衣替え・・・

一般的に衣替えと言えば、学校や会社の制服の衣替えが頭に浮かび
日付としては6月1日が頭に浮かびませんか。
しかし最近は急に暑くなることから
6月を待たずに衣替えしたくなっているような気がしますね。

ここ最近、暖かい日が増えてきてふとんの衣替えをして
すでに冬ふとんを使うのをやめるているかもしれません。
まだまだ冬ふとんの方もいらっしゃることでしょう。
衣替えをすでに済ませた方もまだ少し肌寒い夜もあると思われるため
しばらくは足元にでも備えておく方が安心です。

先日もこちらに書きましたが
夏は、カサの出る冬のふとんをしまう収納場所に困る季節です。
収納するにあたって、面倒くさいからと
適当に押し込んだりしないようにしましょう。

まず大事なのは、収納する前にはしっかり乾燥させておきましょう。
日干しをして、ふとんの中の湿気を放出させることで
収納中の臭いやカビの発生を抑えることになります。

羽毛ふとんも、短時間カバーを掛けて
天日干しをして、湿気を飛ばしておきましょう。

収納する場合も、敷布団の上に掛布団を置くようにします。
敷布団の方が重いため、掛布団の上に置くとつぶれてしまいます。
ふとんをできる限り長く使うためにも
ふとんは優しく扱うようにしましょう。

下関市彦島の末次ふとん店。
ふとんとカーテンの専門店です。
分からないこと、聞きたいことなどありましたら
お気軽にご相談ください。

新年度に寝具を替えてみませんか?

今日から4月、新年度。
新生活を迎えた方、新しい環境には馴染めていますでしょうか。
異動による環境変化もあることでしょう。

明日の生活を支えるのは、今日の睡眠です。
そして睡眠を支えるのは、寝具(ふとん)です。
つまり生活を支えているのは、ふとんなんです。

しっかりとした睡眠が一日の疲れをリセット。
気持ち良く、また新たな一日を迎えることができます。

寝具を一気に変えるのは難しいですが
まずは1つからでも変えてみませんか。
最初に1つだけ替えるとすれば、敷ふとんを替えることをおすすめします。
敷ふとんは寝ている間の体を支える大切な寝具です。
枕よりも敷ふとんを先に替えましょう。

敷ふとんにも素材がいろいろあり、選択肢は様々です。

Bodydoctor

ここ最近では体圧分散に優れているなど
高機能の敷寝具が人気になっています。

機能性の面だけではなく
綿わたふとんのように頻繁に干さなくて良い、など
お手入れの手軽さもあって選ばれる方が多いようです。
ただ、何らかのお手入れは必要ですのでお気をつけください。

手作りわたふとん

日本の気候にぴったりで、一年中使える敷ふとんは
綿わた敷ふとんではないでしょうか。
冬は暖かさに優れています。
そしてこれからの季節、吸湿性にも優れているため、気持ち良く使えます。

最近ではだんだん綿わたふとんが少なくなっていて
手放している方も多くいるようですが
綿わたふとんを捨てるのは非常にもったいないことです。
ベッドの生活になったことも、綿わたふとん離れの一因ですが
ベッドでも綿わたふとんの活躍の場はあります。
また後日、お知らせしたいと思っていますので
それまでは綿わたふとんを捨てないようにしませんか。

綿わたふとんは打ち直すことで、へたってしまっても新品同様によみがえります。
そして新しく購入するよりもお求めやすく、お財布にもやさしい綿わたふとん。
丸々ごみにならず、最近多くとりあげられるSDGs
地球にとっても優しいおふとんです。

末次ふとん店では、昔ながらの綿わたふとんだけではなく
高機能性の敷布団も素材もいろいろ品揃えしています。

下関市彦島の末次ふとん店。
実際に試し寝できるベッドもご用意していますので
お気軽にご来店いただきお試しください。

寝生活の準備

早いもので、来週には4月を迎えます。
こちらのブログでも何度かお知らせしていますが
新生活の寝具の準備、寝生活の準備はいかがですか?

最近は量販店などに、かなり安いものが並んでいます。
セットで全てそろっているものが買いやすいでしょうか。
自分で選んで、レジに持って行って
それを買ってしまえば、もう他には何もいらないようなセットもの。

ただ正直なところ・・・
安いものは安いものである理由がある。
同じ「ふとん」とは言っても
やはり、良いものと安いものは違います。

ここで言う安いものは、安くなっているものではなく、安物です。
良いものが安くなっているのはラッキーです。
ラッキー商品はお買い得です。
ただその見極めは難しいかもしれませんが・・・。

新生活の寝具としても選ばれる、羽毛ふとんを例にすれば
安いものはやはり安いなりの理由があります。
そして結局のところ暖かくないという問題も生じてしまいます。
すると、毛布なり副寝具を用意しなければならず
金額がプラスされ、掛けるものの重さもプラスされます。
または、暖かくないことで
一晩中エアコンをつけなければならないことになるかもしれません。

綿100%の側生地を使い、中身の羽毛の量もたっぷり入っている
当店手作りの羽毛ふとんなどであれば
1枚で十分に暖かく、よく眠ることができます。
エアコンをつけずに済み、体への負荷も少なく疲れも取れ、良いことだらけ。

というメリットを考えると、羽毛ふとんを買う時に生じる
金額差は「高い~」ということにならないのではないでしょうか。

羽毛ふとん

極端な例ですが、上記写真はどちらも一応羽毛ふとんです。
右側は合掛ふとんと呼ばれる少し薄めのものです。
でも、羽毛ふとんと呼んでも問題ありません。
お値段は冬用のものよりも安いですが
冬用と思って買ってしまうと、暖かくありません。
合掛は主に春秋シーズンに使うと良いふとんです。


敷布団に関してもそう。
安いものはやはり安いなりの理由があります。
体をしっかり支えてもらうには
やはりある程度しっかりした敷布団を選ぶ必要があります。
セットの袋の中に入っている状態だけで選ばないようにしましょう。

悩んだ時には店員さんに聞く。
末次ふとん店に聞く。です。
聞くのはタダです。
下関市彦島の末次ふとん店、お気軽にご相談ください。

ふとんとカーテンで新生活応援!

前回、新生活を新天地で迎える方に
慣れ親しんだ地元で、ふとんを用意した方が良いですよ
とお知らせしました。

とは言え、新天地で用意しようとお考えの方もいらっしゃるでしょう。
そんな場合も、末次ふとん店におまかせください。
当店は地元で地域密着で営業してまいりました。
知らない土地かもしれませんが、安心しておまかせください。
市内一円、配達料金も無料にてお届けいたします。

他にも4月から新居での生活を迎えるという方もいらっしゃるでしょう。
市内から市内への引っ越しということもあるでしょう。
寝具などはそのまま使えるにしても
カーテンは、家によって窓の大きさが異なるため
全てのカーテンを再利用することは難しいかもしれません。

当店は末次ふとん店ですが
オーダーカーテンも地域一番価格にて承っております。
一窓からでも、採寸・見積・出張費が無料です。
さらに、標準取付工事費も無料にて承っているので
安心してご相談ください。

滑りが違う、カーテンレールの取付も承ります。
ただお客様が持ち込まれたカーテンレールについては
カーテン製作サイズにも影響がありますので
基本的に取付工事は承っていません。
採寸、見積時にご相談ください。

下関市彦島の末次ふとん店。
ふとんとカーテンであなたの新生活を応援します!

枕と敷布団選びが重要です

新型コロナウイルスの猛威が続いていますね。
ここ下関市は昨日過去最多の感染者数・・・
10代以下の感染者数が多いのが気になるところです。
学校で感染して、家庭に持ち帰って
拡散が続くということになる恐れもあります・・・。

ワクチンだけに頼ることなく
手洗い、うがい、マスクの着用などの感染予防対策を
しっかりと習慣づけて自分で身を守るようにしましょう。

さて、こんなご相談をいただきました。
寝ていて腰が痛くなった、というお悩み。
理由はいろいろと考えられますが
寝ている時に痛くなるのであれば、枕や敷布団の影響でしょう。

枕が自分にあまりにも合っていないものを使っていると
腰のみならず、首や肩、体のどこかが痛くなってしまうことがあります。
オーダー枕を買わないといけない。と思われる方もいらっしゃいますが
オーダー枕は値が張ります。意外に手頃なお値段の枕でも解決できるものです。

当店ではオーダー枕の取扱いはしていませんが
自分で調整できる枕など、多数品揃えしています。
実際に触ってみて、素材や硬さ・柔らかさをご確認ください。

また枕だけに原因があるとは限りません。
敷布団に問題があるかもしれません。
枕を支えているのも、体を支えているのも敷布団です。
お使いの敷布団の硬さ(素材)によって、枕の高さも変わります。
お店でオーダー枕を作っても、家に帰ると全く合わない可能性すら・・・。

敷布団がへたってしまうと、寝ている姿勢が悪くなります。
極端に言えば「く」の字になっている場合もあります。
敷布団のへたりは体を支える力が劣っています。
即、体の不調につながることもありますので
敷布団の買い替えをご検討ください。

当店では、敷布団は綿わたの手作り敷布団を筆頭に
いろいろな素材のものを品揃えしています。
あなたにぴったり、あなた好みの敷布団がきっと見つかります。
試し寝することもできますので、お気軽にご来店いただき
実際に横になってみてご検討ください。

下関市彦島の末次ふとん店。
品揃え豊富に、あなたのご来店をお待ちしております。
お店横に駐車場もあります。