羽毛ふとんのご相談

羽毛ふとん、こんなご相談が。
「羽毛ふとんの洗濯に失敗したけど、どうにかなりませんか?」

どう失敗したと思いますか?

その1
「洗濯したら、側生地が破れて中身の羽毛が飛び散った。」

これは洗濯機の中が悲惨な状態になります。
排水が目詰まりして、故障につながる恐れも・・・。

洗濯前には、側生地に破れやほつれなどがないか
しっかり確認するようにしましょう。

当店では価格を抑えた仕立て直しとして
お使いのふとんを丸洗いした後に
羽毛を取り出して、新しい側生地に吹き込む方法があります。

この場合、側生地が破れていたり、破れそうな場合には
カバーを掛けて洗浄することになります。
その結果、仕立て直す羽毛ふとんに必要な中身の羽毛を
カバーとふとんの側生地の二重越しに洗浄することになるため
かなり洗浄力が落ちてしまいます。
さらに場所によっては、乾燥も不十分になる恐れもあります。

破れていても破れていなくても
羽毛を直接洗浄するプレミアムダウンウォッシュがおすすめですが
ふとんの側生地が破れて羽毛が飛び散る場合には
絶対的にプレミアムダウンウォッシュを選択するようにしましょう。

羽毛ふとんカバー内あふれ

羽毛ふとんの側生地が破れてしまっていて
カバーをかけて使っていた方が
お値段的なご都合により、丸洗いによる仕立て直しのご依頼。

カバーの中は羽毛であふれていて手の付けられない状態のため
プレミアムダウンウォッシュをおすすめするも
やはりご予算的な問題もあり、丸洗いに。

丸洗い後、羽毛を抜き取るためにカバーを開けてみたところ
カバーの中にさらにカバーが・・・つまり、カバーが二重。
となると、
カバー越しの、カバー越しの、ふとんの側生地越しの、羽毛の洗浄。
洗浄力がかな~り劣ってしまい、乾燥も行き届いていない部分すら・・・。

それでも製品としてでき上がった際には
お預かり前より、ふっくら仕上がりましたので
お客様的には満足していただけたようで安心しましたが・・・。

もちろん足し羽毛や、羽毛の入れ方など
当店で手作りしているので、よりふくらむように考えて作っています。


仕立て直し後も長くお使いになる羽毛ふとん。
羽毛を直接きれいに洗浄するプレミアムダウンウォッシュによる
リフォームをされますと、より気持ち良くお使いいただけます。

下関市近郊で、羽毛ふとんの仕立て直しをお考えの方は
プレミアムダウンウォッシュのリフォームができ
そして自店で1枚1枚手作業で羽毛ふとんを仕立てることができる
末次ふとん店・末次羽毛工房におまかせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA