リサイクルダウン

ユニクロが、国内で回収したダウン商品を再生・再利用した「リサイクルダウンジャケット」を発売するようです。
回収されたダウンジャケットなどを裁断してダウンを取り出して洗浄し、再利用して、新しい商品として届ける循環型リサイクルを進めていくとのこと。

羽毛ふとんでも同じようなことは行われています。

お使いの羽毛ふとんから羽毛を取り出して洗浄し、新しい側生地に羽毛を吹き込み、新品同様に復活させます。これは寝具業界では、プレミアムダウンウォッシュによるリフォームと呼ばれています。中身の羽毛を取り出して洗浄するため、羽毛がきれいになります。上記リサイクルダウンジャケット同様に、羽毛ふとんもリサイクルダウンとして、他のお客様の羽毛を使って、製品としている商品もあります。それくらいきれいになるのが、プレミアムダウンウォッシュなんです。

ただし、末次ふとん店では他のお客様の羽毛を混ぜることはしておりません。
お預かりした羽毛ふとんの羽毛を洗浄し、その羽毛と、不足分は新しい羽毛を使い、羽毛ふとんを作っています。洗浄すると、どうしても使えないくずになった羽毛も出ますし、量(目方)が減ります。そのため足し羽毛が必要になります。

羽毛ふとんから取り出さずに洗う洗浄方法もあります。価格を抑えられるメリットはありますが、洗浄力が劣るため、でき上がりに大きな差が生まれます。羽毛ふとんは長年使っているものです。しっかり洗浄して、また長く快適に使うようにしましょう。

羽毛ふとんを仕立て直そうとお考えの方はお近くのふとん屋さんに相談してみてください。その際は、どこのふとん屋さんでもできるわけではないため「プレミアムダウンウォッシュですか?」と聞いてみてはいかがでしょうか。

下関市近郊の方は、末次ふとん店・末次羽毛工房におまかせください。

長寿のお祝いに座布団はいかが

お盆の時にも紹介しています御前座布団の紫座布団ですが、長寿のお祝いとしても喜ばれています。
還暦のお祝いや定年退職の際のプレゼントとして購入される方もいらっしゃいます。機械で作られている既製品の座布団とは、まったく違う座り心地です。当店では、座布団も1枚1枚手作りしています。

ふとんを手作りしているお店でも、座布団は手作りしていないお店もあるようです。ふとんの作り方と座布団の作り方は少し異なります。
もちろん機械作りの座布団とは大違いです。機械では適当に形を作り、詰め込むというものもありますが、手作りは違います。わたをしっかり層にして重ね、最後に包み込むような感じです。とにかく座り心地が違う座布団です。

また、お使いだった掛ふとんや敷ふとんのわたを打ち直して、座布団に作り替えることもできます。掛ふとんを敷ふとんに、敷ふとんを座布団に、など打ち直しはサイズも用途も変えることができます。

わたのふとんをお持ちの方は捨てるのはもったいないですよ。末次ふとん店にお気軽にご相談ください。

名画のふとんにつつまれて

台風が通過してから、急に涼しくなりましたね。特に朝晩の涼しさは油断していると、風邪を引いてしまいそうになります。新型コロナウイルスのみならず、インフルエンザや風邪にも注意しましょう。

さて、もうすぐ「敬老の日」。毎年、紹介していますが・・・おじいちゃん、おばあちゃんに日頃の感謝の気持ちを込めて、葛飾北斎の有名な赤富士「冨嶽三十六景 凱風快晴」デザインの当店手作りわた掛ふとんはいかがですか?羽毛ふとんが苦手な方には特におすすめ。また今の季節には合掛ふとんとして、少し薄めのわたふとんがぴったりです。ご注文をお聞きしてから、当店職人があなたのために、あなたのおじいちゃん、おばあちゃんのためにお作り致します!

他にも羽毛ふとんや、各種カバー、これからの時季に活躍する冬物寝具(毛布など)、座り心地の違う当店手作りの座布団など、寝具全般取り揃えております。

羽毛ふとんの選び方は非常に重要です!

朝晩、確実に涼しくなってきましたね。体の冷えなど、体調には気をつけましょう。

羽毛ふとんの選び方については、このブログでも当店のホームページでもFacebookでもお知らせしています。そして、大事なことなので今後何度もお知らせしていきます。

なお、結論を最初にお知らせします。
暖かく快適な羽毛ふとんを選ぶなら・・・

内容量は、シングルサイズで1.3~1.4g
側生地は、綿100%(超長綿)のもの


です。

これからの季節、確実に目にする羽毛ふとんのチラシの見極めをご紹介いたします。パッと見、価格に目が行くようになっています。が、説明文のところを見てみると・・・ここ、非常に重要です!

まず重さを見てください。重さは中身の羽毛が1.0~1.1kgと少ないのに、悟られないように?全体の重さを記載しています。例えば約1.7kgや1.8kgなど、ふとんの側生地の重さと中身を足して記載しています。暖かさに大事なのは中身の重さ(内容量)です。

なお、冬用の暖かい羽毛ふとんの中身は1.3~1.4kgがおすすめです。上記1.1kg入りのものは少なすぎます。暖かさが足りません。

そして、注目するのは内容量だけではありません。材質(側生地)についても注意することがあります。

側生地の材質を見てください。最近の羽毛ふとんで最も多いのがポリエステル85%、綿15%のものです。ポリエステルが入ることにより、サラサラな触りになり発色も良く見えるため、多く使われています。また軽量を売り文句にしているものもあります。実際ポリエステル混の生地は綿のものに比べて軽いことは軽いです。その軽さを利用して、中身の羽毛の量を減らすことができるというメリットもあります。売る方のメリットではありますが、使う方のメリットかどうかは疑問ですが・・・。

羽毛ふとんの快適性を活かし、羽毛の特長を発揮させるのは、綿100%(超長綿)のものです。また、長く使うものだから綿100%のものを使うとも言え、ポリエステルなどとの混紡では生地が弱くなるおそれがあります。

羽毛ふとんの選び方は注意しなければいけません。通販や量販店、スーパーなど、ご自分の判断でレジに持って行くような場合には、タグなどを見てから購入するようにしましょう。寒い冬に長く使う羽毛ふとんです。良い羽毛ふとんと出会うようにしましょう。

羽毛ふとんは羽毛工房と呼ばれる、自店で羽毛ふとんを製造しているお店での購入をおすすめします。下関市近郊では、末次ふとん店・末次羽毛工房をよろしくお願いいたします。

ふとんのお手入れをお忘れなく

台風が過ぎ、季節は秋に近づくことでしょう。日中の暑さも和らぎ、朝晩は涼しくなってきます。すでに睡眠時のエアコンを消している方もいらっしゃることでしょう。今までは暑く、ふとんは暑苦しい存在でしたが、これからは、ふとんの存在を思い出す季節です。そして、ふとんが恋しくなる季節がやってきます。

そんな季節がやってくる前に、お使いのふとんのお手入れを。わたの打ち直しや羽毛ふとんのリフォームを考えましょう。冬支度にはまだ少し早いですが、いざ使いたい時にサッと使えないと困りますから、早めにお手入れされておくと安心ですね。羽毛ふとんおすすめのお手入れ方法、プレミアムダウンウォッシュの場合は手間隙かけてきれいに洗浄するため、2週間~3週間程度かかります。ご考慮ください。

おふとんのことでお悩みのことがありましたら、いつでもお気軽にご相談くださいませ。

もっと知りたい彦島の防災情報

9月1日は「防災の日」でした。
自然災害の多い、そしてその被害も拡大しているような近年です。台風が続けて接近しそうです。しかも、もう次にやってくる台風10号の方が近年にない勢力で近づくことが予想され、いつも以上に身の回りの状況などには気をつけたいところです。

防災に目を向ける、ということで以前も紹介しました「もっと知りたい!彦島」。

地域情報のみならず、防災情報(防災グッズの紹介や非常時の持ち出し品、避難場所)を記載しています。彦島商店会加盟店も増えていたり、人口データも最新のものとは異なっていますが、地域の情報や防災情報に関しては今なお活用していただけるものだと思います。行政発行のハザードマップなどと併せてお使いください。

「もう一冊ほしい」「すでに手元にない・・・」「引っ越してきたから持っていない」など、お求めになりたい方は当店はもちろん、彦島商店会加盟店等に置いてありますので、ご自由にお持ち帰りください。

もうすぐペイペイジャンボキャンペーンが終了します(8月末まで)

先日もお知らせしましたが、PayPayのキャンペーンである「まちのお店でペイペイジャンボ」に参加しております。8月31日までですので、ご利用の方はお早めに。当店でご利用になる方は正直少ないです・・・当たったお客様もまだ見ていません。あなたが当店最初の当選者になりませんか?

特に基本的に定価販売の商品に関しては、キャッシュバックで大変お得になるかもしれないチャンスです!パシーマを購入される際などに利用されてはいかがでしょうか?
現在、在庫がわずかになっており、キャンペーン終了が先か在庫がなくなるのが先か、という状況です。パシーマに関しては、しばらく入荷の目途がたっておらず、取り寄せに時間がかかる可能性が高いため、ご注意ください。

なお、当店ではPayPayを始め、au PAY、d払い、メルペイ、AlipayのQRコード決済と各種クレジットカード払いにも対応しております。配達など、店頭以外でカード決済をご利用になる場合は、カード決済の端末の準備が必要になりますので、あらかじめお伝えください。

睡眠で生活リズムを取り戻す

他の地域ではすでに2学期が始まっているところもありますが、下関市では今日から小中学校が始まります。1学期も7月いっぱいまであり、例年に比べると短い夏休みとなりました。子供たちも久しぶりに学校が始まり、生活リズムを取り戻すのに時間がかかるかもしれません。生活リズムを整えるのは睡眠も重要な役割を果たします。子供たちがぐっすり寝られるように、ふとんも整えてあげましょう。

今年は連日の猛暑。寝苦しい夜が続いています。エアコンをつけっぱなしにしているかもしれません。暑いからと、エアコンを使っていても冷やしすぎは厳禁です。体を冷やしすぎることはよくありません。

それでも子供は代謝が良く、汗をよくかきます。朝起きたらふとんを蹴ってしまっているのも、ふとんの中が蒸れている不快な状態を解消する無意識の行動です。暑いから蹴る、ではなく、蒸れていて不快だから蹴る、かもしれません。ふとんを替えてあげるとふとんを蹴る行動も落ち着くかもしれませんよ。

お子さん向けの、かわいい側生地もご用意しています。

わたふとんなど自然素材の寝具、吸汗性に優れたパシーマなど、お子さんのふとんも下関市彦島の末次ふとん店におまかせください。

ベビーふとんは綿ふとん

ここ最近、お客様のところにお伺いしても、必ず「暑いですね~」の一言が出てきます。毎日毎日暑い。少し雨でも降ってくれれば・・・と思ったら、豪雨になったりする異常とも言える気候。人間には左右することができない天気とは、上手に付き合っていくしかありませんね。

夜、寝る時にはエアコンと上手に付き合っていきましょう。
大人はもちろんのこと、子供は特に汗をかきやすいため、寝具にも目を向けてあげることが必要です。

例えば、赤ちゃん。市販されているベビーふとんはキャラクターものなど、かわいさ重視で素材を気にされない方が多いですが、そのほとんどがポリエステル100%のものです。ポリエステルのものは吸湿性が良くないため、汗を吸わずに蒸れて不快に感じてしまいます。それにより、赤ちゃんが泣いてしまい、眠りが不足してしまうことも・・・。さらに夜泣きによって、親も寝不足になってしまうことにもつながります。

赤ちゃんには、吸湿性の高い綿わたのおふとんでしっかり眠って、健やかに育ってほしいものですね。

最近は少なくなってしまった、手作りのわたふとん。末次ふとん店では、わたふとんは1枚1枚丁寧に、当店職人が手作りしています。

また、わたふとんは打ち直しという方法で、中の綿をほぐして仕立て直すことで、新品同様によみがえることができます。赤ちゃんのふとんも仕立て直すことで、足し綿は必要になりますが、成長に合わせて大きくサイズ変更することができます。

暑くても、ふとんを掛けて寝ましょう。

毎日暑い日が続いていますね。毎年毎年、今年の暑さは異常だと思ってしまうのは年をとっているせいなんでしょうか・・・。

梅雨が明け暑い日が続くと、ふとんのことなんて考えたくないかもしれませんね。確かに雨が続く梅雨は、ふとんが雨に濡れるのが嫌だ。そして、梅雨が明け、暑い日が続くと、暑いからふとんを触りたくない。とおっしゃるのもごもっとも・・・。

ただ、暑くても寝る時にはふとんを掛けるようにしましょう。暑いからと何もかけないで寝ると、汗を吸収できなかったり、場合によっては体が冷えすぎてしまう可能性もありますので気をつけなければいけません。
涼感の素材も良いのですが、涼感素材は吸湿性などが悪い化学繊維のものが多く、寝ている間に不快に感じてしまうおそれもあります。吸湿性に優れた綿などの天然繊維のもの、タオルケットなどがおすすめです。

パシーマがおすすめですが、最大の問題点ともいえる在庫不足に、現在悩まされています。店内在庫が残りわずかとなっておりますので、お早めにお買い求めください。

現在PayPayの「まちのお店でペイペイジャンボ」キャンペーン中です。キャッシュバックの可能性もありますので、8月はチャンスです。