羽毛ふとんのダウンの割合と量

寒い季節が終わりを迎えそうな頃ですが、改めて羽毛ふとんについてお知らせ。

羽毛ふとんと一言で言っても、実はいろいろな種類があります。

冬に使う羽毛ふとん
春秋などに使う合掛の羽毛ふとん
夏に使う肌掛の羽毛ふとん。
どれも羽毛ふとんと言えます。

羽毛ふとんは、中身にダウンを50%以上使っていれば、それはもう「羽毛ふとん」と呼んでも良いのです。
産地や品質などは一切関係ありません。

ダウンの割合だけで判断されます。

冬用の羽毛ふとんはダウン85%以上のものがほとんどです。
が、やはり中には70%などといったものも見られます。
町のふとん屋さんには、冬用としてそういった羽毛ふとんの取扱いはないと思いますが・・・。

夏用の肌掛羽毛ふとんなどに関しては、ダウン50%のものは見られます。
夏に使うものなので、高い保温性が求められていないため
ダウン率が低くなっていても問題ないとも言えます。

そして中身の量に関しても1.1kgなど少なくなっていてもダウンが50%以上入っていれば羽毛ふとんです。
当店では冬用の羽毛ふとんの中身として1.4kg入りを標準としています。
羽毛の品質によっては1.2~1.3kgにすることもあります。

夏用の肌掛羽毛ふとんでは中身の量がグッと減って0.3kg入り程度になります。
合掛では0.6~0.7kg程度。

当店では自店で羽毛ふとんを手作りしています。
一般的な合掛よりも少し厚めの0.9kg入りなどで作ることもできます。

羽毛ふとん、通常、合掛

ここまでダウンの割合と量に関して書いてきましたが、羽毛ふとんにはまだまだ大事な点があります。
側生地しかり、羽毛の産地しかり。

これに関しては、また改めてお知らせします。
今までもお知らせしてはきましたが・・・。

羽毛ふとんをお買い求めになられる際には、1枚1枚手作りしている末次ふとん店・末次羽毛工房におまかせください。
これからの時季に考えていただくことになります羽毛ふとんのリフォームも安心しておまかせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA