寝生活の準備

早いもので、来週には4月を迎えます。
こちらのブログでも何度かお知らせしていますが
新生活の寝具の準備、寝生活の準備はいかがですか?

最近は量販店などに、かなり安いものが並んでいます。
セットで全てそろっているものが買いやすいでしょうか。
自分で選んで、レジに持って行って
それを買ってしまえば、もう他には何もいらないようなセットもの。

ただ正直なところ・・・
安いものは安いものである理由がある。
同じ「ふとん」とは言っても
やはり、良いものと安いものは違います。

ここで言う安いものは、安くなっているものではなく、安物です。
良いものが安くなっているのはラッキーです。
ラッキー商品はお買い得です。
ただその見極めは難しいかもしれませんが・・・。

新生活の寝具としても選ばれる、羽毛ふとんを例にすれば
安いものはやはり安いなりの理由があります。
そして結局のところ暖かくないという問題も生じてしまいます。
すると、毛布なり副寝具を用意しなければならず
金額がプラスされ、掛けるものの重さもプラスされます。
または、暖かくないことで
一晩中エアコンをつけなければならないことになるかもしれません。

綿100%の側生地を使い、中身の羽毛の量もたっぷり入っている
当店手作りの羽毛ふとんなどであれば
1枚で十分に暖かく、よく眠ることができます。
エアコンをつけずに済み、体への負荷も少なく疲れも取れ、良いことだらけ。

というメリットを考えると、羽毛ふとんを買う時に生じる
金額差は「高い~」ということにならないのではないでしょうか。

羽毛ふとん

極端な例ですが、上記写真はどちらも一応羽毛ふとんです。
右側は合掛ふとんと呼ばれる少し薄めのものです。
でも、羽毛ふとんと呼んでも問題ありません。
お値段は冬用のものよりも安いですが
冬用と思って買ってしまうと、暖かくありません。
合掛は主に春秋シーズンに使うと良いふとんです。


敷布団に関してもそう。
安いものはやはり安いなりの理由があります。
体をしっかり支えてもらうには
やはりある程度しっかりした敷布団を選ぶ必要があります。
セットの袋の中に入っている状態だけで選ばないようにしましょう。

悩んだ時には店員さんに聞く。
末次ふとん店に聞く。です。
聞くのはタダです。
下関市彦島の末次ふとん店、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA