梅雨時期は特に敷きっぱなしは危険

雨が降り湿度も高くじめじめした季節、梅雨。ふとんも湿気を含みやすいですから気をつけてください。最近の住宅は気密性が非常に高く、保温性に優れている反面、通気性がありません。つまり、カビが生えやすいといえる環境です。

ふとんを敷きっぱなしにしておくと、ふとんの下にカビが生えたりしますのでご注意ください。特にフローリング床に直接ふとんを敷いて寝ている方は要注意です。床面とふとんとの間にカビが生えやすくなります。敷布団の湿気対策、湿気抜きは十分に行ってください。ふとんを干すことが大事ですが、時間的にもなかなか難しい、という方は除湿シート(マット)やふとん乾燥機などを併用しましょう。

わたふとんが好きなんだけど、毎日の上げ下げが大変だという方には、軽いながらもわたの良さも活かした当店手作りの軽量わた敷布団「カルカル敷布団」や「カルーネ」にすると、負担が軽減されますよ。

大人気の「カルカル敷布団」ですが、より耐久性を高め、よりしなやかな風合いで、わたの寝心地が得られ、軽量敷布団「カルーネ」が新登場しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA