羽毛ふとん、内容量と側生地の合わせ技

前回前々回と、羽毛ふとんを買う時には
必ず品質表示の確認をしましょう!として
内容量と側生地についてお知らせしました。

念のため、簡単に再確認すると・・・
最近の羽毛ふとんは
内容量は減量されている。
側生地にはポリエステルが使われている。
ということです。

詳細は、前回前々回のブログをご覧いただけますと幸いです。


さて、この内容量の減量についてですが
内容量が減ってしまうと、当然羽毛ふとんのボリュームがなくなり
単純に中身が減っているため、暖かさは劣ってしまいます。
ということはお知らせしましたが
では、なぜそれでも買ってしまうのか・・・。

羽毛の内容量と側生地のポリエステルには
切っても切れない関係性があるんです。

側生地にポリエステルを使うと、価格を抑えることはもちろん
側生地自体の重量を抑えることができます。
側生地だけの重さが、綿のものと比べるとかなり軽くなるため
中身の羽毛の量が減ってもボリューム感を出すことができるんです。

羽毛ふとんには断然おすすめの、というよりも必至な
綿100%の側生地に、最近の主流である内容量が1.1kgの場合
正直なところ、ポリエステルのものほどボリュームが出ません。

ポリエステル85%生地に羽毛を1.1kg入れたものと
綿100%の側生地に羽毛を1.3kg入れたものを実際に比べてみても
ボリューム感にそん色はありません・・・。

ということは、安いポリエステル生地に、中身を少なくして
コストを落とした羽毛ふとんでも良く見えるから
それに惑わされて購入に至ってしまうんです。

量販店や通販では、きちんと説明を受けて理解をした上で購入することなく
自分でレジに持って行く、クリック1つ、で簡単に購入することができます。

末次ふとん店内

当店では、羽毛ふとんを多様に品揃えしているため
実際に目の前で比較しながら、説明して販売しています。
店内価格表示POPにも、側生地と内容量はしっかりと記載しています。

良い羽毛ふとんを購入すれば、長く快適にお使いいただけます。
ポリエステル混生地では、静電気の影響でホコリを呼んでしまい
また、中身の羽毛を傷める可能性も考えられます。

羽毛ふとんを新しく購入する際には
羽毛ふとんは羽毛工房などという名称がつく
自店で手作りしている街のふとん屋さんでのご相談がおすすめです。
下関市近郊では、末次ふとん店・末次羽毛工房に
あなたの羽毛ふとん、安心しておまかせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA