(子供の)わたふとんの取扱注意点

前回前々回と赤ちゃん、お子さんのふとんについてお知らせしましたが、使っていくうえでの注意点があります。

最近の住宅は気密性が非常に高く、保温性は優れています。反面、通気性がありません。つまり、カビが生えやすいといえる環境です。新陳代謝の高い子どもは特にそうなりやすいんです。

わたふとんは、吸湿発散性が高いため汗などをしっかり吸ってくれます。そのため、ふとんを敷きっぱなしにしておくと、ふとんの下にカビが生えたりしますのでご注意ください。
ふとんを上げる、干す、はもちろんのこと、先に書いたパシーマを敷く、または
敷ふとんの下に吸湿パッドなどを敷かれると良いでしょう。

なお、ふとんの下の湿気対策は大人でも同じです。特にフローリングに敷きっぱなしというのはカビの温床になりますので、気をつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA