5月10日はコットンの日、ふとんとの相性抜群のコットン=綿

昨日5月10日は母の日でしたが、日本紡績協会が五(こ)ten(テン)=「コットン」の語呂合せと、綿が夏物素材としてよく使用されるために制定した「コットンの日」でもありました。直接肌に触れるものには綿が最適です。しかし最近では、ポリエステルなど化学繊維のものが非常に多くなっています。ポリエステル綿など、ポリエステルも綿という名称を用いるため分かりづらくなりますが、ここでいう綿は天然繊維の綿です。

綿がもつ吸湿性、保温性、通気性などの機能性や、肌触り、肌へのやさしさは非常に優れています。赤ちゃんの肌着に綿のものが多いのも、赤ちゃんの敏感な肌、汗をよくかくことにも最適だからです。赤ちゃん、お子さんにはわたふとん、特におすすめです。

羽毛ふとんには化学繊維の側生地が増えています。リフォームをお考えの方は、購入時には考えることがなかったであろう、側生地にご注意ください。安いからと飛びつくと、ポリエステルなど安い素材を使ったものに変わってしまう可能性もあります。綿100%の方が、羽毛に最適、肌にも最適、そしてふとん自体の持ちが良いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA