ふとん圧縮袋

自粛は仕方ないことですが
例えばマスクをして、周りの人にうつしてしまう可能性を低く
など今自分ができる新型コロナウイルス感染対策をしましょう。

引越しの荷物のかさを減らすため
季節代わりの収納のため
ふとんを圧縮袋に入れる方もいらっしゃるでしょう。

かさばるふとん、特に冬のおふとんがコンパクトになり
引越しの時など収納スペースの確保という意味では便利かもしれませんが・・・
当店では圧縮袋の使用はオススメしておりません。

元通りにならない、というお客様が非常に多くいらっしゃいます。
イメージ通り、元通りになるコツは
圧縮してすぐ出すことですが
収納の場合はそういうわけにもいかず・・・。

なお、どうしてもお使いになる方は
圧縮袋に入れる前には
ふとんを清潔にし、「必ず」
日干し、乾燥機などで「十分に乾燥」
させてからお使いください。

そして、圧縮袋専用の脱酸素剤や
シリカゲルを一緒に圧縮袋に入れると良いでしょう。

さらに、圧縮しすぎないことです。
カチカチにしたいところですが
つぶせばつぶすほど、元に戻りません。
3分の1程度に抑えておきましょう。

次回、羽毛ふとんと圧縮袋についてお知らせする予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA