敷布団から考えよう

毎日発表される新型コロナウイルスの感染者数。下関からは感染者が出ていないものの、東京などの感染者数が増加しているのを目にすることで、油断はできないなと気を引き締める日々です。
外出時にはマスクが当たり前の日々。まだ本格的な夏前ですが、この暑さでマスクをつけていると一層暑く感じられ、余計に体力も消費しているのではないかと感じています。

そんな体力の消費を回復させるのは、食事と睡眠でしょう。食事は他のお店にお任せするとして、睡眠に関しては末次ふとん店におまかせください。

毎日の睡眠時の身体を支える敷布団。寝具の改善を考える時には最初に手を付けると良いでしょう。毎日6~8時間程度、ほぼ同じ場所で寝ている敷布団。どんなものでも、お値段に関わらず必ずへたってきます。ただ、ものによってへたるまでの時間は大きく変わってきます。安価な敷布団ではへたるまでの時間が短くなる傾向にあります。へたってしまった敷布団で寝続けることは、せっかくの休息の時間である睡眠時間が苦しいものになり、逆に体が痛くなったりと、翌日に影響を及ぼす恐れも。

当店では、わたの手作り敷布団を始め、いろいろな素材の敷布団を取り扱っています。硬さや反発力など、お好みのものがきっと見つかることでしょう。

今日の疲れをいやし、明日の活力をしっかり睡眠で取り戻すことが重要です。お値段だけにとらわれることなく、しっかりと選んで、ぐっすり快眠しましょう!

実際に試し寝もできるようにベッドもご用意しております。
店内、ご来店感謝価格の商品もご用意しておりますので、どうぞお気軽にご来店ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA