今の時季には合掛ふとんです

羽毛ふとんから一気にタオルケットに替える方
いらっしゃいませんか?

真冬でも使える羽毛ふとんは暑くなったからと
夏に使うタオルケットに一気に替えると
寒さに負けて、体調を崩すことになるかもしれません。

今の時季に、もうタオルケット1枚だと
ちょっとまだ涼しいかもしれませんね。
そんな時に重宝するのは、合掛ふとんと呼ばれるふとん。

厚さで言うと
普通の掛ふとん→合掛ふとん→肌掛ふとん
の順番になります。

普通の羽毛ふとんと合掛ふとん

羽毛ふとんの場合は、合掛も肌掛もダウンケットと
ひとくくりにされているかもしれませんが
判断材料となるのは中身の量が違いです。

中身の羽毛の量が、シングルサイズの場合
合掛は0.8kg前後。
肌掛は0.2~0.3~0.4kg。

肌掛も中身の羽毛の高騰と相まって
0.2kgまで減量されていましたが
ここ最近では0.25kgのものが増えてきました。
この肌掛は夏に使うものです。

春・秋シーズンには、少し厚みのある合掛が
非常に便利に使え、おすすめです。

また綿わたの肌ふとんもおすすめです。
綿わたのふとんは側生地も綿100%ですので
吸湿性などにも優れているため、暑くなるシーズンもおすすめ。

季節に合った寝具を使うことが
快眠につながる重要なポイントです。
寝具選びに困ったら
下関市彦島の末次ふとん店にお気軽にご相談ください。
ぴったり寝具がきっと見つかります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA