「4月10日はインテリアを考える日」

4月10日は「4月10日はインテリアを考える日」です。
日本インテリアファブリックス協会が1994年に
多くの方々にインテリアについて考えていただきたい
という願いを込めて制定しました。

地域一番価格

末次ふとん店は、名前こそふとん店ですが
カーテンやブラインド、ロールスクリーン
プリーツスクリーン、シェードなど
窓周りのインテリア商品(オーダー)も取り扱っており
アコーデオンカーテン(アコーディオンドア)などの
間仕切り製品も承っております。

末次ふとん店では、地域一番価格に挑戦しています。
オーダーカーテンなどメーカー価格から割引をし
採寸、見積、標準取付工事費は無料にて承り
出張費も0円サービス継続中です。

そして採寸、見積、取付、ご相談など末次ふとん店が行い
他業者やメーカーに丸投げすることなく、当店が対応いたします。
安心しておまかせください。

オーダーインテリアでサイズもぴったり
お部屋を明るく一新、気分も明るく春を迎えましょう!


新築・架け替え、カーテン、インテリアのことなら
下関市彦島の末次ふとん店におまかせください。
一窓からでもお気軽にご相談ください。

同時購入でカーテンレールの取付工事費も無料です!
当店のカーテンレールは滑りが違いますよ。

カーテンレールの部品交換で滑り改善

先日、カーテンレールにも目を向けてとお知らせしました。

毎日の開け閉めの際に滑りが悪くイライラ
困っているという悩みはあるものの

まだ使えるなら使いたいし
カーテンレールを替える程じゃない気がする・・・
予算的にちょっと合わない・・・
ということもあるでしょう。

そんな時には今のレールはそのままに
中身の部品であるカーテンランナーを替えることで改善することがあります。

小さな部品ですが、大きな役割カーテンランナー。
多くのものにプラスティックが使われ
経年劣化などにより破損が見られることもあります。
壊れていなくても滑りの良くないランナーもあります。

当店でカーテンをお買い求めいただいた際
架け替える時に破損しているものがあれば
数個程度でしたら無料にて部品を交換しています。

レールの中、全部の交換などは別途料金をいただいていますが
滑りが大きく改善するため、満足度は非常に高くなります。
さらに節約する場合には、レースのカーテンランナーはそのままにして
厚地の方のカーテンランナーだけを替えるという手もあります。
一般的にレースのカーテンはあまり開け閉めしないため
不自由さを感じにくいでしょう。

自分で替えようと思って、ホームセンターや100円ショップで
お求めになっている方もいらっしゃいますが
カーテンレールの種類は非常に多く
取り扱いがないことや、同じ部品を探すのが困難な場合もあります。
合わないものを使うと、もちろん滑りが良いはずもなく・・・。

当店では様々な種類の部品を用意しているため
代替品で対応できる場合もあります。

カーテンの架け替えを検討する際には
レールやその部品についても考えてみましょう。
カーテンのことも、下関市彦島の末次ふとん店に
安心しておまかせください。

カーテンレールにも目を向けて

カーテンを掛けているカーテンレールについて考えたことはありますか。

カーテンについては悩むことが多くても
カーテンレールについてはあまり気にしない方が多いのではないでしょうか。

毎日開け閉めしているカーテン。
その動きを支えているのがカーテンレールです。
上にありますが、縁の下の力持ち的存在。

力を入れて引っ張って開け閉めしていませんか。
無理な力はカーテン生地を傷めることにつながります。

カーテンレール

カーテンレールを替えると、毎日の開け閉めがラクラク
動きの軽さにびっくりするかもしれません。
カーテンレールは長く使うものです。
しっかりとした良いものを使うことで
長く快適な動きを維持することができますよ。

当店ならカーテンと同時購入の場合に限り
カーテンレールの取り付けも取付料金無料にて承っています。
他店では真似のできないサービスの取付無料。
カーテンを新しくする際には、カーテンレールのことも少し考えてみませんか?

下関市近郊で、オーダーカーテンをお考えの方
下関市彦島の末次ふとん店にお気軽にご相談ください。
地域密着の当店に安心しておまかせください。

レースは視線カットが一番人気

厚地のカーテンを選ぶ際には遮光性を重要視
では、レースのカーテンを選ぶ際には何を重視するのでしょう。

遮熱レース

それは外から中が見えにくい視線をカットするもの。
ミラーレースやウェーブロンと呼ばれる機能性。
もちろんデザインを重要視される方もいらっしゃいますが
最近はシンプルなレースを選ばれる方が多くなりました。

外から中が見えにくいものは、中からも外が見えにくくなりやすいため
安易に外から見られないものだけで選んでしまうと
部屋が狭く感じたり、防犯上も不安になってしまいます。
外は適度に見えた方が良いのではないでしょうか。

今の時季は花粉カーテンも注目されます。
このカーテンの特長は、花粉をキャッチして室内に入れないこと。
花粉症にお悩みの方にはうれしい機能かもしれません。
ただ、このカーテンは花粉を除去するわけではないため
カーテンにずっと花粉がとどまった状態です。
シーズン後に洗濯しなければ、逆に花粉に悩まされる心配もあります。

そもそも花粉の時季に窓は開けない場合、関係ないのかもしれません・・・。

これから暑くなる季節に人気があるのは遮熱カーテン。
室内の温度上昇を抑制する機能性があり
UVカット性能の優れたものと共に人気があります。

他にも制菌加工や抗ウイルス加工、消臭機能、抗カビ加工など
いろいろな機能性があるものもあります。

機能性重視も良いですが
柄、デザインで悩んだ際には
機能性がその選択の後押しになるのかもしれません。

下関市近郊で、オーダーカーテンをお考えの方
下関市彦島の末次ふとん店にお気軽にご相談ください。
地域密着の当店に安心しておまかせください。

カーテンに裏地をつけて遮光性を高める

遮光カーテンの注意点について先日お知らせしました。
遮光カーテンだけでは部屋は真っ暗にはなりません、と。

カーテンレールのある上部や裾部分、カーテンの両サイドからの
光漏れは必ずあります。
遮光カーテンでも、等級によっては明るい昼間
窓の形が分かるくらいの遮光具合のものも見られます。

もちろん遮光1級の方が2級、3級よりも遮光性が強く
1級の中でも細分化されています。
遮光の感じ方には個人差があるため、難しい判断にはなりますが
当店では見積の際に、真っ暗にはなりませんよと
お知らせしています。

当店では多くの方が、厚地は遮光性のものをお求めになります。
が、遮光性のあるものの生地にお好みのものがない場合や
気に入ったデザインの生地があるものの遮光性がない・・・
ということもあります。

そんな時には、裏地をつけることで遮光カーテンに変わります。
裏地がつくことで、カーテンが長持ちしたり
空気層ができることにより断熱効果が高まるなどのメリットがあります。
が、一方でデメリットとしてお値段が上がってしまうこと
重さがあるため、取り付けるカーテンレールがしっかりしていなければいけないこと
などが挙げられます。

また、すでに使っているカーテンに後付で裏地を取り付けることもできます。
裏地をつけることで、薄手のカーテンでもしっかりしたものに見え
見栄えもよくなります。

下関市近郊で、オーダーカーテンをお考えの方
下関市彦島の末次ふとん店にお気軽にご相談ください。
地域密着の当店に安心しておまかせください。