寒さ対策は敷布団にも目を向けて

いかがお休みですか?
今日、明日とかなり冷え込むようです。
寝ている時の寒さ対策をしっかりしておきましょう。

寝ていて寒さを感じる時、どうしていますか?

多くの方が、掛ける方に注目しがちです。

掛けるものを増やす方が、イメージとしてわきやすいのかもしれませんね。
しかも、上にサッと置くだけだから簡単に対応できます。

掛ふとんを重ね、毛布を重ね、それでも寒ければ
さらに毛布を重ね・・・。
毛布を2~3枚重ねているという方もいらっしゃいました。

特に昔ながらの毛布(合わせ毛布)は重いため、寝返りが打ちづらくなったり
そもそも重さで寝苦しくなってしまうおそれがあります。
それでは快適な睡眠をとることが難しくなります。


そこで・・・
暖かく眠るには、掛ふとんももちろん大事ですが
敷ふとんが非常に重要です。

背中を暖かくすれば、寒さを感じにくくなります。
つまり、床からの冷えが上がってくるのを
しっかり敷ふとんで防ぐと、暖かく眠れるんです。

掛けるものを、これでもかって重ねるよりも
敷ふとんを重ねる方が、暖かくお休みいただけます。
重ねる敷ふとんがないという場合は
上に重ねていた毛布を体の下に敷いてあげた方が
床からの冷えを防ぐことができて、暖かさを感じることができます。

敷ふとんの重要性についてお知らせしましたが
もちろん掛ふとんをないがしろにして良いわけではありません。
掛ふとんが暖かいうえで、さらに暖かくするために敷ふとんに目を向けましょう。

手作りわたふとん
当店手作りの綿わた敷ふとん

当店手作りの綿わた敷ふとんは厚みもしっかりあり
暖かくお休みいただけます。
現在、羊毛混の敷布団などを使ってお休みの方であれば
間違いなく暖かさを感じることができます。

敷ふとんはいろいろな素材のものをご用意していますが
綿わた敷ふとんが、人気ナンバーワン商品です!

これから寒さが厳しくなる時季がやってきます。
寒い夜、寝具のことでお悩みでしたら
下関市彦島の末次ふとん店にお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA