2月3日=節分?

今日は節分。ふとんから離れた、誰かに話したい節分の豆知識?をご紹介。
恵方巻きは食べますか?今年の恵方は「西南西」です。

この恵方、実は4方向しかないってご存知ですか?しかも4方向が5年周期でぐるぐる回っているんです。だから、来年の恵方も決まっていますし、10年後も20年後も決まっています。

恵方の決め方は、十干(じっかん)という暦に基づいて決められています。しかも、恵方とされる方角は16方位中、4つの方角しかありません。
十干(じっかん)とは「甲乙丙丁戊己庚辛壬癸」の10種類。十二支(じゅうにし)である「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」の12種類と併せて干支(えと)を表すのに使うものです。今年の干支は庚子(かのえ・ね)です。庚の年の恵方は「西南西」だから今年は「西南西」。

4方向で5年周期・・・南南東の頻度が他の恵方より少し多めになっています。ちなみに4方向は「東北東、西南西、南南東、北北西」です。順番は東北東→西南西→南南東→北北西→南南東→最初の東北東に戻る→・・・です。来年の恵方は「南南東」です。

なお、節分の日にちも毎年2月3日とは限りません。2025年(令和7年)は2月2日になりますよ。1984年まで、うるう年の節分は2月4日でした。覚えていましたか?

と、ふとんと関係ないことを紹介してきましたので、最後に少しふとんのことも・・・。
恵方巻が食品ロスの問題もあり、予約制になったりしていますね。限られた資源を有効に活用するためにはやはりロスは避けたいものです。せっかくの食品がごみになってしまってはもったいないことです。ふとんも使って捨てていては、ごみが増えます。ふとんは粗大ごみナンバーワンとも言われています。

当店では、わたふとんと羽毛ふとんに関しまして、わた打ち直しや羽毛ふとんのリフォームなどで、お使いのふとんを仕立て直して再利用することをおすすめしています。仕立て直しますと、ごみとなる部分は周りの側生地と、使えない一部分の中綿だけですみます。しかも昨今のふとんは以前のものに比べ、品質が低下しているものがあります。使えるものは上手に再利用して、気持ちよく眠りたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA