間仕切りによる寒さ対策

先日のブログでは、寝具の寒さ対策についてお知らせしました。
今回は、部屋の寒さ対策について。

ここ数日、また一段と冷え込みました。
年末年始もかなり冷え込みましたし
今シーズンもまだまだ冷え込むことが予想されますね。

最近の新築住宅では、高気密・高断熱などをうたい
家全体を暖めることができるようになりました。
が、まだまだ全体の割合から言えば少数なので
やはり家の寒さ対策を考えなければいけません。

暖かい部屋から寒い廊下へ、などヒートショックを避けるために
家全体を暖めることも大事なことです。
また人がいる所を中心に、無駄なく暖めたいという考えもあります。
そんな場合は、部屋や廊下などを間仕切ることで
暖房効率を上げることができます。

例えば、廊下を間仕切る。
階段の入り口を間仕切る。
大きな部屋を半分に間仕切る。など。


間仕切る時に何をつけると良いのか。
アコーディオンカーテンが一番考えられる方法かもしれません。
かなり、しっかりとした間仕切りですが
アコーディオンカーテンは開いた時、端にたまりが大きいなど存在感があります。
また下地がしっかりした所でなければつけることができません。

間仕切り
カーテンによる、廊下を間仕切り

そこで考えられるのが、カーテンによる間仕切りです。
当店にもアコーディオンカーテンのご依頼があり
実際にお伺いして、いろいろとご相談していくうちに
カーテンによる間仕切りに変更される方も多く
窓以外の所にカーテンを取り付けるということが
思いがけないようで、喜ばれる方が多くいらっしゃいます。

カーテンにすると、たたんだ時も省スペースにまとまり
季節によっては外しておいて、暑い時や寒い時など必要な時だけ
取り付けることができます。
またカーテンですので、洗濯も簡単にすることができます。

末次ふとん店では、ふとんだけではなくカーテンやブラインド
間仕切りなどオーダーインテリア製品も取り扱っております。

ご相談だけでもお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA