寝具の商品名は、ただ名前だけ・・・。

家電には例えば「ABC-123Z」など、製品には型番があります。これによって同じ商品が簡単に見分けがつき、お店による価格の比較が容易にできます。最近は例えば量販店などでは、本来の機種からある機能を外したり、別の機能を付けたりと、その量販店オリジナルの仕様になり、型番も少し異なり同一商品ではなくなり、比較できないようにしています。

一方ふとんはどうなのか。
柄番や品番などの記載があるものが見られるものの、あまり重要視されていないように思います。
例えば羽毛ふとんなどでは、柄が同じであっても中身の量が違ったりします。他にも柄や色は同じでも生地の種類(綿やポリエステル)が変わっていたり。商品名が同じであっても、細かい所が異なるものがあります。そうなると、同じ商品名なのに値段が違うのも当然です。ただ名前が同じだけ。一方は日本製なのに、もう一方は中国製なんてこともあります。また寝心地が違うこともあったりします。

寝具とは一日の三分の一近くを共に過ごすものです。クリック一つで簡単に購入するのではなく、実際に触れてみて、感触を確かめ、説明を受け購入するものでありたいですね。

末次ふとん店では、品揃え豊富に、あなたにぴったりの寝具をご提案いたします。ぜひお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA