引っ張り出した羽毛ふとんが・・・

先日は羽毛ふとんを使う前には、天日干しをおすすめしましたが
今回はもう少し、羽毛ふとんの状態が悪かった場合のことを。

羽毛ふとんを引っ張り出してみたら・・・

・羽毛ふとんが破れていた。
・羽毛ふとんの中身が片寄っている。
・羽毛ふとんが臭う。

なんてことがある(あった)かもしれませんね。

そんな時には仕立て直しで、そのお悩み解決です!

羽毛ふとんが破れていた。
破れた羽毛ふとんは、そのままではどうしようもありません。
補修しようと、針を使って縫ってはいけません。
針穴の小さな穴からでも、羽毛は出てきてしまいます。
補修方法としては、アイロンで貼る布を使うと良いですよ。
仕立て直しまでのわずかな期間でしたら
テープで穴をふさいでおきましょう。

なお破れている場合の洗浄は、羽毛をふとんから取り出して直接洗浄する
プレミアムダウンウォッシュコースがおすすめです。
丸洗いでは、破れた羽毛ふとんはカバーに入れて洗浄することになるため
カバーとふとんの側生地に中にある羽毛を洗うようになります。
その結果、どうしても洗浄力がかなり劣ってしまいます。


中身が片寄っている。
片寄ってしまった羽毛ふとんは、仕立て直すしかありません。
羽毛ふとんはキルティングされた部屋ごとに羽毛が入っています。
その羽毛が移動してしまっているので
そのままでは戻すことができないからです。


羽毛ふとんが臭う。
羽毛は当然ながら生物のものであるため
どうしてもにおいがあります。
においが気になる場合には
羽毛の中身の移動に注意しながら
ゆっくりと小さくたたみ、ふとんの中の空気を抜いて
しっかりと空気を入れ替えてあげることで
においが気にならなくなる場合もあります。

ふとんを作る前にしっかり洗浄されることで
においは取れていますが、昨今の羽毛高騰のあおりもあって
洗浄作業のコストカットなどから洗浄不足のものもあります。
その場合は空気の入れ替えだけではにおいが取れない場合もありますので
洗浄(丸洗いなど)をした方が良いでしょう。

羽毛ふとんリフォーム

まだ新しい羽毛ふとんで、上記のようなお悩みが発生した場合は
洗浄なしの側交換のみで十分かもしれません。
洗浄工程がない側交換コースでしたら
最短で当日渡しも可能となります。

当店では自店で製造機械を持ち、羽毛ふとんを手作りしているため
即日対応ができます。
羽毛ふとんのお悩みがありましたら
下関市彦島の末次ふとん店・末次羽毛工房に
安心しておまかせください。

あなたの羽毛ふとんのお悩み、解決します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA