暖かい時に寒い時のことを考えておきましょう

週末にかけて、また冷え込みそうです。
寒い時にはふとんのことを考えますが
しばらくして暖かくなると、もうふとんのことから頭が離れてしまいます。

先日の冷え込んだ日に寒い思いをされた方は、何かしらの対策をされましたか?
まだ1月です。2月にはまた寒い日がやってくるかもしれません。

毛布を重ねるから大丈夫、などというのは最善策ではありません。
毛布はあくまでも補助的な寝具です。

羽毛ふとんなど掛ふとんが十分な暖かさを確保できないから使ってしまいます。
羽毛ふとんだけで寒ければ暖かいカバーをかける。
それでも寒ければ最終的に毛布を使う、という考え方が良いです。

しかも羽毛ふとんの場合は特に毛布との相性があります。

毛布はふとんの上か下か、などという話はよく聞かれます。

羽毛ふとんの上に毛布を掛ける。
というのが期待される答えかもしれませんが

答えは毛布の素材による
というのが本当のところです。

綿毛布
綿毛布

量販店などで一般的に販売されている毛布は、ポリエステルなどの化学繊維です。
こういった化学繊維の毛布は羽毛ふとんの上に掛けて使います。

綿毛布やウールなど天然繊維の毛布は羽毛ふとんの下(中)に入れて使います。
もちろん上に掛けても構いません。

ただ羽毛ふとんの上に掛けて使うと言っても
昔ながらの重い毛布を羽毛ふとんの上に掛けると
ふとんがつぶれてしまい暖かさを保ちにくくなるためおすすめできません。

せめて、一重毛布などの軽い毛布を掛けるようにしましょう。
毛布ではなくても一枚軽い布を掛けるだけで体感は変わるはずです。

毛布一つとっても、寝具選びは眠りの環境に大きく変わってきます。
起きている時間を有意義に過ごすために非常に重要な眠りの時間。
値段だけ見て、パッと買いたくなる気持ちは分かりますが、使い方を間違えると快眠から離れてしまいます。
お気軽にご相談ください。

毛布は最終手段の補助寝具、あくまでも羽毛ふとんなど主寝具を一番に考えましょう。

末次ふとん店・末次羽毛工房オリジナルの羽毛ふとんは暖かさに自信あり!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA