昼寝を上手に活用しましょう

寝苦しい夜、暑い夜は睡眠時間が短くなってしまったり、夜中に目が覚めてしまうこともあるでしょう。その影響で日中に眠くなってしまって、集中力が落ちたり、ましてや事故なんてことにならないように、昼寝をして眠気予防をしましょう。

夜のしっかりとした睡眠も大事ですが、可能であるならば、昼間にちょっとお昼寝できると活動効率が上がります。ただし、お昼寝は15分程度にとどめておきましょう。寝る前にコーヒーを飲むと、起きた時にカフェインが作用して、目覚めやすくなるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA