組子ベッドは湿気が抜けます

毎日暑い夜、寝苦しい夜ですね。
しかもこれから本格的な夏を迎え、熱帯夜が続くかもしれません。

寝苦しい夜、湿気を逃がしてあげることで
さらりとした寝心地になります。

組子ベッド
組子ベッド「HASH BED(ハッシュベッド)」

組子ベッドは「すのこ」の上に「組子」を乗せた
二重構造になっており、その構造は特許を取得しています。

組子部分が、ふとんに触れる部分ですが
接触「面」というより、接触「線」と言え
接地面積は小さく、ふとんの湿気を効率的に逃がし
ふとんの蒸し暑さも解消してくれます。

湿気対策として人気のあるすのこベッドは「面」で触れるため
組子ベッドの方が、湿気の発散力は優れています。

ふとんの湿気をそのままにしておくと
ふとんがカビてしまう心配もあり
睡眠環境が悪化してしまいます。
睡眠環境の悪化は体調の変化、悪化にもつながります。
それほど寝具から湿気を逃がすことは重要です。

組子ベッドは、自然と湿気を逃がす構造になっているため
カビなどの心配は激減します。
もちろんずっと敷きっぱなしにしていたら
カビが発生するおそれもありますので
必要に応じて日干しなどをするようにしましょう。

組子ベッドは通気性が良いため
夏涼しいことは一目瞭然だと思われるでしょう。
では、冬はどうなのか?寒くない?という疑問があるかもれしれませんね。
ご安心を。組子ベッドは総桐のベッドのため
放湿性を備えながら、温度を保持してくれます。
つまり、冬は暖かいベッドになります。

夏は涼しく使え、冬は暖かく使えるベッド。
パシーマのように一年中快適に使えるベッドです。

末次ふとん店は下関、関門地域では唯一の組子ベッド正規取扱店です。
店内に組子ベッドシリーズの一つである
HASH BED(ハッシュベッド)を常時展示しています。
ぜひ一度、ご自身の目でご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA