羽毛ふとんと圧縮袋

羽毛ふとんは圧縮袋に入れてはいけません。特にフェザーの割合が高い場合は、圧縮したら羽軸によって生地に穴が開いてしまいます。前回お知らせしました羽根布団はいわずもがなです。

羽毛ふとんは基本的に購入した際に入っているケースよりも小さくして保管されないことです。また、そのケースも運搬用・体裁用ですので長期保存にはあまり適していません。通気性が良い綿100%の布で包むのが良いでしょう。通気性がなく湿気が多い状態・場所で保管すると、蒸れて臭いを発生したり、羽毛の品質を損なうことがありますのでご注意を。

ということを、羽毛ふとんを使わなくなる季節にお知らせするべきでしたね・・・。もし、圧縮させて破れてしまっても、羽毛ふとんをリフォームすることで新品同様に復活しますので、ご安心ください。

暖かく眠りましょう

末次ふとん店手作りの羽毛ふとん

朝晩急に冷え込みましたね。羽毛ふとんをお使いのあなたへ。

以前もお知らせしましたが「羽毛ふとんだけでは寒い」という場合、羽毛ふとんがお疲れ気味の可能性も・・・リフォームするか、新しく買い替えた方が、これからのますます冷える時季には暖かくて安心です。今回は冷え込みが急なため、必要以上に寒く感じてしまうかもしれませんね。毛布などの副寝具を上手に使って暖かく眠りましょう。毛布と羽毛ふとんの関係については、後日紹介する予定です。

羽毛ふとんは自店で作ることが出来るお店、説明できるお店で購入しましょう。特に昨今の羽毛高騰により中身は少なく、側生地はポリエステルが氾濫しています。これでは残念ながら羽毛ふとんは活きません・・・暖かく快適な睡眠は綿100%の側生地です。

下関市内の量販店等で一般的に販売されている羽毛ふとんは、ほとんどポリエステル混生地のものでした。綿100%の側生地を使った、暖かい羽毛ふとんをお買い求めになりたい方は、お気軽に末次ふとん店までご相談くださいませ。

リフォームするよりも・・・

羽毛ふとんのリフォームのご依頼で時々見られること。現物を見てみると・・・羽根ふとんでした。この場合、リフォームしても暖かくならないし、ふっくらしないので、リフォームよりも新しい羽毛ふとんをおすすめしました。おそらく、かつてとは比べものにならないほど、暖かくお休みになられていることでしょう。

ちなみに、羽根ふとんと羽毛ふとんの違いはご存知ですか?ダウンが50%以上のものが羽毛ふとん。50%未満のものが羽根ふとんです。ふとんを触ってみて、硬い骨のようなものを明らかに感じる場合は、リフォームには適していません。「よく分からない・・・」という方、ご相談はお気軽にどうぞ。

本格シーズン前に判断を・・・

朝晩、涼しくなってきましたね。もう羽毛ふとんをお使いの方もいらっしゃるでしょう。もし今の時季、羽毛ふとんだけではすでに寒い、という場合、その羽毛ふとんはお疲れ気味かもしれません。リフォームされるか、新しくお買い替えされた方が、冬暖かくて安心ですよ。

羽毛ふとんは自店で作ることが出来るお店での購入がオススメです。特に昨今の羽毛高騰、市販品はポリエステルが氾濫しています!

羽毛ふとん情報も続々とアップする予定です、よろしくお願いいたします。

環境衛生週間

毎年9月24日~10月1日は環境衛生週間(週間といいながら8日間)です。標語は「ごみ減量 みんなで進める リサイクル」―ゴミゼロ型社会をめざして―

ふとんも使い捨てではなく、リサイクル・リユースできるわたふとんを!羽毛ふとんも仕立て直しができるんですよ。

ふとんは粗大ごみ1位?地球環境のことも考えると、化学繊維のものよりも、天然繊維のふとんを選びましょう。中でも、わたのふとんはリサイクルができますので、環境に優しいふとんと言えますね。もちろん、吸湿性などに優れるわたは私たちの体にも優しいものですよ。

ふとん仕立て直しの納期について

わたふとんの打ち直しは、現在おかげさまでご依頼が多く、2週間程度必要であるため、余裕を持ってお出しいただけると幸いです。お急ぎの方は、順番を前後して対応いたしますのでご相談ください。
当店のわたふとんの打ち直しは、打ち直しの機械と側生地縫製のミシンを除いて一切の機械を使っておらず、1枚1枚職人の手作りにこだわっていますので、どうしてもお時間をいただいております。

また、羽毛ふとんの仕立て直しの納期は

  • プレミアムダウンウォッシュ(完全洗浄)は20日程度
  • 丸洗い後側交換(簡易洗浄)は10日程度
  • 側交換(洗浄なし)は2~3日

を目安にお考えください。

恐れ入りますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

梅雨が明け、おふとんのお手入れの季節です

例年、梅雨が明けるとおかげさまで、おふとんの仕立て直しのご依頼が多くなってきます。当店では、わたふとん、羽毛ふとん共に手作りで仕上げているため、お預かりして2週間程度いただいております。特別お急ぎの場合は、順番の差し替えなどで対応いたします。

ふとんを手放したくないシーズンに2週間程度、お手元から離れるのは厳しいですよね。だから、あまりおふとんを使わない時季は、それまで使っていたおふとんをお手入れするチャンスです。今年もよろしくお願いいたします。

「お盆までにできますか?」

例年、梅雨が明ける頃から8月の頭にかけて、わたふとんのお仕立て直し(打ち直し)のご注文をいただく際に質問されます。帰省される息子さんやお孫さんのためにお仕立て直しされることが多いようです。

「まだまだ間に合いますよ。」

当店では彦島に自店工場を構えているため、早急な対応ができるんです。そして自店工場のため、早いだけでなくお求めやすい価格でのご提供が可能なんですよ。

羽毛ふとんのリフォームも間に合いますが、時期的なことから羽毛ふとんについては、あまり聞かれることはありません・・・。時間をかけて、プレミアム洗浄でしっかり洗浄されることをおすすめします。

仕立て直しの際に、サイズ変更も

わたふとんの打ち直し、羽毛ふとんのリフォーム、どちらもダブルサイズをシングルサイズにお仕立て直しすることができます。生活環境の変化からダブルサイズからシングルサイズにする方が多く見られます。1人で使える占有サイズもシングルサイズの方がゆったりするため、ダブルサイズでお休みなっている方も、掛ふとんは2枚、2人で1枚づつお使いになるのはいかがでしょう。

ダブルサイズ1枚の場合、体感温度の違いなどからおふとんの取り合いになることはありませんか?素材的な問題もあるかもしれません。私は羽毛が良い、いや私はわたが良い、など。また重い方が良い、などなど。

ただし、ダブルサイズ1枚をシングルサイズ2枚にされる場合、中身の不足分としてプラス料金をいただくことがございます。羽毛ふとんの場合、中身だけで言いますとダブルサイズは1.9kg入り。シングルサイズが1.4kg入り。シングルサイズ2枚だと1.4×2枚で2.8kg必要になります。そのため2.8-1.9=0.9kg不足することになりますので、足し羽毛料金をいただくことになります。

また、羽毛ふとんについて、2枚合わせのものを1枚に仕立て直すこともできますよ。

一律「200g」追加なんてことはありません

羽毛ふとんのリフォーム。
プレミアムダウンウォッシュなど、洗浄した場合には、羽毛がちぎれてくずになったり、ごみなどが出るため、どうしても羽毛の目方が減ってしまいます。そこで新しく羽毛ふとんに仕立て直す際に、新しく羽毛を追加する必要があります。

減る分量は、元々の羽毛のヘタリ具合や、中の羽毛の程度によって羽毛ふとん1枚1枚変わってきます。中には、羽毛ふとんのタグ表記に1.4kg入りと記載が有るにも関わらず、1.6kg近く充填されているものもありました。逆もしかり1.2kg程度しか入っていないものも・・・。

そんな1枚1枚異なる羽毛ふとんに、一律200gの新羽毛を追加するなんてことは、羽毛ふとんと向き合っていないことになります。無条件で一律200g追加してしまうと、羽毛ふとんがパンパンにふくれあがったりして、寝心地などを無視することになります。

一律200g追加の方が、流れ作業のように、手間なく簡単に作ることができますが、当店ではお使いになる方のことを十分に考え、1枚ずつ追加する新羽毛を計算し、より暖かく快適にお使いいただけるように作っています。

同じ羽毛ふとんリフォームでも、洗い方や作り方には、それぞれ違いがあります。どうぞ、お値段だけにとらわれず、長い目で見たお仕立て直しをご検討ください。

新しい羽毛ふとんや羽毛ふとんのリフォームは、全国にあります羽毛工房と呼ばれるような、自店で羽毛ふとんを作るお店での購入をオススメします。下関近郊では「末次羽毛工房」をよろしくお願いいたします。