晴れている時にふとん干し、おすすめの時間は?

梅雨期間中ですが、ここ数日晴れの日が続いていますね。
明日からはまた雨の日が続くようです。

そこで、今日
ふとんを干しておこうという方もいらっしゃることでしょう。
ふとん干しは
ふとんに湿気をため込まないようにするために
非常に重要なことです。
太陽の力を借りて、湿気を放出させましょう。

一日中、ふとんを干すと気持ち良い!
って思いますよね・・・

実は、長く干せば良いということでもありません。

年間通じて湿度の高い低いはありますが
1日でみると、湿度は朝10時から下がり始め
15時から再び上がり始める傾向にあります。

というわけで、朝10時から14時くらいまでが
ふとん干しのゴールデンタイムと言えます。

時季的に、もうお使いの方は少ないかもしれませんが
羽毛ふとんは月に1~2回、1~2時間程度で十分です。

羽毛ふとんを干す際には
カバーをかけたまま干してあげると良いでしょう。

羽毛ふとんの生地は繊細です。
引っ掛けるなどして、側生地に穴が開いたりすることを避けなければならないからです。
破れてしまうと、側生地を交換する仕立て直しをするしか方法はありません。

その他のふとんも、4時間程度で十分です。
長時間干すことにより、ふとんの側生地や中身を傷めることにもなります。

今の時季でも暑いですから
干してから寝るまでの時間が短いと
寝る時に熱を持ったふとんで寝ないといけない
かもしれなくなりますのでその点も考慮してください。

使わないふとんも暖かいまま押入れなどにしまうと
結露などのおそれもありますので
やはり少し熱が冷めてからしまうようにしましょう。

また、ふとんを干す時に
パン!パン!とふとんをたたいているかもしれませんね。

これは「ふとんたたき」というネーミングがいけません。

側生地や中身を傷めることになります。
たたくのではなく、表面についている汚れを落とすために
サッサっとはらってあげるようにしましょう。
干した後に部屋で掃除機をかけてあげるのもおすすめです。

ベッドマットレスなども理想を言えば
ベッドとの間の湿気を放出させるために
マットレスを立てかけるなどをした方が良いですが
いかんせん重いです。
扱いには十分気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA