羽毛ふとんを買う時には、必ず品質表示の確認をしましょう!側生地は?

前回、羽毛ふとんの価格を抑える仕掛けとして
内容量を減らしていることをお知らせしました。
以前は1.4kg程度入っていたものが
最近では1.0~1.1kg程度に減量されていると。

その他にも価格を抑える仕掛けがあります。

さらなる仕掛け、それは側生地の品質を下げることです。
かつての羽毛ふとんの側生地は、ほぼ綿100%でした。
綿の品質はともかくとして、ほとんどの羽毛ふとんが綿でした。

高級感を出すために、絹の側生地のものもありましたが
強度に不安があるため、最近では見られなくなりました。
現在、絹の側生地の羽毛ふとんをお使いの方は
側の擦り切れなどが起こっていないか、注意してください。
もし側生地に破れなどが見られる場合でも、リフォームすることで
羽毛ふとんが生まれ変わります。お気軽にご相談ください。

天然繊維である綿の側生地が多かった羽毛ふとんが
ここ数年で一気に変わってしまいました・・・。
綿価格の上昇(高騰)により、ポリエステル混のものばかりです。
一番多いのがポリエスエル85%、綿15%の側生地でしょう。

さらに、それが今ではポリエステル100%のものも見られるようになりました。
綿の割合を減らすことで価格を抑えることができるため
ポリエステル100%に行きついたわけです。
側生地が綿でなくなることで、快適さが低減しムレを感じたり
静電気が発生してホコリを呼び寄せたりと
綿生地と比べるとデメリットが目立ちます。

羽毛ふとんの注意点(通販チラシ)

そんなあの手この手の価格を抑える仕掛けを施すことで
価格をキープしているんです。
そこに、実際に毎日使うお客様のことは考えられていません。
ただ価格を抑えるメーカー(販売)側の都合でしかありません。

羽毛ふとんを購入する際には、タグや品質表示POPなどをしっかりと見て
分からない場合は店員さんに聞き、理解した上で購入するようにしましょう。

羽毛ふとんは羽毛工房などという名称がつく
自店で手作りしている街のふとん屋さんでのご相談がおすすめです。
下関市近郊では、末次ふとん店・末次羽毛工房に
あなたの羽毛ふとん、安心しておまかせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA