羽毛ふとん、片寄りチェック

39県で緊急事態宣言が解除されてから2週間が経ちました。お隣、北九州市に第2波の恐れがありますね。関門海峡、海の向こうですが対岸の火事とせず、下関でも各自が気をつけなければいけません。これから暑くなる季節ですが、まだマスクが手放せない日々が続きそうですね。

羽毛ふとんを片付ける前にいろいろとチェックしてみませんか。状態によっては、お手入れ(側交換やリフォーム)してあげましょう。来シーズン、より良い状態でお使いいただけます。

羽毛ふとんの中身が片寄っていませんか?
羽毛ふとんの中のマチ部分が破れたりしていると、マス目を無視して羽毛が移動してしまいます。マス目ごとに手で優しく押さえて、どのマス目にもしっかり羽毛が入っていることを確認してください。

また、マチ部分が破れていなくても、羽毛ふとんを踏んだり無理に押さえたりすると、中身の羽毛は移動してしまいますのでご注意ください。

当店では、羽毛を取り出して新しい側生地に仕立て直しますので、片寄っているものでもお仕立て直しできます。

片寄りレベルを超えるような羽毛ふとんも紹介する予定です。

末次ふとん店では、羽毛ふとんも自店で作っています。他の多くの店のように、羽毛ふとんのすべての作業を丸投げしているわけではなく、1枚1枚手作業でお作りいたしますので、安心しておまかせください。

ふとんのメンテナンスシーズンがやってきます。

お隣、北九州市で3日間で12人が感染・・・第2波の入り口に立っている状況のようです。下関市と北九州市は密接な関係で、人の往来も盛ん。何とか感染を封じ込めてほしいものです。
当店にも時々ではありますが、北九州市からお客様がいらっしゃいます。下関から引っ越した方。実家が下関にある方。ホームページやFacebookを見たからとおっしゃってくださる方。まだ、このブログを見たよという方がいらっしゃらないのが残念なところですが(北九州に限らず、下関の方にもいまだ・・・)細々と続けていくときっと反応があるはず、と信じながら今後も続けていきたいなと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。なお、基本的に北九州市内のお客様はご来店いただいた方のみの対応とさせていただいておりますので、ご了承くださいませ。

さて、かなり暑くなってきましたね。ふとんのメンテナンスシーズンがやってきます。暑いとふとんは使わないよという方は非常に多く、その間に冬ふとんのお手入れをしておくと、今年の年末、寒い冬に暖かくお休みいただけますよ。
当店では、ふとんは使い捨てではなく、長く使うものと考えています。仕立て直して使えるものを購入され、仕立て直しながら長くお使いいただきますと、地球にもお財布にもやさしいこと間違いなしです。そして、わたふとん、羽毛ふとんは当店で手作りしていますので、暖かさはもちろんのこと、手作りのぬくもりも感じられることでしょう。
おふとんを購入される前には、お手入れできるふとんか?という視点からも選んでみてはいかがですか?

下関市近郊の寝具のことなら、末次ふとん店におまかせください。

春・秋用のふとん、扱いやすくておすすめです。

ついに緊急事態宣言が全面解除になる見込みですね。一日も早く日常を取り戻したいですが、コロナが終息したと勘違いしてしまい、第二波が来ないことを願うばかり。まだ自粛が必要かもしれませんが、緊急事態宣言が解除されると聞くと、気分が明るくなれるだけでも大違いですね。

自粛をしている間に季節が移り変わり、ここ数日、日中は特に暑さを感じるようになりました。もうすぐ衣替え。夏ふとんの準備はいかがですか?

冬用の羽毛ふとんから一気に夏仕様、タオルケットなどに変えるという方が多いのでしょうか。そんな季節変わりの時季には、肌ふとんがおすすめです。通常、冬用の羽毛ふとんの中身の量は1.3~1.4kgです(最近は1.0kg入りなど少なくなっていますが・・・これについては今までもお知らせしてきましたし、これからもお知らせします)。今の時季に適した羽毛ふとんは0.6~0.8kg入りのものです。秋から冬にかけても使え、使う人によっては夏場も使える、非常に扱いやすい羽毛ふとんでおすすめです。

羽毛ふとんだけなく、薄めのわた肌ふとんもおすすめです。

ふとんを収納する時は、しっかり乾燥させてから。

季節変わり、ふとんの準備はお済みでしょうか?と書きながら、今回は準備ではなく収納時の注意点を。

冬ふとんを収納する前には、しっかりと乾燥させてから収納するようにしましょう。干して十分に湿気を飛ばしてから、通気性の良い袋や布、カバー(綿100%のもの)などに包んで、湿気の少ないところにしまってください。梅雨時季を迎えると、湿気を飛ばすことが難しくなりますので、今の時季にしっかり乾燥させてあげましょう。
以前ブログでお知らせしましたが、圧縮袋は長期間圧縮したままですと、ふとんが元通りにふっくら戻らないこともありますので、なるべく使わない方が良いでしょう。引越しの時など一時的に使うには便利なものですが・・・。
押し入れなどはスノコを敷いておくと、ふとんとの間に隙間が生まれ、通気性が保たれ、湿気を抑えることができます。

また、パシーマのように一年中快適に使えるものをお使いになりますと、収納する必要がなくなりますよ。

収納する時に、今まで使っていたふとんに「ん?」と思ったら、仕立て直しはいかがでしょうか?わたふとん、羽毛ふとんでしたら新品同様によみがえりますよ。

また、夏ふとんを出した時に「ん?」と思っても、当店にはわたふとん以外にもタオルケットや敷パッド、冷感寝具など寝具全般取り揃えていますので、お気軽にご相談ください。

下関市近郊の方、ふとんのことなら、下関市彦島の末次ふとん店におまかせください。

今も多くの方が、わたを打ち直しています。

営業再開など、少しずつ日常が戻っているニュースが届くようになってきましたね。確実に収束に向かいつつありますが、今後も油断することなく、マスク着用など自分ができることを続けていくことが、コロナ感染の影響を続かせないことにつながります。
不織布マスクなど、使い捨てのマスク販売を目にする機会が多くなりました。布マスクが不織布のものよりも肌にやさしいと、当店手作りの布マスクを今もお買い求めいただいております。ありがとうございます。

続けることの難しさ。
当店では、わたふとんの打ち直しを行っております。最近では耳にしなくなってしまった「わたふとんの打ち直し」って何だろう?
わたの打ち直し。わたの作り直し。わたの仕立て直し。わたのリフォーム。
昔から続いている打ち直しですが、続けているお店も少なくなりました。今風の言葉では、何と言うのが伝わりやすいのでしょうか・・・。

わたの打ち直しとは、長くお使いになって硬くなり、ボリュームもなくなってしまったわたふとんを解体し、わたをほぐして新品同様にふっくらとよみがえらせることを言います。そしてそのふっくらよみがえったわたを新しい側生地に仕立て直すことで、ふとんとして復活します。

つまり、側生地も新しくなり、中身だけではなく、見た目もばっちり新品同様によみがえります!

末次ふとん店では今も、下関市彦島にある当店工場においてわたを打ち直して、当店職人が一枚一枚手作りでふとんを仕立てています。手作りの良さ、温かさを続けています。

最近では、羽毛ふとんも当店工房で仕立て直すことができるようになりました。
今お使いのふとん、仕立て直して、長く使い続けていきませんか。

店内、ごゆっくり悩めるチャンスです。ご来店お待ちしております。

緊急事態宣言解除後、初めての週末。人のにぎわいが戻ってきたとのニュースを目にしました。自粛自粛が続き、我慢の限界がきているのかもしれませんが、もう少し気を緩めずに過ごすようにしなければ、第2波と呼ばれる厳しい現実がやってくるおそれがあります。人と接することで感染してしまうのに、人混みに突っ込んでいく無謀さ・・・。風邪やインフルエンザのように、なるべく人混みを避けるようにするしかウイルス感染を防ぐ術がないように思いますが、各地で混雑が発生し始めてしまっているのは良くないことのように思います。

また、これから暑くなる季節柄、マスクの使用を避けてしまいがちになりますが、当店では今後もマスクを着用して営業してまいりますので、よろしくお願いいたします。

これまでもお知らせしてきましたが、ウイルス対策には各自が免疫力を上げることが重要です。その免疫力アップには良い睡眠をとること。そして睡眠には寝具が非常に重要な役割を果たしています。

末次ふとん店内

当店では悩んでいるあなたのために、最適な寝具をおすすめしてまいります。新型コロナウイルスの影響により、現在、来店されるお客様が非常に少なくなっております。チャンスです。人混みと無縁(悲しいことですが・・・)の店内でごゆっくりふとんについて相談できるチャンスです。

寝具改善のための仕立て直し(わた打ち直しや羽毛リフォーム)もいかがですか。

子供のふとんは自然素材でぐっすり快眠!

ここ山口県を含めた39県で緊急事態宣言が解除されました。これに安心して一気に日常に戻ってしまう不安はあります。これからの2週間が非常に重要になるのではないでしょうか。この1週間はGW後の2週間目。その次の週は、緊急事態宣言解除後の2週間目。やはり5月いっぱいは特に油断せずに過ごしたいものですね。

下関市では昨日から小中学校が再開されました。1週間は午前中授業のようですが、当店の前も通学路になっていて多くの子供たちが通っていきます。以前では当たり前のことだったのに、約2か月半の間は静かなものでした。朝昼の通学、帰宅時間に子供の元気な声が聞こえるのは良いですね。

子供たちも久しぶりに学校が始まり、生活リズムを取り戻すのに時間がかかるかもしれませんね。生活リズムを整えるのは睡眠も重要な役割を果たします。休みの日は夜更かししていたかもしれませんが、それでは朝起きれなかったり、授業中に眠くなったりしてしまいます。早めに寝ることで自然と朝も早く起きれることにつながります。

子供柄のわたふとん

子供たちがぐっすり寝られるように、ふとんも整えてあげましょう。子供は代謝が良く、汗もかきます。ふとんで汗をしっかり吸って気持ちよく寝られるようにしてあげましょう。吸湿性、吸汗性の高い寝具は自然素材のものです。朝起きたらふとんを蹴ってしまっているのも、ふとんの中が蒸れている不快な状態を解消する無意識の行動です。ふとんを替えてあげるとふとんを蹴る行動も落ち着くかもしれませんよ。

わたふとんなど自然素材の寝具、吸汗性に優れたパシーマなど、お子さんのふとんも下関市彦島の末次ふとん店におまかせください。

部屋の背景としてのカーテン

徐々に日常を取り戻そうとしていますが、油断は禁物です。緊急事態宣言の延長により、今後ますますテレワークが増え、オンライン会議の機会も多くなるかもしれません。先月の調査によると、山口県はテレワーク率が全国最下位という結果が出ています。山口県は4.7%。全国平均の27.9%を大きく下回っています。ということは、山口県にはまだまだテレワーク、オンライン会議などが増える可能性が高いことになります。

そんな時、カメラに映る背景が気になる方もいるかもしれませんね。自分は机に座り、パソコンに向かっているものの、相手には背後がしっかりと見えますから。カーテンをバックにオンライン会議はいかがですか?きれいなカーテンが背景にあると、そこにいる本人も素敵に見えて、会議もうまくいく・・・かもしれませんよ。

末次ふとん店はふとん店ですが、カーテン、ブラインド、ロールスクリーン、プリーツスクリーン、シェード、縦型ブラインド、アコーディオンドアなど、オーダーインテリア関連商品もおまかせください。

5月10日はコットンの日、ふとんとの相性抜群のコットン=綿

昨日5月10日は母の日でしたが、日本紡績協会が五(こ)ten(テン)=「コットン」の語呂合せと、綿が夏物素材としてよく使用されるために制定した「コットンの日」でもありました。直接肌に触れるものには綿が最適です。しかし最近では、ポリエステルなど化学繊維のものが非常に多くなっています。ポリエステル綿など、ポリエステルも綿という名称を用いるため分かりづらくなりますが、ここでいう綿は天然繊維の綿です。

綿がもつ吸湿性、保温性、通気性などの機能性や、肌触り、肌へのやさしさは非常に優れています。赤ちゃんの肌着に綿のものが多いのも、赤ちゃんの敏感な肌、汗をよくかくことにも最適だからです。赤ちゃん、お子さんにはわたふとん、特におすすめです。

羽毛ふとんには化学繊維の側生地が増えています。リフォームをお考えの方は、購入時には考えることがなかったであろう、側生地にご注意ください。安いからと飛びつくと、ポリエステルなど安い素材を使ったものに変わってしまう可能性もあります。綿100%の方が、羽毛に最適、肌にも最適、そしてふとん自体の持ちが良いですよ。

本日より平常営業です。

いつもとは違うGW、「ステイホーム週間」と名付けられた大型連休が終わりましたね。みなさんも外出を控え、いつになく家にこもったお休みだったのではないでしょうか。緊急事態宣言は今月末まで延長されました。が、この1、2週間が非常に重要です。連休中の行動が、明らかに感染者数となって現れるはずです。どうかこのまま減少傾向が続いて、収束に向かいますように・・・。

末次ふとん店は今日から平常営業です。
明日の生活を支えるのは今日の睡眠、ということにもつながりますが、末次ふとん店のふとん、仕立て直したふとんでお休みいただければ、毎週がGWです。この場合のGWはぐっすりウィーク(Gussuri Week)またはGood sleep Weekです。

どんな状況で寝ても、朝はスッキリという時もあったかと思いますが、だんだんそうもいかなくなりますよね・・・。あなたの眠りのお手伝い。あなたの眠りのそばに、末次のふとん、末次で仕立て直したふとん。朝はスッキリ迎えたいものですね。