思い出の羽毛ふとんの活かし方

どんな羽毛ふとんでもリフォームはできますが
どんな羽毛ふとんでもリフォームすれば良いというわけではありません。
ということをお知らせしました。

先日もリフォームのご相談をいただき、お伺いしたところ
残念ながらリフォームに適したものではなかったため
新しく羽毛ふとんを購入していただくことになりました。

もちろんこちらから無理に購入、買い替えをすすめることはありませんが
リフォームしない方が良いことははっきりとお伝えします。
そのうえでご判断いただければと思います。

下写真
手前(赤の羽毛ふとん)がリフォームしようとしていたもの
奥のものが新しい羽毛ふとん

リフォームに適していない羽毛ふとんの買い替え

ふくらみ具合がまるで違うことが一目瞭然です。
きっと暖かくお休みいただけることでしょう。


新しい羽毛ふとんについても、パッと見では分かりづらい
当店手作りの羽毛ふとんと市販品との違いを説明させていただきます。

最近の羽毛ふとんの選び方については
また改めてお知らせいたします。
が、ここで重要なことを2点だけお伝えしておきます。

・羽毛ふとんの側生地は綿100%であるか?
・羽毛ふとんの中身の羽毛の量は1.3kg以上入っているか?


とりあえず、これだけはチェックするようにしてください。


リフォームから、話がそれました。
リフォームのご依頼の際に
「結婚した時に祖父母(ご両親)からもらった思い出の品だから」
などとおっしゃる方がいらっしゃいます。
そうした羽毛ふとんの中には、残念ながらリフォームに適していないものもありましたが
お使いの方にとっては、手放しがたい羽毛ふとんです。

当店としても、思い出の品という点を考慮しないわけにはいきません。
羽毛ふとんの側生地は新しいものに交換するため
お使いの側生地を再利用することはできません。
そこで、中身の羽毛を少量ですが、新しい羽毛ふとんに加えることはできます。
そうすることで思い出の羽毛ふとんを少しでも継続させてあげられるのではないでしょうか。

多くのふとん屋さんは、お預かりした羽毛ふとんを他工場に送り
羽毛ふとん全工程を他工場に丸投げして、でき上がったふとんを配達しています。
そういったところでは上記のような対応はできません。
当店では製造機械を導入し、1枚1枚自らの手で羽毛ふとんを仕上げているため
思い出の羽毛ふとんの羽毛を加えるといった特別なことができます。


下関市近郊で羽毛ふとんのことでお悩みでしたら
末次ふとん店・末次羽毛工房に安心しておまかせください。
あなたにぴったりの羽毛ふとんをご提供いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA