまとめて「Go To キャンペーン」と言われる需要喚起策。
中でも「Go To Travel キャンペーン」は賛否のある中、今日から始まるようです。積極的に旅行に出かけるような雰囲気ではない気もしますが、どの程度の利用者がいるのでしょうか・・・。観光業の方は人が動かなければどうしようもないので、痛し痒しといったところでしょうか。

明日からは連休です。オリンピックの開会式に合わせて祝日を変更したことによるものです。ちなみに明日23日は海の日(本来は7月の第3月曜日)。明後日24日はスポーツの日(本来は10月の第2月曜日。旧「体育の日」)。
ハッピーマンデーにより、その日付けである理由が失われたため、移動もしやすかったのかもしれませんね・・・。

来年も同様の措置がとられるようです(これを書いている現在、まだ法律で決定しているわけではないようです)。「海の日」がオリンピック開会式前日の7月22日に、「スポーツの日」が開会式当日の7月23日。来年の今頃、無事にオリンピックを迎えることができ、昨年はコロナで大変だったねと言えますように。

今はまだ各自がコロナウイルスと対峙していかなければいけませんね。外出時にはマスクをして、アルコール消毒をしながら、とりあえず自分の身を守らなければいけません。自分の身を守ることが、周りの人を守ることにもつながります。

ウイルスから守るために免疫力を高めることも重要です。サッと思いつくのは食事と睡眠。免疫力を高めるに良い睡眠をとりましょう。睡眠と寝具は切っても切れない関係です。今の時季は掛布団はタオルケットやガーゼケットなどでしょうか。汗を吸収してくれるものを掛けましょう。敷布団はしっかりと体を支えてくれるものを。そして、こちらも敷パッドなどを上手に使って、汗を吸収してくれるものを使いましょう。そのどちらにも対応しているのがパシーマキルトケット。敷パッドにはパシーマパットシーツがあり、敷専用のため厚めにできていますが、キルトケットを敷いて使われても問題ありません。

この夏、幾度となくパシーマを紹介していきます。
一年中使える万能性のあるパシーマですが、今からの季節が最適とも言えます。寝ている間に体にまとわりつくこともなく、汗をしっかり吸ってくれ、洗濯も簡単だからいつも清潔に保てます。

パシーマ最大の欠点は・・・欠品になるおそれがあることです。当店でも常に在庫を持つようにしていますが、状況によってはお取り寄せになる場合もございますので、ご了承ください。洗ったら少し縮むこと、デザインがおとなしいことも欠点と言えば欠点かもしれませんが、それを補って余りある快適性です。

寝具で生活を変える。

例年だったら、今日は海の日(7月の第3月曜日)。今年は東京オリンピックの開会式の当初の予定日の前日にあたる23日(木曜日)に変更されています。今頃はオリンピック前の盛り上がりを見せていたところでしょう。他にもスポーツの日(今年から体育の日はスポーツの日に変更されています。)、山の日が今年に限って日付が変更されています。

例年だったら・・・例年だったら・・・
いろいろなことが当てはまることも、今年は新型コロナウイルスの影響で例年通りとはいかなくなっています。第2波が到来していると言える今、経済を回すためなのか緊急事態宣言は出されないかもしれませんが、緊急事態宣言中のように、我慢できるところは我慢しなくてはいけないですね。休業補償の問題さえクリアできるのであれば、緊急事態宣言や休業要請できるのでしょうが・・・。

平年だったら、梅雨明けは7月19日。そろそろ梅雨明けと言いたいところですが、これまた平年とは違う感じに・・・。しかしもうすぐ梅雨明けには間違いはないはずです。梅雨に関しても、しとしと雨だったのが、ここ数年は梅雨時も豪雨が見られたりと例年とは異なる様子が見られますね。

例年通りが通用しなくなる昨今ですが、末次ふとん店では今まで通り、わたふとんを打ち直し、羽毛ふとんをリフォームし、使えるふとんを仕立て直して、長く大切に使い続けていくという大事な文化を残してまいります。

例年なら使い捨てていたふとん。一年でぺったんこになってしまうようなふとんでは、あなたの大事な体を支えることは難しいでしょう。寝られるというだけで選んでいませんか?
例年とは違っていても、睡眠は必ず、例年通り?とらなければいけません。寝具を変えると眠りが変わる。眠りを変えると、明日の生活が変わります。寝具を変えて、充実した毎日を過ごしましょう。
末次ふとん店ではいろいろなふとんを品揃えし、あなたに合うふとんを見つけます。お気軽にご相談ください。

当店手作り「だっこふとん」

だっこふとん

以前も紹介しましたが・・・隠すつもりはないのに、まだまだ隠れている逸品をご紹介。赤ちゃんを抱っこするためのふとん「だっこふとん」です。

お母さんのにおい、自分のにおいによって赤ちゃんが安心する小さな小さなおふとん、もちろん当店手作りです。赤ちゃんをそのまま寝かせることもできます。抱っこしたまま寝ている赤ちゃんを、ふとんにおろすと急に起きて泣いてしまう背中スイッチ。「だっこふとん」を使えば背中スイッチがオフになりますよ。

また、抱っこに慣れていないご家族の方でも安定感があり、しっかり抱っこできます。新米パパ、ママさんや久しぶりのおじいちゃんもバッチリ!今からの時季だと、お盆休みなど帰省でも活躍!さらに小さなお兄ちゃんお姉ちゃんでも弟・妹をしっかりと抱っこすることができます。

使うと分かる、使わないと分からない?便利さでリピート率が高く、お友達への出産祝・プレゼントとしても大変喜ばれています。

出産祝・プレゼントには、パシーマも人気です!

赤ちゃんのふとんはやっぱり綿がいい!わたふとんを手作りしている末次ふとん店におまかせください。

サイズ変更で扱いやすくなります

このところ、仕立て直しの際にサイズ変更のご依頼を多く承っています。特に羽毛ふとんのダブルサイズをシングルサイズに変更するご依頼が。ダブルサイズが大きくて扱いにくい、生活環境が変わった、など理由はそれぞれです。

羽毛ふとん、通常のダブルサイズは190cm×210cm。一方シングルサイズは150cm×210cm。ダブルサイズで2人で寝ていたとして、1人あたりのサイズは190÷2=95となり、150cmのシングルサイズの方がゆったりします。そのため、ダブルベッドなどでお休みになっている方も、掛ふとんは2人で1枚づつ、シングルサイズ2枚をお使いになった方が快適にお休みになれることでしょう。今の時季は心配ないかもしれませんが、冬はふとんの取り合いになる心配もありませんよ。

サイズ変更に関して、落下防止柵の付いたベッドなどに対応するため、普通のシングルサイズよりも一回り小さなサイズのふとんにお作りすることもできます。
また、一回り小さくなることで軽く扱いやすくなるため、毎日上げ下ろしされる方もラクラクです!

わたふとん、羽毛ふとん共に、末次ふとん店で1枚1枚丁寧に仕立てています。他工場などに任せたりせず、責任をもって自店で仕上げていますので安心しておまかせください。

他店購入品だから、また側生地が破れてしまっているからといって遠慮される必要もなく、お気軽にご相談ください。

敷布団から考えよう

毎日発表される新型コロナウイルスの感染者数。下関からは感染者が出ていないものの、東京などの感染者数が増加しているのを目にすることで、油断はできないなと気を引き締める日々です。
外出時にはマスクが当たり前の日々。まだ本格的な夏前ですが、この暑さでマスクをつけていると一層暑く感じられ、余計に体力も消費しているのではないかと感じています。

そんな体力の消費を回復させるのは、食事と睡眠でしょう。食事は他のお店にお任せするとして、睡眠に関しては末次ふとん店におまかせください。

毎日の睡眠時の身体を支える敷布団。寝具の改善を考える時には最初に手を付けると良いでしょう。毎日6~8時間程度、ほぼ同じ場所で寝ている敷布団。どんなものでも、お値段に関わらず必ずへたってきます。ただ、ものによってへたるまでの時間は大きく変わってきます。安価な敷布団ではへたるまでの時間が短くなる傾向にあります。へたってしまった敷布団で寝続けることは、せっかくの休息の時間である睡眠時間が苦しいものになり、逆に体が痛くなったりと、翌日に影響を及ぼす恐れも。

当店では、わたの手作り敷布団を始め、いろいろな素材の敷布団を取り扱っています。硬さや反発力など、お好みのものがきっと見つかることでしょう。

今日の疲れをいやし、明日の活力をしっかり睡眠で取り戻すことが重要です。お値段だけにとらわれることなく、しっかりと選んで、ぐっすり快眠しましょう!

実際に試し寝もできるようにベッドもご用意しております。
店内、ご来店感謝価格の商品もご用意しておりますので、どうぞお気軽にご来店ください。

その飛沫防止シートは防炎品ですか?

新型コロナウイルスの終息がいまだ見えず、店舗などでは感染防止対策として、レジ回りなど飛沫防止シートを下げているところが非常に多くなりました。
薄いビニールを下げているところ、アクリル板を置いているところなど、お店によってそれぞれです。

不特定多数の人が出入りする施設や病院、高齢者福祉施設等では防炎物品の使用が義務付けられています。その防炎性能は外見では確認することができないため、防炎物品とそうでない物品とを容易に判断するために、防炎物品には「防炎ラベル」が付けられています。

その「防炎ラベル」が付いていない飛沫防止シートを使っているところが多数見られるようです。新型コロナウイルス対策として、まだまだ長く使わなければいけないであろう飛沫防止シート。消防法などの検査は大丈夫でしょうか・・・。

オーダーサイズの透明ロールスクリーン(防炎)

当店では「防炎ラベル」付の透明のビニールカーテンや、透明のロールスクリーン、透明のタペストリーの取扱いもしておりますので、お気軽にご相談ください。ロールスクリーンには規格サイズのものもありますが、オーダーサイズでもお作り致しますので、あなたにぴったりのサイズです。

雨はふとんの天敵

九州を中心とした豪雨。被害が拡大しないように祈るばかりです。被災されたみなさまには心よりお見舞い申し上げます。

雨は湿気をもたらすため、ふとんの天敵と言えますが、ふとんの配達にとっても天敵と言えます。
雨が上がっても、雨上がりすぐは要注意。車から玄関までの間には植木などがある家も多く、雨は降っていないのに、葉には雨の時のしずくが残っていて一層の注意が必要になります。

中には来客や仕事などスケジュールの都合で日にちを変えられず、雨でも配達してと言われる方もいらっしゃいますが・・・。もちろん濡れないようにビニール袋に入れて、十二分に気をつけて配達いたします。

これもすべて気持ち良くお休みいただくため、なさんの寝顔を笑顔にするため。

ただし、雨の日は積極的に配達はいたしません。止まない雨はない、と言います。雨上がりの晴れた日を見計らって配達いたしますので、しばらくお待ちください。