遮光カーテン

前回、快眠のためには朝日を浴びましょうとお知らせしました。
部屋のカーテンを少しだけ開けて寝る
ということも、朝日を浴びるための秘訣かもしれませんね。


今回は特に寝室のカーテンで人気がある遮光カーテンについて。

カーテンは遮光生地が、厚くしっかりしているように見えるため
当店でも遮光のカーテンがよく出ています。

ただし、気をつけなければいけないことがあります。

遮光カーテンでは部屋は真っ暗になりません。
遮光カーテンの難しさです。

カーテンのサンプル帳には
遮光1級~3級まで表記されています。

遮光率が
99.99%以上のものが遮光1級
99.80%~99.99%未満が遮光2級
99.40%~99.80%未満のものが遮光3級

とされています。

この遮光率99.99%以上って、ほぼ100%だから
真っ暗になるんでしょ?って思いますよね?

ところが、カーテンの遮光1級には
「えっ?これで1級?」と思うものもあるんです・・・。
遮光1級は「完全遮光」を意味するものではありませんので
誤解の無いようご注意ください。

業界では、遮光1級を5段階に細分化させています。
同じ遮光1級でも
1級(A++)
1級(A+)
1級(A)
1級(B)
1級(C)
と。
この下に遮光2級、3級と続きます。

遮光1級(A++)は生地の裏面にラミネートコートなどの
特殊加工がされているものしか取得できません。
一般的なカーテンでは遮光1級(A+)、遮光1級(A)あたりが
最高レベルになります。

なお、メーカーによってはA、B、Cではなく
B1、B2、B3などとランク付けされているものもあります。
おそらく、ここでのBは
「Blackout」のBだと思われます。

遮光イメージ
遮光イメージ

遮光の感じ方については個人の感覚によるところもありますので
難しいところもあります。
カーテンレールのある上部や裾部分
カーテンの両サイドからの
光漏れは必ずあります。


遮光のついていないものよりは
そして、遮光の等級のより高い方が暗くはなりますが
遮光のカーテンを選んだからといって
真っ暗になることはないと思ってください。
明るい昼間でしたら、窓からの光により
窓の形が分かるくらいの遮光具合のものも見られます。

当店では、見積の際には
真っ暗にはなりませんよと
お知らせしています。

多くの場合、そこまで問題にはなりませんが
例えば三交代制などで、昼間にお休みになる方は
遮光生地を選ばれる際にはお気を付けください。

下関市近郊で、オーダーカーテンをお考えの方は一度
末次ふとん店に相談してから決めてみてはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA