洗って悪くなることもあります

前回、綿わたふとんは洗わない方が良いことをお知らせしました。
綿わたが持つ油分が取られてしまい
わたが硬く、ふくらまなくなってしまうから、と。

コインランドリーなどでは
ふとんを丸めてひもで縛って洗いましょう。
なんていう洗い方をすすめているところもあるようです。
確かにそうすることで洗える、汚れは取れるかもしれませんが
ひもで縛って力が加わったことでわたが切れてしまったり
洗った後の寝心地が悪くなってしまう可能性が高まります。

ポリエステルを使用した、お安いふとんであったり
薄~いふとんの場合は、洗いやすいかもしれません。
が、ふとんを洗った場合には
なかなか元通りとはいかない場合も多くあるようです。

一見きれいになったように見えても
寝心地が悪化してしまうと本末転倒なところがありますね。

タオルケットやパシーマなど、中綿がないものなどは
洗っても大丈夫なものが多いです。
そして、パシーマに関しては、むしろどんどん洗ってください。
ご家庭の洗濯機で、ジャブジャブと。
洗うほどにやわらかくなります。

なお、洗う際には洗濯表記など
しっかりと確認することをお忘れなく。

わたふとん打ち直し

綿わたふとんは、丸洗いではなく
打ち直しをしてふっくらきれいに復活させてあげましょう。
下関市彦島の末次ふとん店にお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA