ふとんを収納する時は、しっかり乾燥させてから。

季節変わり、ふとんの準備はお済みでしょうか?と書きながら、今回は準備ではなく収納時の注意点を。

冬ふとんを収納する前には、しっかりと乾燥させてから収納するようにしましょう。干して十分に湿気を飛ばしてから、通気性の良い袋や布、カバー(綿100%のもの)などに包んで、湿気の少ないところにしまってください。梅雨時季を迎えると、湿気を飛ばすことが難しくなりますので、今の時季にしっかり乾燥させてあげましょう。
以前ブログでお知らせしましたが、圧縮袋は長期間圧縮したままですと、ふとんが元通りにふっくら戻らないこともありますので、なるべく使わない方が良いでしょう。引越しの時など一時的に使うには便利なものですが・・・。
押し入れなどはスノコを敷いておくと、ふとんとの間に隙間が生まれ、通気性が保たれ、湿気を抑えることができます。

また、パシーマのように一年中快適に使えるものをお使いになりますと、収納する必要がなくなりますよ。

収納する時に、今まで使っていたふとんに「ん?」と思ったら、仕立て直しはいかがでしょうか?わたふとん、羽毛ふとんでしたら新品同様によみがえりますよ。

また、夏ふとんを出した時に「ん?」と思っても、当店にはわたふとん以外にもタオルケットや敷パッド、冷感寝具など寝具全般取り揃えていますので、お気軽にご相談ください。

下関市近郊の方、ふとんのことなら、下関市彦島の末次ふとん店におまかせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA