ふとんを蹴る理由は暑いから、とは限りません。

12月に入り、日中もですが、朝晩は特に冷えるようになりましたね。これからますます冷え込む季節になります。現在、寝ている時は寒くないですか?もし寒いようでしたら、寝具を見直すタイミングです。

最近の量販店などで見られる寝具は、その多くに化学繊維(ポリエステルなど)が使われています。特に掛布団にその傾向が見られます。わたふとんと言っても「ポリエステルわた100%」といったものはやめておきましょう。また羽毛ふとんであっても、側生地がポリエステルのものでは、羽毛の良さを活かしきれません。化学繊維100%のものでは保温力が劣ってしまいます。

化学繊維のものは吸湿性などが悪く、蒸れにつながることも考えられます。暖かいと思っていても、それはもしかしたら蒸れているだけかもしれません。その結果、蒸れから不快に感じ、ふとんを蹴ってしまい、体の上からふとんがなくなっていて寒くなるということにもつながります。特にお子さんの場合には注意が必要です。寝相が悪い、という理由ではない可能性もあります。ふとん選びにも気をつけてみてください。

特に赤ちゃんのふとんは綿わたふとんが優れています。赤ちゃんの時のふとんを打ち直して、綿を足してあげて、小学生以降のわたふとんに再利用することもできます。上手に綿を使い続けて、快適な睡眠環境を整えてあげませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA