羽毛ふとんと圧縮袋

羽毛ふとんは圧縮袋に入れてはいけません。特にフェザーの割合が高い場合は、圧縮したら羽軸によって生地に穴が開いてしまいます。前回お知らせしました羽根布団はいわずもがなです。

羽毛ふとんは基本的に購入した際に入っているケースよりも小さくして保管されないことです。また、そのケースも運搬用・体裁用ですので長期保存にはあまり適していません。通気性が良い綿100%の布で包むのが良いでしょう。通気性がなく湿気が多い状態・場所で保管すると、蒸れて臭いを発生したり、羽毛の品質を損なうことがありますのでご注意を。

ということを、羽毛ふとんを使わなくなる季節にお知らせするべきでしたね・・・。もし、圧縮させて破れてしまっても、羽毛ふとんをリフォームすることで新品同様に復活しますので、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA