ベッドの下はデッドスペース・・・

前回、組子ベッドは湿気が抜けるとお知らせしました。
すのこの上に組子を置くことで、接地面が「線」になり
組子が非常に乾燥しやすくなります。
敷きっぱなしの状態でも自然乾燥するため
ベッドにもふとんにも湿気がたまらないのです。

ふとんは乾燥させた方が良い、干した方が良いと分かっていても
なかなか干せない、忙しくて時間がない、という方も多いでしょう。
そんな方にも組子ベッドなら自然と湿気が抜けるため
いつもふかふかの寝心地でお休みいただけます。
ふとんのことを考えたベッド、組子ベッドです。

組子ベッドもそうですが、一般的なベッドにも言える注意点があります。
ベッドの下はデッドスペースと言われ
収納場所として使われていることが多くみられます。

ふとんの湿気が下に抜けていくと
その湿気は下に収納されているものにたまってしまいます。
またベッドの下は乾燥させた方が良いのに
収納場所でスペースが埋まってしまっているために
風通しが悪くなって、乾燥が難しくなってしまうこともあります。

組子ベッドをお使いの際には
ベッドの下には何も置かずに、空いたスペースをキープしておきましょう。

デッドスペースとはよく言ったものです。
もしかしたら収納したものが、ふとんの湿気でダメになってしまう・・・
そんな意味のデッドスペース・・・。

組子ベッド

末次ふとん店は下関、関門地域では唯一の組子ベッド正規取扱店です。
店内に組子ベッドシリーズの一つである
HASH BED(ハッシュベッド)を常時展示しています。
ぜひ一度、ご自身の目でご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA