合掛け(あいがけ)・肌掛け(はだかけ)

羽毛ふとん、中身の羽毛の量(重さ)によって、合掛けふとん、肌掛けふとんと呼ばれています(わたふとんも同様に、合掛け、肌掛けあります)。

厚さで言うと、普通の掛けふとん→合掛けふとん→肌掛けふとんの順番になります。一般的に合掛けふとんは春や秋。肌掛けふとんは夏に使うものです。

羽毛ふとんの場合は、まとめてダウンケットと呼ばれることもありますが、肌掛けふとんの方が多いかもしれません。羽毛ふとんを例にとって説明すると、シングルサイズ(150cm×210cm)の場合

中身の羽毛の量(重さ)が
合掛けふとんは、0.8kg前後
肌掛けふとんは、0.4kg前後
入っています。

以前と比べると冬ふとんだけでなく、薄めのふとんも中身の羽毛が減量されているように思われます。前回お知らせした某大手通販番組のものは、重さ表示に、側生地を含めた総重量として0.8kg入りと表記されていますが、中身の羽毛の量は0.2kg入りです。お気をつけください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA