目玉品の羽毛ふとんは要チェック(要注意?)!

やはり今年も変わらない傾向にあるようです。
もう、以前の羽毛ふとんには戻らないのかもしれません・・・。

安さばかりを追求してしまうと
暖かさを逃してしまう恐れありです。

中身の羽毛の量を調整することで価格を下げて初売りの目玉品にする
なんてことが見られます。

中身の羽毛の量を調整と書きましたが、ズバリ、減らすということです。
単純に原料を減らすことによって、価格を下げています。
価格を下げることで、中身の量が減り、保温力も下がってしまいます。

羽毛ふとん

快適な暖かい羽毛ふとんをお求めでしたら
しっかり中身の入っている(1.3kg以上)側生地が綿のものがオススメです。


しかし、側生地についての記載はチラシを見ても分からず
売り場で値札だけ見ても分かりません。

値札には、羽毛掛布団の文字と価格がメイン。
重要な側生地や内容量を確認したい時は
かばんから取り出してタグを見るしかありません。
最近は内容量については、増量をうたっているものもあるため
記載しているものも見られるようになりましたが
少ないものに関しては、記載しない傾向にあるようです。

タグには確実に、側生地の素材、ダウン率や中身の量などが記載されています。
購入される前には、羽毛ふとんについているタグを確認しましょう。

タグの見方については、以前お知らせしたこともありますが
またお知らせしようと思っています。
もし、見方が分からない、など困ったことがありましたら
お気軽にご相談ください。

当店の店頭に並ぶ羽毛ふとんには
すべて側生地と内容量を記載していますし
もちろん、きちんと説明もいたしますので
安心してお選びいただけます。

下関市近郊で羽毛ふとんのことなら
羽毛ふとんを自店工房で手作りしている
末次ふとん店、末次羽毛工房に安心しておまかせください。

21日金曜日、淳さんの「爆買い☆スター恩返し!」が再放送されるようです。
当店で羽毛ふとんを手作りしているシーンも放送されます。
次回(金曜日予定)ブログでも紹介いたしますが
どうぞご覧くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA