暖かく眠れていますか?

かなり冷え込みますが、暖かく眠れましたか?

先日もお知らせしたばかりですが、最近買ったばかりの羽毛ふとん、暖かさに不安がある場合もあります。羽毛の価格上昇のため、見た目の価格を抑えようと、中身の羽毛の量が減っています(1.0~1.1kg)。使い続けるあなたの暖かさのことは考えられていません。当店では、中身を1.4kgとしっかり充填して、当店工房で暖かい羽毛ふとんを作っています。だから暖かさが違います。

さらに言えば、綿100%の側生地を使用しているため、快適にお休みいただけます。最近のものは、ポリエステル混の生地のものばかり。それでは体への馴染み具合や蒸れを感じてしまったりして、快眠をもたらす環境から離れてしまうことも。ポリエステル混の生地を使うのも、綿価格の上昇などから、見た目の価格を抑えようとした、売り手目線のみの結果です。使い続けるあなたの快適さのことは考えられていません。

下関市近郊では、綿100%側生地使用の羽毛ふとんをしっかりと品揃えし、中身の羽毛も1.3kg以上充填している羽毛ふとんをしっかり品揃えしている、末次ふとん店におまかせください。

ダブルサイズが最適か・・・。

部屋のスペースの問題もあって、ダブルサイズのベッドなどでお二人でお休みになっている方もいらっしゃることでしょう。

ダブルサイズの敷ふとん、ベッドにはダブルサイズの掛ふとんを使わないといけない、という固定観念をお持ちではありませんか?掛ふとんがダブルサイズ1枚だと、どうしても体感温度の違いなどからおふとんの取り合いになることはありませんか?素材的な問題もあるかもしれません。私は羽毛、私はわたが良い、など。また重い方が良い、などなど。

それを解消するにはダブルサイズでお休みの方も、掛ふとんはシングルサイズで2枚、2人が1枚づつお使いになるのはいかがでしょうか。一人あたりのふとんの大きさも広くなって、快適にお休みいただけると思いますよ。

ダブルサイズよりも大きなキングサイズやクイーンサイズなど、当店でお作りすることもできます。下関市彦島の末次ふとん店まで、お気軽にご相談ください。

すべらないパシーマ

前回、パシーマの価格改定のお知らせをしましたが、パシーマの話をもう一つ。受験シーズンということで、すべらない話を。

パシーマはふとんとの相性が良くて、不思議とすべらないんです。また、脱脂綿とガーゼで蒸れることもなく快適さを保つので、夜中に蹴飛ばしたりして落ちることもありません。敷パット代わりに使う時も四隅にゴムもないのに、すべりません。使っているうちに四隅のゴムが伸びてしまってしっかり止まらなくなる、なんて心配もありません。

さらにホコリも少なく、ぜんそく気味の方で改善される方もいらっしゃいます。パシーマを顔までかけて寝ることもホコリを吸わない、また乾燥を防ぐという点でも有効かもしれませんね。

パシーマを買うならお早めに・・・価格改定されます

全国のふとん屋さんで絶賛されている、人気商品のパシーマ。
来月(2020年3月)から価格改定されることになります。このご時世、価格改定となれば値上がりとなります。

当店でパシーマと言えば、キルトケットとパットシーツが圧倒的に人気ですが、こちらは1,000円値上がりします。購入や買い替えをお考えの方は、今月末までにお買い求めください。パシーマは夏に使うものと思われがちですが、冬も使えるオールシーズン寝具です。

なお、冬お使いになる場合は、自然素材でできていますので羽毛ふとんの内側でお使いください。パシーマは体に一番近い所で使うことをおすすめします。

羽毛ふとん、ちょっとの違いが大違い!

暖冬と言われる今年ですが、ここ数日はかなり冷え込みましたね。そんな朝晩、お使いの羽毛ふとんは暖かいですか?

最近買ったばかりでも暖かさに不安がある場合も。それはここ数年の羽毛ふとん、中身の羽毛の量が減っています(1.0~1.1kg)。価格を抑えるため、売り手目線の都合だけの値下げ対策の結果、使い続けるあなたのことは考えられていません。

当店では、中身を1.4kgとしっかり充填して、当店工房で暖かい羽毛ふとんを作っています。

写真、お分かりでしょうか?当店基準の1.4kg入りで作っていくと、最後の縦一列(約210cm)に羽毛が入っていない状態が約1.1kgです。たった300g、実は大きな違いなんですよ。暖かさも違うと思いませんか?寒がりを忘れてしまうほどの暖かさです!

ちなみに、自店で羽毛ふとんを作ることができないと、今回のような写真は撮れません。下関市近郊では、下関市彦島の末次ふとん店におまかせください!

今年の恵方は西南西でしたが、その先には・・・

前回、恵方について紹介しました。ご存知でしたか、4方向のことを。私も気になって調べてみて発見?して、こちらに書いてみましたが。

さて、今年の恵方は西南西・・・3日に恵方巻を食べた方もいらっしゃるでしょう。西南西の方向は、西日が強い方角でもあります。カーテンが傷んでいませんか?特にレースのカーテンは直射日光に当たって傷んでくると、生地が裂けてしまうことがあります。


長持ちさせるには、季節替わりごとから半年に一度くらい洗われることをオススメします。洗わずにいると、レースカーテンについたホコリや汚れ部分に日光が当たることで、生地を傷めてしまいます。朽ちてしまったり、穴があいたしまったり・・・。そしてレースについた外からの汚れが、厚地のカーテン(ドレープカーテン)についてしまったりということにつながります。部屋の内側の厚地のカーテンは、はたきなどでホコリをはらってあげたり、掃除機で吸ったりする程度でも十分に長持ちするでしょう。

レースカーテンが汚れた、朽ちた、破れてしまった。などございましたら、一窓からでも構いません。末次ふとん店までお気軽にご相談ください。出張費やお見積りも無料にて承っています。ぴったりサイズのオーダーカーテンで気持ち良い窓周りに変わりますよ。

ふとんの寒さ対策には高さにも注目

暖かく眠れていますか?暖かく眠るには、掛ふとんも大事ですが、敷ふとんも非常に重要です。床からの冷えをしっかり敷ふとんで防ぐ必要があります。

今お使いの敷ふとんが薄いものでも、下にマットレスなどを敷いて高さを出すと、体感温度が変わってくるでしょう。また、寒いからといって体の上に掛けるものばかり増やしては重くて寝苦しくなり、快適な睡眠は得られないかもしれません。そんな時には敷パッドを使うと良いですよ。

もし寒くて毛布を3枚使っている、という方がいらっしゃれば、そのうちの1枚を体の下、敷ふとんの上に敷いて(敷パッドの代わりに)使われますと暖かく感じられるでしょう。ただし、毛布はどうしてもずれる心配がありますので敷パッドの方が安心してお休みいただけますよ。敷パッドの四隅にはゴムがついていて、敷布団にセットすることができます。

ロングサイズで足元の冷えを解消

お使いのふとん、寒くないですか?
足先がふとんから出ていた、なども寒い理由です。特に背が高い方は足を曲げて寝ているかもしれませんね。また寝返りを打った際に、掛ふとんから背中が出ていた。寒いにも関わらず、ふとんを蹴飛ばしていたことも・・・これは、ふとんの素材が原因かもしれません。簡単に言うと、ポリエステルなどの化学繊維を用いたふとんを使っていると、湿気がたまって不快に感じ、蹴飛ばしてしまいます。寝相の問題ではなく、ふとんを変えると蹴飛ばさなくなる可能性は高いです!

当店では手作りですので、丈(長さ)を長く、幅を広くなどオーダーサイズ対応できますよ。あなた好みのおふとん、お作りいたします。もちろん綿100%生地の羽毛ふとんや綿ふとんです。

なお、羽毛ふとんを使って、さらに毛布を使って・・・など寒い時には掛ける方に目を向けがちですが、体の下に敷くもの、敷ふとんを重要視しなければいけません。次回お知らせします。

羽毛ふとんの、こんなチラシ見たことないですか?

今日は時々目にするチラシの見極めをご紹介。説明文のところを見てみると・・・

まず重さを見てください。重さは中身の羽毛が1.0~1.1kgと少ないのに、悟られないように?全体の重さを記載しています。例えば約1.8kgや1.9kgなど、ふとんの側生地の重さと中身を足して記載しています。暖かさに大事なのは中身の重さ(内容量)です。

なお、冬用の暖かい羽毛ふとんの中身は1.3~1.4kgがおすすめです。

材質についても注意することが・・・これまでもお知らせしてきましたが、やはり綿100%のものを選びましょう。チラシに記載がない、見つけられない場合は、ポリエステル混の側生地ですので注意が必要です。快適性に大きな差が出ます。

下関市近郊の羽毛ふとんは、綿100%の羽毛ふとんの品揃え豊富な末次ふとん店におまかせください!

下関市のカーテンは末次ふとん店で!

おかげさまで、昨年も大変ご好評をいただきましたオーダーカーテン半額キャンペーン。今年もやります!

採寸・見積・取付工事費も無料。出張費も無料です。特に出張費と取付工事費は、最終価格に差が出ます。当店は無料ですので、その分でワンランク上のカーテンにグレードアップすることも。

ふとんのことだけではなくカーテンのことも、地元で安心の末次ふとん店までお気軽にご相談ください。