羽毛ふとん、破れチェック

お使いだった羽毛ふとんの側生地が破れていませんか?そんな羽毛ふとんもリフォームすることによって、側生地も新しく復活させることができます。

カバーをかけて使っていて、カバーを交換、洗濯しようとファスナーを開けると・・・羽毛が噴き出していた、ということも。少しでも破れていると、そこから羽毛がどんどん出てきてしまいます。

カバー内にあふれ出てきた羽毛

また、羽毛は目に見えないような小さな穴からも噴き出してきます。破れているからと、針を使って縫う対処策は避けてください。アイロンで貼る補修布が良いでしょう。

粘着テープでとりあえずふさいで、当店にご相談いただければ、側生地も新しくお仕立て直しすることもできますよ。テープの中では、テーピングが少し伸び縮みもするので適していると思われます。が、応急処置とお考えください。

テープで応急処置

破れていても、カバー内にあふれていても、手が付けられない状態でも、末次ふとん店で側生地も新しく復活できます。羽毛を取り出して洗浄するプレミアムダウンウォッシュなら、側生地の破れなど関係なく直接洗うので、羽毛もきれいになります。丸洗いですと、側生地越し、カバー越しに羽毛を洗うことになるので、洗浄力が劣ります。

末次ふとん店では、羽毛ふとんも自店で作っています。他の多くの店のように、羽毛ふとんのすべての作業を丸投げしているわけではなく、1枚1枚手作業でお作りいたしますので、安心しておまかせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA