快眠は天然繊維から

さて、今日7月19日は7月の第3月曜日
本来なら海の日で祝日でした。
しかし、今年も東京五輪の影響で
平日になっています。

海の日は今週の木曜日、22日に移動しています。
ご注意ください。
ちなみに金曜日はスポーツの日で祝日となり
連休になっています。

当店はカレンダー通りのお休みをいただいているため
本日は営業しております。


さて、まもなくオリンピックが開幕します。
外国で行われるオリンピックなどの場合は
時差の影響で寝不足になったりすることもありますが
今回は東京で行われるため、その心配はなさそうですね。

ただ気分的に盛り上がってしまい、寝られない日もあるかもしれません。
そして季節的に暑くなり、寝づらい日々が続きます。

最近ではエアコンをつけて寝るのが当たり前になりました。
そのため室温が高く寝づらいという環境は少なくなったかもしれません。

一般的に寝る時の環境として、人が快適に眠るためには
寝床内環境(ふとんの中の状態)を
温度を33℃(プラスマイナス1℃)、湿度を50%(プラスマイナス5%)
に維持する必要があると言われています。

個人差はありますから、目安に考える必要はありますが
上記環境を整える(近づける)には寝具を上手に使う必要があります。
天然繊維を上手に使うことです。

例えば化学繊維(ポリエステルなど)をふんだんに使った寝具を使うと
吸湿性が悪くなり、湿度を良好な状態に保つことが難しくなります。
その結果、睡眠の質が悪くなり、寝不足から夏バテにつながる心配も・・・。

ウォッシャブルや防ダニ加工など、寝具の付加価値とも言える機能は
化学繊維を用いたために生まれたものであることが多く
寝具本来の寝心地を活かすものではないものが非常に多くなっています。

最近はやりの冷感、涼感寝具も化学繊維を用いたものが多く
意外に睡眠環境を悪化させていることも考えられます。


夏バテ、寝不足は寝具から改善できるかもしれません。
下関市彦島の末次ふとん店にお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA