梅雨時季の湿気を発散

梅雨ですが、天気が良い日は急に暑くなり
暑さに慣れていないうちは、特に体力が奪われます。
梅雨明けも来週中に発表されるかもしれません。
ますます暑い日が続くことでしょう。
しっかりとした睡眠をとって、翌日に備えましょう。

さて梅雨時季から夏にかけて
寝具と湿気は非常に気になるところです。

晴れ間を見つけて、日干しすることも重要ですが
家の中で例えば、ちょっと椅子にでも掛けておくだけで大違い。
とにかく湿気をため込まないことです。

朝起きてすぐにふとんをたたんでしまうことはやめる。
掛ふとんをずらして、敷ふとんから熱を逃がしてあげてから
押入れなどにしまうようにしましょう。
ベッドの方も敷きっぱなしのふとんを片方ずつでもたたむ。
これだけでも湿気の発散につながります。

蒸れ対策などで、すのこベッドや畳ベッドなどが人気ですが
それでも十分に湿気を逃がすことはできません。
すのこベッドや畳ベッドがカビてしまったという話も聞きます。
湿気対策のベッドとしておすすめするのは
組子ベッドです。
ふとんとの接点を面ではなく線にして
接地面を少なくすることで、カビ対策になります。

組子ベッド

ふとんだけでなく、組子ベッドも取り扱っています。
下関市彦島の末次ふとん店にお気軽にご相談ください。

組子ベッド

「山口県の頑張るお店応援プロジェクト(2022年) 元気にやまぐち券」
第2期の支援金が月曜日から募集されます。
そして、下関市プレミアム付商品券「しものせき応援券」も
抽選による販売が行われます。

そこで、これらの商品券を使ってお買い求めになることで
お得感を感じるようなものを紹介していきたいと思います。
もちろん、どんな商品を購入されるにしても
お得になることに間違いはないのですが・・・。

組子ベッド、ハッシュベッド

今回紹介するのは「組子ベッド」です。
組子ベッドは日本の気候に適したベッドです。
湿度の高い、湿気の多い日本ではふとんとカビの問題があります。
一般的なマットレスを用いたベッドでは湿気対策は難しく
金属コイルのマットの中はカビだらけだったという話も聞きます。

組子ベッドは、組子の通気作用があり常に乾燥した状態で使うことができます。
敷布団をほぼ敷きっ放しでも湿気を効率的に飛ばしてくれ
他のベッドとは比べられないくらい乾燥しやすいベッドです。
湿気を飛ばすことで、寝具本来の寝心地をキープできることで
快眠につながります。

マットレスを用いない組子ベッドは、今お使いの敷布団をそのまま使えるベッドです。
当店手作りの綿わたの敷布団との相性もバッチリです。

組子ベッドについては、今後どんどんお知らせしていこうと思います。
例えばパシーマのように、やはり良いものを知っていただきたい。
良いものを使っていただきたい。
そんな想いを持って、紹介させていただきます。

末次ふとん店は下関、関門地域では唯一の組子ベッド正規取扱店です。
店内に組子ベッドシリーズの一つである
HASH BED(ハッシュベッド)を常時展示しています。
ぜひ一度、ご自身の目でご覧ください。