羽毛ふとんの選び方は非常に重要です!

朝晩、確実に涼しくなってきましたね。
体の冷えなど、体調には気をつけましょう。

羽毛ふとんの選び方については
このブログでも当店のホームページでも
Facebookでもお知らせしています。
そして、大事なことなので今後何度もお知らせしていきます。

なお、結論を最初にお知らせします。

暖かく快適な羽毛ふとんを選ぶなら・・・

内容量は、シングルサイズで1.3~1.4g
側生地は、綿100%(超長綿)のもの


です。

羽毛ふとんのチラシの見方

これからの季節、確実に目にする
羽毛ふとんのチラシの見極めをご紹介いたします。

パッと見、価格に目が行くようになっています。
が、説明文のところを見てみると・・・ここ、非常に重要です!

まず重さを見てください。
重さは中身の羽毛が1.0~1.1kgと少ないのに
悟られないように?全体の重さを記載しています。

例えば約1.7kgや1.8kgなど
ふとんの側生地の重さと中身を足して記載しています。
暖かさに大事なのは中身の重さ(内容量)です。

なお、冬用の暖かい羽毛ふとんの中身は1.3~1.4kgがおすすめです。
上記1.1kg入りのものは少なすぎます。暖かさが足りません。

そして、注目するのは内容量だけではありません。
材質(側生地)についても注意することがあります。

側生地の材質を見てください。
最近の羽毛ふとんで最も多いのがポリエステル85%、綿15%のものです。

ポリエステルが入ることにより
サラサラな触りになり発色も良く見えるため、多く使われています。
また軽量を売り文句にしているものもあります。
実際ポリエステル混の生地は綿のものに比べて軽いことは軽いです。
その軽さを利用して、中身の羽毛の量を減らすことができるというメリットもあります。
売る方のメリットではありますが、使う方のメリットかどうかは疑問です・・・。

羽毛ふとんの快適性を活かし
羽毛の特長を発揮させるのは、綿100%(超長綿)のものです。

また、長く使うものだから綿100%のものを使うとも言え
ポリエステルなどとの混紡では生地が弱くなるおそれがあります。

羽毛ふとんの選び方は注意しなければいけません。

通販や量販店、スーパーなど
ご自分の判断でレジに持って行くような場合には
タグなどを見てから購入するようにしましょう。

寒い冬に長く使う羽毛ふとんです。
良い羽毛ふとんと出会うようにしましょう。

羽毛ふとんは羽毛工房と呼ばれる
自店で羽毛ふとんを製造しているお店での購入をおすすめします。

下関市近郊では、末次ふとん店・末次羽毛工房をよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA