ふとんとカビ。対策をとれば怖くない。

先日、ふとん干しのことについて書きましたが、特に敷布団は熱がこもらないようにしなければいけません。寝る時に蒸れたりして「暑い」と感じてしまいます。ベッドなど、ふとんを敷きっぱなしにしている方。窓辺にベッドがある方は特に日中の太陽の熱をため込んでこもってしまいますので注意が必要です。敷きっぱなしにしてしまうと、床との接触面にカビが生えます。

そのカビ対策にはどうすればよいのでしょう?
答えは簡単です。

敷布団を毎日上げる。または立てかける。です。

床との接触面を乾燥させてあげれば、カビの心配は激減します。今の季節は梅雨で外に干せない。真夏は外に干すと熱をため込んで蒸れる、そして寝る時に暑いので、室内または陰干しでも十分です。とにかく湿気をため込まないことです。長く快適にお使いになるには、やはり手を加えてあげなければいけません。どんな高級な敷布団でもです。
そんな手入れは難しいとなると、その場合は、除湿シートやふとん乾燥機。すのこマットなどを用いると良いでしょう。


そして寝ている間にも対策はできます。寝ている間の汗を吸って蒸れを防ぐように、吸水性・吸湿性に優れ、ジャブジャブ洗える敷パッドなどを、敷布団の上に使いましょう。ウレタンを用いた敷布団など化学繊維の敷布団だけではなく、天然繊維のわた敷布団をお使いの方でも、より快適にお休みいただけることでしょう。

上の条件にあてはまる夏に最適な敷パッドはパシーマです。敷専用のパシーマキルトケットもありますが、通常のパシーマキルトケットでも問題なく敷パッドとしてお使いいただけます。掛も敷もパシーマに挟まれるのが気持ち良いかもしれませんね。

パシーマも取扱い、天然繊維のわたふとんを手作りしている末次ふとん店にお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA