暖かい時に寒い時のことを考えておきましょう

週末にかけて、また冷え込みそうです。
寒い時にはふとんのことを考えますが
しばらくして暖かくなると、もうふとんのことから頭が離れてしまいます。

先日の冷え込んだ日に寒い思いをされた方は、何かしらの対策をされましたか?
まだ1月です。2月にはまた寒い日がやってくるかもしれません。

毛布を重ねるから大丈夫、などというのは最善策ではありません。
毛布はあくまでも補助的な寝具です。

羽毛ふとんなど掛ふとんが十分な暖かさを確保できないから使ってしまいます。
羽毛ふとんだけで寒ければ暖かいカバーをかける。
それでも寒ければ最終的に毛布を使う、という考え方が良いです。

しかも羽毛ふとんの場合は特に毛布との相性があります。

毛布はふとんの上か下か、などという話はよく聞かれます。

羽毛ふとんの上に毛布を掛ける。
というのが期待される答えかもしれませんが

答えは毛布の素材による
というのが本当のところです。

綿毛布
綿毛布

量販店などで一般的に販売されている毛布は、ポリエステルなどの化学繊維です。
こういった化学繊維の毛布は羽毛ふとんの上に掛けて使います。

綿毛布やウールなど天然繊維の毛布は羽毛ふとんの下(中)に入れて使います。
もちろん上に掛けても構いません。

ただ羽毛ふとんの上に掛けて使うと言っても
昔ながらの重い毛布を羽毛ふとんの上に掛けると
ふとんがつぶれてしまい暖かさを保ちにくくなるためおすすめできません。

せめて、一重毛布などの軽い毛布を掛けるようにしましょう。
毛布ではなくても一枚軽い布を掛けるだけで体感は変わるはずです。

毛布一つとっても、寝具選びは眠りの環境に大きく変わってきます。
起きている時間を有意義に過ごすために非常に重要な眠りの時間。
値段だけ見て、パッと買いたくなる気持ちは分かりますが、使い方を間違えると快眠から離れてしまいます。
お気軽にご相談ください。

毛布は最終手段の補助寝具、あくまでも羽毛ふとんなど主寝具を一番に考えましょう。

末次ふとん店・末次羽毛工房オリジナルの羽毛ふとんは暖かさに自信あり!

寒い夜も暖かいふとんでぐっすり!

今年も残りわずか。

今年が終わるのと同時にコロナも終わってくれれば良いのですが
まだまだ長い付き合いになりそう・・・。

さて、今年の冬は突然冷え込んだりして急に寒い日がやってきました。
そして、年末年始は寒波到来により、非常に冷え込むことが予想されています。

先日の冷え込んだ日に
寝ている時に寒かった思いをされた方はいらっしゃいませんか?
末次ふとん店手作りの羽毛ふとん、わた敷ふとんを検討してみませんか?

当店の羽毛ふとんもわたふとんも
手作りしており、暖かいこと間違いなしです!

羽毛ふとんは中身もたっぷり入っており
他店の羽毛ふとんとは別物と言えるくらい暖かいですよ。

カバーや敷パッドなど副寝具で暖かさをアップさせることもできます。
寒い夜でも寒さを感じず、暖かくぐっすり寝ることで体調をしっかり整えましょう。

起毛カバーでひんやり対策

寒い、一気に寒くなりましたね。
暖かくお休みできていますか?

起毛カバー

ふとんに入った時のひんやり感が
耐えられないという方もいらっしゃるでしょう。
そんな時には起毛した素材のものを使うとひんやり感は解消されます。
毛布に敷パッドと起毛した素材のものはいろいろとあります。

毛布の起毛は好きだけど、毛布がずれて使いにくい。
という悩みも存在します。

羽毛ふとんと毛布の関係性(使い方)については
以前紹介しましたが、また後日改めて紹介します。

最近人気のカバーに起毛したカバーがあります。
このカバーを使うと毛布が必要なくなります。

ものによっては、カバーとして使わない(ふとんを入れない)場合は
そのまま毛布のように使えるとうたっているものもあります。

肌触りも気持ちよく、羽毛ふとんとそのカバーだけで暖かくお休みいただけることでしょう。
もちろん羽毛ふとん以外の掛ふとんにもお使いただけます。
毛布がずれて困るという方、一度使ってみてはいかがでしょうか?

末次ふとん店では、毛布やカバーなど寝具全般取り扱っています。

時々わたふとん、羽毛ふとんしか置いてないんでしょ?
などおっしゃる方もいらっしゃいますが
寝具に関する製品はいろいろと品揃えしております。

ふとんは通販などではなく、実際に目で見て購入されることをおすすめします。

寒い時には敷ふとんが重要です!

今週から寒い日が続くようです・・・。
寝ていて寒い時、どうしていますか?

暖かく眠るには、掛ふとんも大事ですが
敷ふとんも非常に重要です。

床からの冷えをしっかり敷ふとんで防ぐ必要があります。

掛ふとんを重ねたり、毛布を使ったりしても
重くなって寝返りも打ちづらくなり寝苦しくなってしまいます。

そこで敷ふとんに目を向けなければいけません。

敷ふとんを重ねる方が、掛ふとんを重ねるよりも暖かくお休みいただけます。
重ねる敷ふとんがない場合、毛布でも体の下に敷いてあげれば暖かさが変わるでしょう。

当店手作りわた敷ふとん

当店手作りのわた敷ふとんは厚みもしっかりあり
暖かくお休みいただけます。

今お使いの敷ふとんの上に敷くと
床からの冷えを一層防ぐことができます。

ただし、いくら下に敷くとは言え
完全に真ん中がへこんでしまっているような
型崩れしてしまったふとんを敷くのはやめた方が良いでしょう。

寒い時には敷ふとんが重要ですが
もちろん掛ふとんをないがしろにして良いわけではありません。
掛ふとんが暖かいうえで
さらに暖かさを求める場合には敷ふとんにも目を向けましょう。

末次ふとん店にお気軽にご相談ください。

ふとんも衣替え

新型コロナウイルスの感染者が相次いでいるお隣の北九州市・・・
下関市も含めて、日常が戻るのはまだ少し先の話のようです・・・。

季節は変わりなく巡り、早いものでもう6月、今日は衣替え。
子供たちの元気な声のする通学路。
最近では1日で一気に衣替えすることなく
一週間前から夏服が多く見られます。

おふとんも衣替えされましたか?
夏の期間に冬布団・羽毛ふとんをお仕立て直ししておくことによって
いざ使う時にはふんわりあったかいおふとんでお休みいただけますよ。
もちろん夏布団や敷布団などのお仕立て直しもいたします。

冬ふとん、毛布などがメインだった店内も
タオルケットや肌ふとん、冷感寝具など夏物寝具へと衣替えしています。

当店では、真夏であっても
毛布など冬物寝具を店内の隅っこの方ではありますが、ご用意しております。
真夏に毛布、シーズンに1枚出るか出ないかですが
専門店としてしっかり対応してまいります。

新型コロナに負けないカラダづくり。
免疫力を高めるには良い睡眠が重要です。
良い睡眠には良い寝具が重要な役割を果たすことでしょう。
末次ふとん店にお気軽にご相談ください。