カーテンフックについて

前回の続き。

Aフックはレースに使うフック。

Aフックはレールを見せるフック。窓に近い方(部屋から見て後ろにある方)のカーテン、主にレースに使われます。

ドレープ(厚地)カーテンに使うこともあります。レールを見せたいレール、例えばポールのレールの場合にはAフックを使います。

Bフックはドレープ(厚地)カーテンに使うフック。

Bフックはレールを隠すフック。部屋の内側(部屋から見て手前にある方)のカーテン、主にドレープ(厚地)に使われます。

ポールレール(装飾レール)の場合、レールを隠すためにレースをBフックにすることもあります。

Aフック、Bフックと紹介してきました。かつて、フックは金具でした。しかし、最近ではアジャスターフックと言われるプラスティック(樹脂製)のものがほとんどです。

なぜか・・・
ランナーに引っ掛ける部分を上下に動かすことで、1つのフックでAフックとBフックの両方で使うことができるため、在庫を多く持たなくてもよくなることが一番かもしれませんね(メーカー側の都合)。
また、フックが動くことでカーテンの丈を微調整することができます(取付、洗濯後などに便利)。
さらに、プラスティック(樹脂製)のため厚地のフックによってレースのカーテンを傷めてしまうという恐れも軽減されます。

ただ、フックが動くため取り外す際などに知らないうちにフックの位置がずれてしまうこともあります。また、フックの部分だけ紛失したり、プラスティックのため折れる心配もあります。

なお、当店が取り付けたカーテンで、フックの紛失、折れなどの不具合が生じましたら、無料でサービスしています。

カーテンフックの使い分け

カーテンの取付に伺った際、既存のカーテンフックを間違って使っている方がいらっしゃいます。おそらくフックを外してカーテンをお洗濯された後、フックを戻す際に誤って付けてしまったのでしょう。

気付いた際には、きちんと説明させていただきますが、カーテンフックが2種類(金属フックの場合)あるということを知らない方も多く、使い分ける必要があることをお伝えすると「なるほど」とおっしゃいます。

写真のように2種類あることをご存知でしたか?

2種類のカーテンフック(金属)

私のところは金属ではなく、プラスティックだけど・・・という方もいらっしゃるかと思います。最近のフックは、ほぼこのプラスティック。少し形が違うものもあるかもしれませんが、こういう感じのプラスティックのものでしょう。アジャスターフックと呼ばれています。

これは、1つのフックで上写真のような金属のフック2種類をまかなうことができます。フックの位置をカチッカチッと動かすことができます。このフックの位置が写真のように上にあれば、金属フックの写真の左側の役割。下に動かせば金属フック写真の右側の役割になります。写真は上下に矢印を書いていますが、実際には一方向、上から差し込み、下方向にだけ動きます。

前口上が長くなってしまいましたが、ここでは金属のフックを参考にして説明します。もう一度写真をご覧ください。

写真左側のものをAフック。
写真右側のものをBフックと呼びます。

Aフックは主にレースのカーテンを。
Bフックは主にドレープ(厚地)のカーテンを、つけるときに使います。

なぜABを使い分けるのでしょうか・・・。

カーテンとカーテンレールの関係により、使い分けが必要になります。

少し長くなりましたので、続きは次回にお伝えすることにします。
今回の結論としては、Aフックはレースカーテンに。Bフックはドレープ(厚地)カーテンに使ってください。

ドレープ(厚地)カーテンのお手入れについて

ドレープ(厚地)カーテンは日頃から、ハタキなどで表面の汚れを落としてあげてください。そうすることでレースのカーテンほど頻繁に洗う必要もありません。レースのカーテンをきれいに保っておけば、厚地の汚れも抑えられますよ。レースのカーテンをきれいに保つには、窓の掃除も大切です。

また、お洗濯などカーテンを外した際にはカーテンレールもきれいに掃除しましょう。フック同様、意外に汚れているものです。特にレールの上、ホコリがたまりやすい所です。

カーテンのお洗濯について

2回にわたってカーテンのお洗濯についてお知らせしましたが、洗い方などについて質問されることがありましたのでお応えいたします。

カーテンを洗濯する際には、まず洗濯絵表示を見て、家庭で水洗いできるかを確認しましょう。そして、カーテンが裂けたりしていないか、強度は大丈夫か確認してください。洗濯することでカーテンが裂けてしまっては元も子もありませんから。

カーテンをカーテンレールから外し、フックを取り外してください。縫製によっては取り外せない(外しにくい)ものもあります。取り外したフックも洗われると良いでしょう。フックも意外に汚れています。

カーテンはたたんで、洗濯ネットへ入れて洗うとダメージが防げます。洗濯機による脱水は、し過ぎるとしわの原因になりますので短い時間で(20~30秒以内)。乾燥は実際にレールにかけて乾かしてください。自然乾燥が縮み防止にもなります。短くなったかな?という場合は、乾燥する前に裾部分を軽く引っ張ってあげると良いですよ、軽く。強く引っ張ってしまうと、レールが曲がる、カーテンが破れるなど不具合が生じてしまいます。

水滴が垂れる場合がありますので、カーテンの下にタオルや新聞紙を敷かれると安心です。

カーテンフックは取り外して洗濯しましょう

花粉対策カーテンこそ、今のうちに洗っておきましょう。

ここ数年、花粉対策カーテンの知名度がグンと上がったように思います。当店のオーダーカーテンにも、花粉対策のものはあります。ただ、この花粉対策のカーテン、購入時の説明や説明書などがあるのかもしれませんが、非常に重要なことをしなければいけません。

それは・・・カーテンを洗濯することです。この花粉対策のカーテンは、外から入ってくる花粉をキャッチして、室内に入ってくることを防ぐものです。ということは、洗濯しなければカーテンに花粉がずっとくっついたまま。最悪の場合、花粉の時期が終わっても、カーテンから花粉が飛散してしまうことも・・・。レースのカーテンは年に2、3回洗濯することが長持ちの秘訣ですが、花粉対策のカーテンは特に洗濯が重要です。

カーテンのお洗濯、梅雨前にしておきませんか

もうしばらくすると梅雨に入ります。梅雨に入る前にカーテンのお洗濯。特にレースカーテンのお洗濯をしておきましょう。今日は風も強く、大雨になりそうな気配もありますが・・・。

梅雨時期は窓周りの湿気が特に多くなります。カーテンは外からの汚れを捕まえてくれていたり、室内のほこりがたまっていたりと、意外に?汚れています。そんな状態で湿気があると、その汚れを核にしてカビが発生して黒くなってしまいます。カビがついたままのカーテンは見た目も美しくありませんし、衛生面も心配です。小さいお子さんがいらっしゃるご家庭では特に気をつけて、しっかり汚れを落としましょう。

またレースカーテンの汚れがドレープ(厚地)カーテンにくっついたりするため、レースカーテンを清潔に保つことはドレープ(厚地)カーテンを清潔に保つことにもつながりますよ。

パシーマはオールシーズン

冬ふとんから夏ふとんへの移行期間、そろそろ夏ふとんにしたいけど、まだちょっと不安だし・・・と悩む時季かもしれませんね。

当店イチオシ!業界でも絶賛される逸品である「パシーマ」であれば、夏はタオルケットの代わりでさらさら、冬は毛布の代わりにぬくぬく。気温の変化に惑わされることなく一年中使える万能寝具です。また洗濯後の乾燥も早く、清潔に保つことができます。

一度使うと手放せないことから、リピーターの方も非常に多く、プレゼントされる方もいらっしゃいます。

一年中使えるということは、片づけてしまうことがないため、収納場所に困ることもありません。

パシーマキルトケット

使い古しても子供用の部屋マットや、切ってふきんに、雑巾に、ウエスになど、最後の最後まで捨てるのに悩むくらいですよ。

パシーマ各種お取り寄せも致します。お気軽にお問い合わせください。

パシーマは令和の時代にぴったりです。「これいいわ~」。

枕のお手入れ

日頃、枕のお手入れはされていますか?
枕は頭を支えているため、目や鼻、口など敏感な身体の部位が触れるものです。そのため衛生面は、しっかりと考えたいものですね。

枕カバーを頻繁に洗濯している、という方も多いことでしょう。非常に大切なことです。では、枕本体はいかがですか?カバーだけではなく、枕本体もしっかりお手入れすることが大切です。簡単に言うと、パイプ枕であれば水洗い。低反発などウレタン系は干す。

枕は基本的に、日干しよりも陰干しの方が素材を傷めません。特にウレタン系の日干しは避けてください。

枕の寿命

今、お使いの枕。何年使っていますか?
枕にも寿命、耐用年数があるんです。「長年同じ枕を使っているよ」という方、かなり多いのではないでしょうか?

枕は、頭を支える大事な存在。頭は全体重の8%を占めると言われています。そんな重い頭を支えているため、枕の中身がへたったりして高さが低くなったり、また古くなって硬くなったりします。

パイプ枕の中身です

目安として、パイプ枕は4~5年。低反発などウレタン系は2~3年。と言われています。わたの掛ふとんを打ち直そうと思った時にパイプ枕を。わたの敷ふとんを打ち直そうと思った時にはウレタン系枕を、見直してみませんか。

昼寝を上手に活用しましょう!

連休明けでまだ体がなまっていませんか。連休で日頃の疲れをいやしておきたいところでしたが、なかなかそうも言っていられないことでしょう。連休の疲れを残さないために、日々の睡眠環境を整えてみましょう。すると毎日の疲れも、その日のうちにいやされますよ。

夜のしっかりとした睡眠も大事ですが、可能であるならば、昼間にちょっとお昼寝できると活動効率が上がります。ただし、お昼寝は15分程度にとどめておきましょう。寝る前にコーヒーを飲むと、起きた時にカフェインが作用して、目覚めやすくなるようです。