暑くても、ふとんを掛けて寝ましょう。

毎日暑い日が続いていますね。毎年毎年、今年の暑さは異常だと思ってしまうのは年をとっているせいなんでしょうか・・・。

梅雨が明け暑い日が続くと、ふとんのことなんて考えたくないかもしれませんね。確かに雨が続く梅雨は、ふとんが雨に濡れるのが嫌だ。そして、梅雨が明け、暑い日が続くと、暑いからふとんを触りたくない。とおっしゃるのもごもっとも・・・。

ただ、暑くても寝る時にはふとんを掛けるようにしましょう。暑いからと何もかけないで寝ると、汗を吸収できなかったり、場合によっては体が冷えすぎてしまう可能性もありますので気をつけなければいけません。
涼感の素材も良いのですが、涼感素材は吸湿性などが悪い化学繊維のものが多く、寝ている間に不快に感じてしまうおそれもあります。吸湿性に優れた綿などの天然繊維のもの、タオルケットなどがおすすめです。

パシーマがおすすめですが、最大の問題点ともいえる在庫不足に、現在悩まされています。店内在庫が残りわずかとなっておりますので、お早めにお買い求めください。

現在PayPayの「まちのお店でペイペイジャンボ」キャンペーン中です。キャッシュバックの可能性もありますので、8月はチャンスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA