寝ている間の冷えには気をつけましょう

台風が過ぎ去ってから、急に涼しくなりましたね。小さい秋を見つけようとする前に、一気に秋がやってきたような気がします。特に朝晩の冷え込みには気をつけなければいけません。
日中が、少し暖かかったからとふとんを薄いままにしていたりすると、体調を崩すことにも。風邪を引いてしまうと、昨今のコロナ禍、いつもより冷たい視線を感じるかもしれません。

左が冬用の普通の羽毛ふとん
右が少し薄めの会掛羽毛ふとん

まだ冬本番のふとん、厚めの羽毛ふとんを使うには早すぎますね。この季節変わりの時季には、合掛ふとんと呼ばれる少し薄めのふとんがおすすめです。羽毛ふとんで言えば、中身が0.8kg入りくらいのもの。使い勝手の良いふとんです。なお夏用のダウンケットはさらに薄く、0.3kg入り程度のものです。まだタオルケットで大丈夫だという方も、足元にふとんを準備しておきましょう。

厚めのふとんを使うのは早すぎると書きましたが、暑くなってしまうとふとんをはいだり蹴ったりして、ふとんなしの状態で寝てしまうことになりますので、逆に冷えてしまうことになります。ご注意ください。いつも快適な寝具で、質の高い睡眠をとるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA