打ち直すことができるわたふとん

急に冷え込んできたこともあってか
お使いのわたふとんの仕立て直しや
新しいわたふとんをお求めになる方が多くなっています。

わたふとんの仕立て直し・・・
わたふとんの場合は「打ち直し」と呼ばれています。
なぜ打ち直しと言うのか、というのは別の機会に譲るとして

自分が使っているふとんが何なのか、わたふとんなのか
はっきりとは分かっていらっしゃらない方もいらっしゃいます。
打ち直しの依頼を受けて、お客様のところに伺ってみると
わたふとんではなく、打ち直すことができないふとんであることも・・・。

最近多い機能性に優れた敷ふとん(マットレス)などは
打ち直せないことは分かるかと思いますが
羊毛混敷布団などが、どうかなぁと悩むところではないでしょうか。


ここで、わたふとんに見られる特長を挙げておきます。
ふとんに「和とじ」と呼ばれるものが見られるかどうか。
和とじは、わたふとんの側生地と中身の綿がずれてしまわないように
とめている糸だと思ってください。

わたふとん和綴じ
和とじ(面部分)

こちらの写真は、ふとんの寝る面部分にある「とじ」です。
こういったとじが敷布団の場合で10か所程度見られます。

わたふとん和綴じ
和とじ(四隅)

こちらの写真のとじは、ふとんの四隅にあるものです。

以上のような「和とじ」があれば
わたふとんである可能性が高く、打ち直すことができます。

わたふとんは、ふわふわのイメージをお持ちでしょう。
長年使っていくうちに、わたが締まってふわふわ感がなくなってしまいます。
そんな時には打ち直して、新品同様に復活させることができます。

下関市近郊でわたふとんの打ち直しをお考えになった場合は
下関市彦島の末次ふとん店におまかせください。
当店ではわたふとんは1枚1枚丁寧に手作りしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA