わたふとん、丸洗いはやめておきましょう

寝具を衣替えするにあたって、収納する前に
冬ふとんを丸洗いされる方もいらっしゃるかと思います。

季節変わりの時季になると
「ふとんの丸洗いはされていますか?」
という問い合わせをいただきます。

当店では丸洗いのみは承っておりません。

綿わたふとんの場合は
基本的に丸洗いは避けましょう。

なぜ綿わたふとんは丸洗いしない方が良いのか。

綿わたの表面は植物性の油でコーティングされています。
その油が水洗いすることで洗い流されてしまい
綿わたがギスギスした状態になり、固まりやすくなってしまいます。
固まりやすくなることで、ふんわり感も損なわれ
暖かさ、保温性が落ちてしまいます。

という理由から、綿わたふとんの丸洗いはやめましょう。

羽毛ふとんは丸洗いすることができます。
が、洗うことで、中身の羽毛が片寄ったりするおそれがあります。
また洗うのは簡単でも、乾燥が非常に難しく
半乾きではふっくらせず、また臭いが発生する場合もあります。

羽毛ふとんの丸洗い、乾燥に注意するようにしましょう。

仕立て直し

当店では、綿わたふとんは打ち直し
羽毛ふとんはリフォームすることで
新品同様によみがえることができます。

側生地も新しくなるため、気持ち良いふとんに生まれ変わります。

わたふとん、羽毛ふとんの仕立て直しは
下関市彦島の末次ふとん店におまかせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA