雨の日はふとんの配達が要注意です。

昨日の下関は久しぶりに雨の一日。パラパラっと降る日はありましたが、一日中目立ったのはいつ以来なんでしょう。9月24日が雨だったようですが、それでも1ヶ月近くなかったとは・・・。昨今は降る時には豪雨になったりと、加減知らずなことが多いような気もしますが、適度な雨は必要ですね。

適度な雨は必要と言いながら、雨はふとんの配達の天敵なんです。ふとんを濡らすことは避けなければいけません。だいたい世の中の商品は傘など雨具以外は雨に濡らしたくないものばかりですが・・・。

雨が上がっても、雨上がりすぐは要注意です。配達先で車から玄関までの間には植木などがある家も多く、雨は降っていないのに、葉っぱには雨の時のしずくが残っていて一層の注意が必要なんです。予想外の所で濡れてしまう恐れがあります。

中には来客や仕事などスケジュールの都合で日にちを変えられず、雨でも配達してと言われる方もいらっしゃいますが、そんな時はもちろん濡れないようにビニール袋に入れて、十二分に気をつけて配達しますよ。ふとんを入れる大きなビニール袋を用意しています。レジ袋など、梱包袋が有料化していますが、雨の日のビニール袋は無料です。なお、ビニール袋が濡れてしまっている場合などは、玄関の中に入ってから袋から取り出してお渡しすることもあります。

これもすべて気持ち良くお休みいただくため、みなさんの寝顔を笑顔にするために。末次ふとん店手作りの暖かいふとんで快適にお休みください。

そして雨の日は運転にも注意しなければいけません。みなさまも雨の日は特に安全運転を心がけましょう。

羽毛ふとんをチェックしておきましょう。

日中はまだ暖かい日もありますが、朝晩は冷えを感じるようになりましたね。日中と同じ感覚で眠ってしまうと、体調を崩しかねません。暖かくして寝るようにしましょう。

本格的な寒さを迎える前に、昨シーズン使っていた羽毛ふとんを確認しておきましょう。使い続けていた昨シーズンには気づかなかった不具合、不満が出てくるかもしれません。例えば、えり元の汚れやふんわりしていないなど。首回りが当たる辺りの長年の染み込んだ汚れはクリーニング(丸洗い)では落ちないことも考えられます。そして長年使い続けた中身の羽毛の皮脂汚れなどは、ふとん丸洗いでは十分に落としきれずに、ふっくら戻らないかもしれません。

当店では、羽毛ふとんは側生地を交換することができますので、どんなにえり元が汚れていても新しい側生地に替えてしまえば問題ありません。
そして中身の羽毛に関しては、丸洗いでは落とすことができない汚れであってもプレミアムダウンウォッシュという洗浄方法により、中身の羽毛を取り出して、専用洗浄機で取り出した羽毛だけを洗うので、中身の羽毛が新品同様に生まれ変わります。

ふとん丸洗い後に羽毛を取り出す簡易洗浄による仕立て直しも承っていますが、でき上がり後、長い間使う羽毛ふとんですので、プレミアムダウンウォッシュによって今までの汚れをしっかり洗われることをおすすめします。
ただし、現在日数が20日程度かかりますのでご注意ください。

羽毛ふとんは羽毛工房などと呼ばれる、自店で羽毛ふとんを仕上げるお店での購入、リフォームをおすすめします。機械任せではなく、そのお店で1枚1枚仕上げますので、より暖かな羽毛ふとんでお休みいただけます。
下関市近郊では、末次ふとん店・末次羽毛工房におまかせください。

吸湿性を考えた寝具選び

昨日の日曜日は「孫の日(10月第3日曜日)」でした。日本百貨店協会が消費喚起を図ろうと、1999(平成11)年に制定されたようです。あまり普及していないように思いますが、いかがでしょう。

小さい子どもや赤ちゃんは代謝が良く、寝ている間には大人よりも多くの汗をかきます。眠りは成長に欠かすことのできない大切なことですので、ぐっすり眠れる環境を作ってあげることが大切です。もちろん親、大人世代も眠りを大切にしなければいけません。翌日以降の生活に影響が出ること大です。

吸湿性などに優れる綿のふとんが良いのですが、巷にあふれるのはポリエステルのふとんです。羽毛ふとんに関しても、側生地がポリエステル混のものばかり。量販店などに関しては、ポリエステル混のものだけ、と言えます。羽毛ふとんの側生地は綿100%のものを選ぶようにしましょう。

パシーマ

吸湿性が劣っていると、寝ている間にふとんを蹴ってしまってふとんをはいでしまうことも。そしてふとんを掛けていなくて、寒さを感じて寝られないなんてことにもつながります。吸湿性に劣るポリエステルのふとんの欠点を補うには、パシーマなど吸湿性に優れた副寝具で改善してあげましょう。

当店一貫!わた打ち直し~仕立て直し

わた打ち直しの流れ
わた打ち直しの流れ

わたふとんを自店で手作りしているというお店が少なくなってきました。わたの打ち直しを自店でしているお店はさらに少なくなってきました。打ち直しを別の工場にお願いして仕立てだけ自店でしているところ、さらに、ふとんの仕立てまですべて他に任せているところが多くみられます。

末次ふとん店では、お預かりしたふとんを打ち直してから仕立て直すまで、一貫して自店で行っております。
そのため、ふとんから綿まで全て自らの目で確認して打ち直していますので、より細かな対応ができます。そして仕立ても全て当店職人の手作業にて行っていますので、機械づくりではない丁寧な仕立て上がりです。

ただ、全て手作業にて行っているため仕立て上がりまで日数がかかってしまいます。現在、大変多くのご注文をいただいているため2週間~の日数をいただいております。涼しくなって、ふとんが恋しくなってきました。少しお待たせすることになりまして申し訳ありません。

ふとん仕立て直しの納期について

先月末あたりから急に涼しくなったこともあり、おかげさまで現在ふとんのお仕立て直しのご依頼が多くなっております。

わたふとんの打ち直しは、2週間~程度必要になるため、余裕を持ってお出しいただけると幸いです。
当店のわたふとんの打ち直しは、お預かりしたわたふとんをほぐすための打ち直しの機械と側生地縫製のミシンを除いて一切の機械を使っておりません。
1枚1枚職人の手作りにこだわって仕上げていますので、どうしてもお時間をいただいております。

羽毛ふとん、仕立て直しの納期は羽毛の洗い方によって異なります。
プレミアムダウンウォッシュ(中身を取り出して洗う完全洗浄)は20日程度
丸洗い後側交換(お使いのふとんのまま丸洗いする簡易洗浄)は10日程度
側交換(お預かりしたままの洗浄なし)は2~3日
を目安にお考えください。
羽毛ふとんは、当店で自店の羽毛ふとん製造機械を使い、1枚1枚手作業にて仕上げています。

これから冷え込みふとんがますます恋しくなる季節の前に、ふとんのお手入れをしておきませんか?

例年とは違っても、寝ることは変わらない。

例年だったら、10月の第2月曜日の今日は「体育の日」。今年から体育の日はスポーツの日に。そして今年に限り、東京五輪の開会式にあたる7月24日に移動されたため、今日は平日に。ちなみに体育の日(10月10日)は前回(1964年)の東京五輪の開会式にあたる日でした。

例年通りが通用しなくなる昨今ですが、これからますます涼しく冷えることは間違いありません。お使いの寝具も今お使いのもののまま冬を乗り越えるのは厳しい事でしょう。しっかりと冬支度をしなければいけません。

あなたの大事な体を支える寝具を「寝られる」というだけで選んでいませんか?寝具を変えると眠りが変わる。眠りを変えると、明日の生活が変わります。寝具を変えて、充実した毎日を過ごしましょう。

末次ふとん店ではいろいろなふとんを品揃えし、あなたに合うふとんが見つかります。お気軽にご相談ください。

考え方いろいろ・・・

みなさん、各々考え方が違います。
例えば枕1つとってみても、硬い方が良い。いや、やわらかい方が良い。パイプはちょっと・・・低反発、高反発が良い。などなど。

いろいろご相談に乗らせていただきますが、やはり最後はお客さまご自身が納得していただくことを重要視しています。

例えば、硬い枕が良いのに、やわらかい枕を押し付けるなんてことはありません。夏場でしたら、冷感敷パッドをお求めにご来店いただいた方とお話しして、パシーマをお買い求めいただくことはあります。これからの季節でしたら、毛布について説明いたします。天然繊維の毛布について、ポリエステル毛布、アクリル毛布の違い、そして合わせ毛布、一重毛布など。

店舗を持ち、お客さまと顔を合わせている以上、気持ちよくお買い上げいただきたいものです。そして、気持ちよくお休みいただけることを望んでいます。
寝具、ふとんをお求めになっているのではなく、安眠・快眠をお求めになっているのだから。

下関市彦島の末次ふとん店。幅広い品揃えと安心の接客でみなさまのご来店をお待ちしております。

枕のお手入れ

先日は枕カバーをきれいにしましょうとお知らせしました。枕カバーは頻繁に洗濯している、という方も多いことでしょう。非常に大切なことです。では、枕本体のお手入れはされていますか?

カバーだけではなく、枕本体もしっかりお手入れすることが大切です。簡単に言うと、パイプ枕であれば水洗い。低反発などウレタン系は干す(陰干し)。枕は基本的に、日干しよりも陰干しの方が素材を傷めません。特にウレタン系の日干しは避けてください。劣化を早めてしまいます。

割れたパイプ

そして、枕自体にも寿命があります。あまりにへたってしまった枕では頭を支えきれないかもしれません。パイプ枕では中のパイプが割れていたりすることもあります。

枕は頭を支えているため、目や鼻、口など敏感な身体の部位が触れるものです。そのため衛生面は、しっかりと考えたいものですね。

当店ではふとんだけではなく、枕に関しましても、素材も様々取り扱っております。実際に触ってみて、自分のお好みの枕を見つけませんか?

枕カバーをきれいに

意外に見落としがちな枕カバー。夏の間、頭にかいた汗を吸ったり、汚れてしまった枕カバー。頭は汗をかきやすいため、寝ている間にも汗をかいています。また皮脂汚れなどもついてしまっています。見た目では分からなくとも、意外に汚れているのが枕カバーなんです。

また、こまめに洗っている方も、洗ってくたびれてしまっているものもあるでしょう。洗われて柔らかくしなやかに気持ち良くなっているかもしれませんね。

異常なほど暑かった夏の疲れをいやすためにも、きれいなカバーで気持ち良くぐっすり睡眠が欠かせません。

末次ふとん店では、枕カバーなども取り扱っております。
時々「おたくはカバーは置いてないんでしょ?」なんてお声もいただきますが・・・ふとんカバー、枕カバー、座布団カバーなど各種取り揃えております。

羽毛ふとんの購入をお考えの方へ

衣替え、そして朝晩急に涼しくなり、羽毛ふとんのシーズンがやってきます。

ご自分が毎日使うための羽毛ふとん、側生地は羽毛ふとんの良さを発揮させる「綿100%」のものをお選びください。

最近はポリエステル混生地がほとんどです。寝心地より価格を抑えるためにポリエステル混生地を使っています。チラシには側生地の表示すらされていません。書いてあるのは主にダウン率の%とダウンパワー。例えば、ダウン85%、ダウンパワー350cm3/gなど。

そして、中身の量が書いてあるのはまだ良心的です。が、その中身の量も注意が必要です。また後日お知らせしますが、1.1kgでは少なすぎます!当店の羽毛ふとんは、基本的に1.3~1.4kg入りの非常に暖かい羽毛ふとんです。

良いものが安くなっているのであればうれしい限りですが、側生地の品質を落とし、中身を減らし、あの手この手で安く見せかけている羽毛ふとん。値段だけで判断することなく、お気軽にご相談ください。

そして、羽毛ふとんは自店で責任をもって作っている羽毛工房などと呼ばれる地元のお店での購入をおすすめします。下関市近郊の方は、地域密着の末次ふとん店に安心しておまかせください。